ベンチマーク「3DMark」にDirectX 12比較テスト機能が追加―DX12専用ベンチも開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ベンチマーク「3DMark」にDirectX 12比較テスト機能が追加―DX12専用ベンチも開発中

ニュース 発表

ベンチマーク「3DMark」にDirectX 12比較テスト機能が追加―DX12専用ベンチも開発中
  • ベンチマーク「3DMark」にDirectX 12比較テスト機能が追加―DX12専用ベンチも開発中


Futuremark開発のPC向けベンチマークアプリ「3DMark」に、グラフィックAPIのDirectX 12とDirectX 11、そしてMantleの比較テスト機能“3DMark API Overhead feature test”が追加されています。

このテスト機能は、単一システムからAPIのパフォーマンスを相対的に比較する事を目的としており、異なるシステムの性能差を測定するものではないとのこと。テストはドローコールを次々に発行し続け、各APIのフレームレートが30fps以下に低下する前に発行したドローコール最大数を計測します。なお、このテストは今年1月に実施されたWindows 10イベントで、DirectX 12とDirectX 11での描画比較が行われました。

DirectX 12のテストを実施する場合には、Windows 10テクニカルプレビュー(10041ビルドより最新)と4GBのシステムメモリー、1GB以上のグラフィックメモリーを持つDirectX 11互換のハードウェアが必須。Mantleテストを実施する場合には、4GBのシステムメモリーとMantle対応のハードウェアが必要。DirectX 11のテストには4GBのシステムメモリーと1GB以上のグラフィックメモリーが求められます。

“3DMark API Overhead feature test”は有料版である「3DMark Advanced Edition」と「3DMark Professional Edition」に実装。またFuturemarkは、Windows 10正式リリース時にゲームライクなDirectX 12ベンチマークを同時配信するべく取り組んでいると告知しています。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  2. 新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

    新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

  3. 『レインボーシックス シージ』防衛初の盾持ち新オペレーター「Clash」の経歴が判明―TwitchとMiraが関係

    『レインボーシックス シージ』防衛初の盾持ち新オペレーター「Clash」の経歴が判明―TwitchとMiraが関係

  4. スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

  5. 変化していく世界を描くミステリアスADV『Mosaic』2019年夏リリース―スイッチ版も発表

  6. PC版『モンハン:ワールド』中国WeGameでの配信停止―「多数の苦情」のためか【UPDATE】

  7. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『マインクラフト』PS3/Xbox 360/PS Vita/Wii U版に最後のアップデートが配信予定

  10. 『コナン アウトキャスト』に存在する6つの神、あなたはどれを信仰する?日本専用サーバー設置も決定

アクセスランキングをもっと見る

page top