海外ファンが名作『Star Wars: Tie Fighter』を短編アニメ化―80年代日本アニメ風の凄いクオリティ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外ファンが名作『Star Wars: Tie Fighter』を短編アニメ化―80年代日本アニメ風の凄いクオリティ

1994年に発売されたスペースコンバットシム『Star Wars: TIE Fighter』。海外のアニメーターが本作にインスパイアされた短編アニメーションを制作し、そのクオリティの高さに注目が集まっています。

メディア 動画
海外ファンが名作『Star Wars: Tie Fighter』を短編アニメ化―80年代日本アニメ風の凄いクオリティ
  • 海外ファンが名作『Star Wars: Tie Fighter』を短編アニメ化―80年代日本アニメ風の凄いクオリティ

1994年に発売されたスペースコンバットシム『Star Wars: TIE Fighter』。海外のアニメーターが本作にインスパイアされた短編アニメーションを制作し、そのクオリティの高さに注目が集まっています。

この短編アニメーションを制作したのは、海外のアニメーターPaul "OtaKing" Johnson氏。4年以上の間、週末に作業を行い制作したとのこと。アニメは「Star Wars」の敵役である帝国軍戦闘機隊にフォーカスしたもので、反乱同盟軍の艦隊を殲滅していく様子が描かれています。また、説明には80年代の日本アニメを参考にしたと記されており、劇中でも随所に日本アニメっぽさが垣間見えます。

Johnson氏は、この作品によってお金を得ることを考えておらず、「この作品を楽しんで貰えてその対価を払おうと思うなら、職場や学校で誰かにチョコレートバーやコーラをプレゼントしてください」と伝えています。


余談ですが、インスパイアされたゲーム『Star Wars: TIE Fighter』はWindows向けに移植されており、GOG.comにて『Star Wars: TIE Fighter Special Edition』として9.99ドルで販売されています。興味を持った方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
《水京》

編集部おすすめの記事

メディア アクセスランキング

  1. 『アサシン クリード オデッセイ』DLC第2弾最初のエピソード「エリュシオンの大地」が配信!神秘の地を旅せよ

    『アサシン クリード オデッセイ』DLC第2弾最初のエピソード「エリュシオンの大地」が配信!神秘の地を旅せよ

  2. 巨大ロボSLG『BATTLETECH』市街戦や電子戦を追加する拡張「Urban Warfare」発表!海外で6月5日配信

    巨大ロボSLG『BATTLETECH』市街戦や電子戦を追加する拡張「Urban Warfare」発表!海外で6月5日配信

  3. 『マインクラフト』にも恩恵が…!パストレーシング適用のリアルな自然光が降り注ぐプレイ映像

    『マインクラフト』にも恩恵が…!パストレーシング適用のリアルな自然光が降り注ぐプレイ映像

  4. 『Dead by Daylight』ゲーム終盤を盛り上げる「End Game Collapse」の情報が公開!

  5. ポストアポカリプスローグライト『Infected Shelter』35分に及ぶ協力プレイを公開―ヘリやロボとの戦闘も

  6. 『SteamWorld』シリーズのカードゲーム『SteamWorld Quest: Hand of Gilgamech』海外向けローンチトレイラー公開

  7. Co-opシューター『World War Z』大量のゾンビが押し寄せるプレイ映像!

  8. 『アサシン クリード オデッセイ』DLC第1弾完結編「血脈」が配信開始!黒幕との最終決戦に挑め

  9. この素晴らしき世界…映画版「名探偵ピカチュウ」海外向け新映像!

  10. 『Mortal Kombat 11』サブ・ゼロのかつての愛弟子「フロスト」参戦トレイラー!凍える師弟対決も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top