海外ファンが名作『Star Wars: Tie Fighter』を短編アニメ化―80年代日本アニメ風の凄いクオリティ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外ファンが名作『Star Wars: Tie Fighter』を短編アニメ化―80年代日本アニメ風の凄いクオリティ

1994年に発売されたスペースコンバットシム『Star Wars: TIE Fighter』。海外のアニメーターが本作にインスパイアされた短編アニメーションを制作し、そのクオリティの高さに注目が集まっています。

メディア 動画
海外ファンが名作『Star Wars: Tie Fighter』を短編アニメ化―80年代日本アニメ風の凄いクオリティ
  • 海外ファンが名作『Star Wars: Tie Fighter』を短編アニメ化―80年代日本アニメ風の凄いクオリティ

1994年に発売されたスペースコンバットシム『Star Wars: TIE Fighter』。海外のアニメーターが本作にインスパイアされた短編アニメーションを制作し、そのクオリティの高さに注目が集まっています。

この短編アニメーションを制作したのは、海外のアニメーターPaul "OtaKing" Johnson氏。4年以上の間、週末に作業を行い制作したとのこと。アニメは「Star Wars」の敵役である帝国軍戦闘機隊にフォーカスしたもので、反乱同盟軍の艦隊を殲滅していく様子が描かれています。また、説明には80年代の日本アニメを参考にしたと記されており、劇中でも随所に日本アニメっぽさが垣間見えます。

Johnson氏は、この作品によってお金を得ることを考えておらず、「この作品を楽しんで貰えてその対価を払おうと思うなら、職場や学校で誰かにチョコレートバーやコーラをプレゼントしてください」と伝えています。


余談ですが、インスパイアされたゲーム『Star Wars: TIE Fighter』はWindows向けに移植されており、GOG.comにて『Star Wars: TIE Fighter Special Edition』として9.99ドルで販売されています。興味を持った方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
《水京》

編集部おすすめの記事

メディア アクセスランキング

  1. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』蝶のように舞うボス「Lady Buttefly」をチラ見せする海外映像

    『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』蝶のように舞うボス「Lady Buttefly」をチラ見せする海外映像

  2. 『レッド・デッド・リデンプション2』ハイクオリティなファンメイド映像!アーサー役俳優も注目

    『レッド・デッド・リデンプション2』ハイクオリティなファンメイド映像!アーサー役俳優も注目

  3. ほ、骨がバッキバキ!『Anthem』カットシーンで起きた珍妙動画を海外メディアが公開

    ほ、骨がバッキバキ!『Anthem』カットシーンで起きた珍妙動画を海外メディアが公開

  4. 『Apex Legends』「レジェンドごとの移動速度は異なる?」など噂を検証する動画シリーズ第1弾

  5. 『Anthem』デモシーンを含む序盤20分のゲームプレイ映像!水中や巨大遺跡など様々なロケーションが登場

  6. 『レインボーシックス シージ』「Burnt Horizon」新オペレーターのガジェットと戦術を解説する動画が公開―「スパイクの女王」と「Mr.ハッカー」

  7. 主人公の過去にも触れる『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』最新トレイラー公開!

  8. 『CoD:BO4』ゾンビモード「Dead of the Night」を描く海外向け映像―暗黒の勢力との戦いに挑め

  9. 携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」で『L4D2』や『オーバーウォッチ』をプレイする映像が公開

  10. 多少撃たれても気にしない『Crackdown 3』シングルプレイヤー映像!

アクセスランキングをもっと見る

page top