ベンチマーク「3DMark」にDirectX 12比較テスト機能が追加―DX12専用ベンチも開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ベンチマーク「3DMark」にDirectX 12比較テスト機能が追加―DX12専用ベンチも開発中

Futuremark開発のPC向けベンチマークアプリ「3D Mark」に、グラフィックAPIのDirectX 12とDirectX 11、そしてMantleの比較テスト機能“3DMark API Overhead feature test”が追加されています。

ニュース 発表
ベンチマーク「3DMark」にDirectX 12比較テスト機能が追加―DX12専用ベンチも開発中
  • ベンチマーク「3DMark」にDirectX 12比較テスト機能が追加―DX12専用ベンチも開発中


Futuremark開発のPC向けベンチマークアプリ「3DMark」に、グラフィックAPIのDirectX 12とDirectX 11、そしてMantleの比較テスト機能“3DMark API Overhead feature test”が追加されています。

このテスト機能は、単一システムからAPIのパフォーマンスを相対的に比較する事を目的としており、異なるシステムの性能差を測定するものではないとのこと。テストはドローコールを次々に発行し続け、各APIのフレームレートが30fps以下に低下する前に発行したドローコール最大数を計測します。なお、このテストは今年1月に実施されたWindows 10イベントで、DirectX 12とDirectX 11での描画比較が行われました。

DirectX 12のテストを実施する場合には、Windows 10テクニカルプレビュー(10041ビルドより最新)と4GBのシステムメモリー、1GB以上のグラフィックメモリーを持つDirectX 11互換のハードウェアが必須。Mantleテストを実施する場合には、4GBのシステムメモリーとMantle対応のハードウェアが必要。DirectX 11のテストには4GBのシステムメモリーと1GB以上のグラフィックメモリーが求められます。

“3DMark API Overhead feature test”は有料版である「3DMark Advanced Edition」と「3DMark Professional Edition」に実装。またFuturemarkは、Windows 10正式リリース時にゲームライクなDirectX 12ベンチマークを同時配信するべく取り組んでいると告知しています。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  2. 『Days Gone』国内発売日が2019年4月26日に変更―今後はさらにブラッシュアップ

    『Days Gone』国内発売日が2019年4月26日に変更―今後はさらにブラッシュアップ

  3. PC版『PUBG』50vs50のイベントモード「Platoon」が開催中止に―「不具合」のため

    PC版『PUBG』50vs50のイベントモード「Platoon」が開催中止に―「不具合」のため

  4. 「ツインスティック」クラウドファンディング、半日かからず達成!『バーチャロン』3作品の移植が後押し

  5. PS Store「ハロウィンセール」100タイトル以上が最大85%OFF!「PS Vitaタイトルセール」も

  6. ユーチューバー生活体験シム『Youtubers Life』のPS4/Xbox One/スイッチ版が海外発表!

  7. Skybound Gamesが『The Walking Dead: The Final Season』の今後について報告

  8. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  9. 中国Steamユーザーが3,000万人突破か―海外アナリストが報告

  10. PC版『PUBG』大激戦必至の50vs50が登場!イベントモード「Platoon」10月19日より開始

アクセスランキングをもっと見る

page top