米博物館のビデオゲーム収蔵に議論勃発、技術の解析行為は合法か? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米博物館のビデオゲーム収蔵に議論勃発、技術の解析行為は合法か?

ESA(エンターテイメントソフトウェア協会)は、最近、アメリカで活発化的に行われている博物館のゲームの収蔵やインターネットからの閲覧も含めたゲームのアーカイブ化に対し、保護された技術を改変する違法なハッキング行為にあたるのではないかと指摘し議論を呼びました。

ゲーム文化 カルチャー
米博物館のビデオゲーム収蔵に議論勃発、技術の解析行為は合法か?
  • 米博物館のビデオゲーム収蔵に議論勃発、技術の解析行為は合法か?
  • 米博物館のビデオゲーム収蔵に議論勃発、技術の解析行為は合法か?

ESA(エンターテイメントソフトウェア協会)は、最近、アメリカで活発的に行われている博物館のゲームの収蔵や、インターネットからの閲覧も含めたゲームのアーカイブ化に対し、保護された技術を改変する違法なハッキング行為に該当するのではないかと指摘。関係者の間で議論を呼んでいます。

このESAの主張に対し、EFF(電子フロンティア財団)は、アップデートやパッチなど正式なサポートを打ち切った古いゲームハードやソフトウェアに関して、企業の売上の保護を目的とした法律は適用されないのではないかと反論。古いゲームハードの改変や解析は、アメリカ映画協会やアメリカレコード協会が定める著作権侵害行為にも該当しないとしています。また、ゲームコンテンツの解析行為が違法とされた場合、任天堂やソニーといったハードを提供する企業の開発者が、新ハードを作る際に過去のハードを研究できなくなる可能性があることも指摘しています。

さらにEFFは、博物館が過去のゲームコンテンツを公開し、一般でも自由にアクセスできるようにするため、技術やコンテンツの著作権保護を目的としたデジタルミレニアム著作権法に新たな項目を追加し、現状の規制の緩和に取り組んでいるとしています。

過去の名作ゲームが文化的な資料として広く公開され、自由にプレイできるようになるのは喜ばしいことですが、一方で開発側の利益に影響が出る可能性も一概に否定できないだけに難しい問題となりそうです。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定

    『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定

  2. タクシー運転手が殺人事件を調査する『Night Call』Steam配信日決定! 乗客との会話で重要情報を掴め

    タクシー運転手が殺人事件を調査する『Night Call』Steam配信日決定! 乗客との会話で重要情報を掴め

  3. Epic GamesのCEOが同社の「独占戦略」について言及―「長期的に見てプレイヤーの利益に繋がる」

    Epic GamesのCEOが同社の「独占戦略」について言及―「長期的に見てプレイヤーの利益に繋がる」

  4. モバイル版『ヒューマン フォール フラット』海外配信開始! ぐにゃぐにゃアクションをいつでもどこでも

  5. 『Myst』映像化権をVillage Roadshow Entertainmentが獲得

  6. Twitchにチャンネル購読者向けストリーミング作成機能がベータ実装!

  7. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  8. Amazonプライム会員向けビッグセール「プライムデー」7月15日から48時間開催! ゲーム関連商品の登場にも期待

  9. モモンガサバイバルADV『AWAY: The Survival Series』Kickstarterキャンペーン開始!

  10. 『エースコンバットAH』ハセガワ1/72「震電II」レビュー…『エスコン』架空機キット唯一の1/72スケール!【ゲーム系プラモって実際どう?】

アクセスランキングをもっと見る

page top