PC版『Titanfall』のアンチチート機能と「FairFight」、チーターはチーターとのみマッチングする仕様へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『Titanfall』のアンチチート機能と「FairFight」、チーターはチーターとのみマッチングする仕様へ

ニュース 最新ニュース

ローンチ当初は探知用として用意されていたものがキック用として生まれ変わることが明らかにされていた『Titanfall』のアンチチート機能。公式ブログにてこの新機能と「FairFight」に関する情報が公開され、チーターはチーター同士でしかマッチングしなくなることが明らかにされました。

このFairFightは現地時間の3月21日よりPC版にて動作しているアンチチート機能。チートを使用して探知された場合、プレイヤーのプライベートロビー画面における左中部には「FairFight: Cheat detected」の文字が表示されることとなります。

ユニークなのが一度チーターの烙印を押されると、そのチートプレイヤーは他のチーターとマッチングされるようになるという仕様。またパーティーで参加した場合、チーターが所属するチームはそのパーティーごとチーターとマッチングする仕様へと変更されます。チーターが所属するチームに参加した非チータープレイヤーは、パーティーを抜けることで再び普通のマッチング仕様へと戻るとのことです。


『Titanfall』公式ブログではチーターに対し「あなたは他のバンされたプレイヤーとエイムボットコンテストのウィンブルドン(テニスの有名トーナメント大会)みたいな環境でプレイ出来る」と記しています。なおRockstar Vancouverが2012年に発売した『Max Payne 3』では同様のアンチチート機能が採用され、チーターはチーター専用サーバーへと隔離されることが発表されていました。

正常なプレイヤーは正常なプレイヤー同士、チーターはチーター同士と、ある意味「フェアな戦い」が行える『Titanfall』のアンチチート機能と「FairFight」。公式ブログでは、もし身に覚えのないチートが検出された場合、「anticheat@respawn.com」からコンタクトするように伝えています。

UPDATE(2014/3/27 12:00): ウィンブルドンに関する文章と「FairFight」に関する文章を一部修正しました。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 39 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

    Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

  2. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

    400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  5. 『SOS: The Ultimate Escape』アルファテスター募集開始ー 『Dead Space』シリーズ開発者らの新作バトルロワイヤル

  6. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  7. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  8. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  9. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  10. 閉じ込められた男を救う2Dアドベンチャー『STAY』発表!―ゲームはリアルタイムで進む…

アクセスランキングをもっと見る

page top