オンラインゲームにおける『チーターへの厳重処罰方法』トップ10 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オンラインゲームにおける『チーターへの厳重処罰方法』トップ10

近年発売されるゲームにおいて、なにかと話題になるのが不正行為で自らを有利に立たせるチーターたち。海外ゲームサイトのGameranxが「チーターへのひどい処罰方法」をTOP10形式で選出しています。

ゲーム文化 カルチャー
オンラインゲームにおける『チーターへの厳重処罰方法』トップ10
  • オンラインゲームにおける『チーターへの厳重処罰方法』トップ10

近年発売されるゲームにおいて、なにかと話題になるのが不正行為で自らを有利に立たせるチーターたち。海外ゲームサイトのGameranxが「チーターへの厳重な処罰方法」をTOP10形式で選出しています。ランキングの中にはGame*Sparkでもご紹介した『H1Z1』や『Guild Wars 2』、『Titanfall』なども登場。ほかには『モンスターハンター3』でのオンラインプレイが西暦9999年まで不可能になるなど、対応方法は多岐に渡っています。チート行為、ダメ、ゼッタイ。
    10:『Guild Wars 2』装備全剥ぎの後キャラ削除

    9:『GTA5』シングル専用車両をオンラインで使用したユーザーを爆殺

    8:Valveの判断を待たずに選定されたコミュニティメンバーがチーターを調査できる『CS:GO』のBANシステム「Overwatch」

    7:日本のチーターが『サドンアタック』での不正で書類送検

    6:『Gears of War 2』の実績を不正取得したユーザーのゲーマースコアリセット

    5:『Titanfall』チーター同士でしかマッチングできなくなる

    4:『LoL』で不正を行ったチーム「Azubu Frost」に3万ドルの罰金

    3:『RDR』でチーターにやられると、超有利な反撃のチャンスを得ることができる

    2:『モンスターハンター3』で不正データを使用するとマルチプレイが西暦9999年までできなくなる

    1:『H1Z1』チーターへのBAN救済策で謝罪動画の投稿を要求
《秋夏》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 今度のAIはチャットが流行る!?日本語対応で自然な回答が可能な「ChatGPT」に色々聞いてみた

    今度のAIはチャットが流行る!?日本語対応で自然な回答が可能な「ChatGPT」に色々聞いてみた

  2. 長寿FPS『Team Fortress 2』最新アップデートでコミュニティが大きな力を手に入れる―スクリプト機能「VScript」が実装 

    長寿FPS『Team Fortress 2』最新アップデートでコミュニティが大きな力を手に入れる―スクリプト機能「VScript」が実装 

  3. 「最近Steamの新作ゲーム減ったよね」そんな貴方は検索に要注意?強制的に日本語対応ゲームしか表示されないアップデートが実施。ただし簡単に回避可能

    「最近Steamの新作ゲーム減ったよね」そんな貴方は検索に要注意?強制的に日本語対応ゲームしか表示されないアップデートが実施。ただし簡単に回避可能

  4. 『鉄拳8』の最新情報が「The Game Awards」で公開か―公式Twitterアカウントが示唆

  5. “本田翼(true)”は本人?ストリーマー企画にこっそり参戦しているというウワサの真相

  6. 「Steam Deck」が毎分1名に当たるプレゼント企画がSteamで開催! しかし日本は……

  7. メガドライブ向け新作シューティングを古代祐三氏が開発中!完全オリジナル作品

  8. ほぼ原形なし!『スカイリム』をイカしたバスケゲームに塗り替えるトンデモModを知っているか

  9. 任天堂提供のゲーム番組「スーパーマリオクラブ」司会を務めたタレントの渡辺徹さんが死去―2010年には同番組復活放送にも出演

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top