稲船氏の注目作『Mighty No.9』ブースレポ―最新の日本語ボイス版を体験 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

稲船氏の注目作『Mighty No.9』ブースレポ―最新の日本語ボイス版を体験

連載・特集 特集

稲船氏の注目作『Mighty No.9』ブースレポ―最新の日本語ボイス版を体験
  • 稲船氏の注目作『Mighty No.9』ブースレポ―最新の日本語ボイス版を体験
  • 稲船氏の注目作『Mighty No.9』ブースレポ―最新の日本語ボイス版を体験
  • 稲船氏の注目作『Mighty No.9』ブースレポ―最新の日本語ボイス版を体験

京都市勧業館みやこめっせにて開催された、日本最大のインディーゲームの祭典BitSummit 2015に稲船氏率いるcomceptとインティ・クリエイツが開発する『Mighty No.9』が出展。本ブースの様子と日本語ボイスが実装された本作のプレイレポートをお届けします。

BitSummit会場では『Mighty No.9』ブースに加え、SCEブースとインティ・クリエイツブースにもプレイアブル展示されており、PS4版とPC版で合計6台が設置。どの試遊台も盛況で、多くの来場者が楽しんでいました。


試遊台では日本語ボイスが実装されたバージョンを遊ぶことができました。先日公開された映像でも日本語ボイスのゲームプレイを確認できますが、実際にプレイしてみると、日本語ボイスによるベックの掛け声やキャラクター同士の掛け合いで、ストーリーの没入感やゲームの臨場感が増し、ワクワクするゲームプレイを楽しめました。


会場には『Mighty No.9』の物販コーナーもありました。Tシャツなど様々なグッズを販売しており、インディーゲームの祭典だけあってデベロッパー自らが物販を担当。初代『ロックマン』のゲームミュージックを作曲し、本作でもステージミュージックを手がけた松前真奈美さんの姿もあり、豪華物販メンバーに驚く人も居たとか。

Windows/Mac/Linux/PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/Wii Uを対象に国内で9月18日にリリースを予定している『Mighty No.9』。PS Vita/3DSでの発売も予定しており、主流ハードウェアを殆どカバーしています。記録的なKickstarterプロジェクトの開始から約2年。発売が楽しみなタイトルの一つです。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top