PC版『Titanfall』のアンチチート機能と「FairFight」、チーターはチーターとのみマッチングする仕様へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『Titanfall』のアンチチート機能と「FairFight」、チーターはチーターとのみマッチングする仕様へ

公式ブログにてアンチチート新機能「FairFight」に関する情報が公開され、チーターはチーター同士でしかマッチングしなくなることが明らかにされました。

ニュース 最新ニュース
ローンチ当初は探知用として用意されていたものがキック用として生まれ変わることが明らかにされていた『Titanfall』のアンチチート機能。公式ブログにてこの新機能と「FairFight」に関する情報が公開され、チーターはチーター同士でしかマッチングしなくなることが明らかにされました。

このFairFightは現地時間の3月21日よりPC版にて動作しているアンチチート機能。チートを使用して探知された場合、プレイヤーのプライベートロビー画面における左中部には「FairFight: Cheat detected」の文字が表示されることとなります。

ユニークなのが一度チーターの烙印を押されると、そのチートプレイヤーは他のチーターとマッチングされるようになるという仕様。またパーティーで参加した場合、チーターが所属するチームはそのパーティーごとチーターとマッチングする仕様へと変更されます。チーターが所属するチームに参加した非チータープレイヤーは、パーティーを抜けることで再び普通のマッチング仕様へと戻るとのことです。


『Titanfall』公式ブログではチーターに対し「あなたは他のバンされたプレイヤーとエイムボットコンテストのウィンブルドン(テニスの有名トーナメント大会)みたいな環境でプレイ出来る」と記しています。なおRockstar Vancouverが2012年に発売した『Max Payne 3』では同様のアンチチート機能が採用され、チーターはチーター専用サーバーへと隔離されることが発表されていました。

正常なプレイヤーは正常なプレイヤー同士、チーターはチーター同士と、ある意味「フェアな戦い」が行える『Titanfall』のアンチチート機能と「FairFight」。公式ブログでは、もし身に覚えのないチートが検出された場合、「anticheat@respawn.com」からコンタクトするように伝えています。

UPDATE(2014/3/27 12:00): ウィンブルドンに関する文章と「FairFight」に関する文章を一部修正しました。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント

    「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント

  2. スイッチ『脳トレ』の川島教授は『ゼルダの伝説 BotW』の祠を全制覇するほどのゲーマーだった!『スマブラSP』出演の経緯など、驚きの秘話が公開に

    スイッチ『脳トレ』の川島教授は『ゼルダの伝説 BotW』の祠を全制覇するほどのゲーマーだった!『スマブラSP』出演の経緯など、驚きの秘話が公開に

  3. 『Dauntless』のデベロッパーPhoenix Labsが買収―シンガポールの企業Seaの傘下へ

    『Dauntless』のデベロッパーPhoenix Labsが買収―シンガポールの企業Seaの傘下へ

  4. 『ポケモンHOME』各種機能を紹介した公式サイトオープン!“すべてのポケモンが集まる場所”が2月配信に向け本格始動

  5. 『ARK:Survival Evolved』拡張DLC「Genesis」配信延期、海外リリース日は2月25日に

  6. 関西のゲームクリエイター勉強会「GCC2020」セッション情報第一弾が公開ー BlizzardやSNKが登壇しゲーム開発について語る

  7. ACT&経営西部劇『Gunman And The Witch』配信決定!魔女の少女の力を借りてアウトローと戦え

  8. スタイリッシュダークな世界観のターン制タクティクス『Othercide』クローズドベータ参加者募集を開始

  9. 「全ファイナルファンタジー大投票」中間結果を発表! 「エメトセルク」現時点で11位に、「セフィロス」は10位入りを果たせず

  10. 『仁王2』キャラクリのテンプレに『FF14』“吉田P”モチーフのモデルが!? DLCの舞台は「更なる過去」に【特別番組まとめ】

アクセスランキングをもっと見る

page top