米博物館のビデオゲーム収蔵に議論勃発、技術の解析行為は合法か? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米博物館のビデオゲーム収蔵に議論勃発、技術の解析行為は合法か?

ESA(エンターテイメントソフトウェア協会)は、最近、アメリカで活発化的に行われている博物館のゲームの収蔵やインターネットからの閲覧も含めたゲームのアーカイブ化に対し、保護された技術を改変する違法なハッキング行為にあたるのではないかと指摘し議論を呼びました。

ゲーム文化 カルチャー
米博物館のビデオゲーム収蔵に議論勃発、技術の解析行為は合法か?
  • 米博物館のビデオゲーム収蔵に議論勃発、技術の解析行為は合法か?
  • 米博物館のビデオゲーム収蔵に議論勃発、技術の解析行為は合法か?

ESA(エンターテイメントソフトウェア協会)は、最近、アメリカで活発的に行われている博物館のゲームの収蔵や、インターネットからの閲覧も含めたゲームのアーカイブ化に対し、保護された技術を改変する違法なハッキング行為に該当するのではないかと指摘。関係者の間で議論を呼んでいます。

このESAの主張に対し、EFF(電子フロンティア財団)は、アップデートやパッチなど正式なサポートを打ち切った古いゲームハードやソフトウェアに関して、企業の売上の保護を目的とした法律は適用されないのではないかと反論。古いゲームハードの改変や解析は、アメリカ映画協会やアメリカレコード協会が定める著作権侵害行為にも該当しないとしています。また、ゲームコンテンツの解析行為が違法とされた場合、任天堂やソニーといったハードを提供する企業の開発者が、新ハードを作る際に過去のハードを研究できなくなる可能性があることも指摘しています。

さらにEFFは、博物館が過去のゲームコンテンツを公開し、一般でも自由にアクセスできるようにするため、技術やコンテンツの著作権保護を目的としたデジタルミレニアム著作権法に新たな項目を追加し、現状の規制の緩和に取り組んでいるとしています。

過去の名作ゲームが文化的な資料として広く公開され、自由にプレイできるようになるのは喜ばしいことですが、一方で開発側の利益に影響が出る可能性も一概に否定できないだけに難しい問題となりそうです。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 66歳のゲーマーお爺ちゃんが『Apex Legends』でノースコープ3連続キルの華麗プレイ!

    66歳のゲーマーお爺ちゃんが『Apex Legends』でノースコープ3連続キルの華麗プレイ!

  2. 『Mount & Blade: Warband』オープンワールド化Mod「Explorer!」アルファ版が公開!

    『Mount & Blade: Warband』オープンワールド化Mod「Explorer!」アルファ版が公開!

  3. 74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

    74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

  4. TRPG版『ウィッチャー』の無料バージョン「Easy Mode」発表、現地時間6月15日リリース

  5. 『マインクラフト』最新Snapshotで動画鑑賞が可能に―映画館作りも夢じゃない!

  6. ハズブロ、『オーバーウォッチ』コラボフィギュア正式発表―トレーサーやソルジャー76など7体がフィギュア化

  7. 『35MM』開発者による新作サイバーパンクADV『7th Sector』Steamページ公開

  8. 『フォートナイト』銃玩具「ナーフ」ラインナップが発表、海外予約開始!

  9. グランパ・セフト・オート? おじいちゃんたちが『GTA V』で大暴れするリアクション映像

  10. 『Apex Legends』Twitchでも爆発的な人気―視聴者数で『フォートナイト』を引き離して1位に

アクセスランキングをもっと見る

page top