家やオフィスがマグマの海に!インディーACT『Hot Lava』Steam Greenlightに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

家やオフィスがマグマの海に!インディーACT『Hot Lava』Steam Greenlightに登場

ゲーム文化 インディーゲーム

家やオフィスがマグマの海に!インディーACT『Hot Lava』Steam Greenlightに登場
  • 家やオフィスがマグマの海に!インディーACT『Hot Lava』Steam Greenlightに登場
  • 家やオフィスがマグマの海に!インディーACT『Hot Lava』Steam Greenlightに登場
  • 家やオフィスがマグマの海に!インディーACT『Hot Lava』Steam Greenlightに登場
  • 家やオフィスがマグマの海に!インディーACT『Hot Lava』Steam Greenlightに登場

Steam Greenlightにて、マグマだらけのリビングやオフィスを駆け抜けるパズルアクション『Hot Lava』が公開されました。



Greenlight内の解説によれば、『Hot Lava』は「子どもの頃の空想を蘇らせる」ようなタイトルであるとのこと。スクリーンショットやトレイラー映像では、辺り一面がマグマに覆われているシーンが映されており、軽快なアクションで乗り越えていく様もチェック出来ます。


マグマ以外にも巨大ノコギリや挽き肉機が障害物として登場する模様。住居やオフィスなど日常的な雰囲気を感じさせるマップのほか、氷山地帯や地下工場と言ったステージも紹介されています。


Steam GreenlightではSteam正式リリースを支援する投票を受け付けています。対応機種はWindows/Mac/Linuxを予定。価格帯は明かされていませんが、ユニークな3Dプラットフォーマーを好む方にとっては、今後の続報が気になるインディーゲームとなるのではないでしょうか。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「シングルプレイヤーは死んでいない」ー『レッド・デッド・リデンプション2』のパブリッシャーCEOが語る

    「シングルプレイヤーは死んでいない」ー『レッド・デッド・リデンプション2』のパブリッシャーCEOが語る

  2. 『Fallout 76』散らばった情報から海外ファンが地図を自主制作!ー「ウェストバージニアってどんなとこ?」「ほとんど天国さ」

    『Fallout 76』散らばった情報から海外ファンが地図を自主制作!ー「ウェストバージニアってどんなとこ?」「ほとんど天国さ」

  3. 『フォートナイト』建物のテクスチャが組み合わせで「鉤十字」状に、Epicは修正を約束

    『フォートナイト』建物のテクスチャが組み合わせで「鉤十字」状に、Epicは修正を約束

  4. 米女児向け45cm大ドールの新作アクセサリーは“Xbox One S”―Major Nelson氏も製品紹介

  5. 『Fallout 76』トレイラーの影響でウェストバージニアの観光客が急増中?-海外報道

  6. 「Steamサマーセール 2018」の足音が……トレーディングカードに“ミステリーカード”登場

  7. 海外ポルノサイトが『フォートナイト』イベントによる検索数への影響を発表ーあのNinjaも検索されてる?

  8. 『DOOM』裸眼立体視でプレイする『OMDO』登場! 傍から見ると砂嵐を見つめ続けるヤバいヤツ

  9. 世界保健機関が「ゲーム依存症」を正式に認定―時期尚早との反対意見も

  10. 『Fallout 76』カバー版「カントリー・ロード」が米・独立記念日の7月4日発売!売上は全額寄付へ

アクセスランキングをもっと見る

page top