もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート

海外で11月10日、国内で2015年冬に発売予定となっている『Fallout 4』。いまでこそフル3Dのゲームとなっていますが、『Fallout』や『Fallout 2』などのシリーズ初期作品は斜め見下ろし視点(クォータービュー)でした。

ゲーム文化 カルチャー
もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート

シリーズ最新作『Fallout 4』のゲームプレイトレイラー

海外で11月10日、国内で2015年冬に発売予定となっている『Fallout 4』。いまでこそフル3Dのゲームとなっていますが、『Fallout』や『Fallout 2』などのシリーズ初期作品は斜め見下ろし視点(クォータービュー)でした。


初代『Fallout』

8月31日にリリースされたSci-FiホラーアドベンチャーSTASISは、そんな初期作品に大きな影響を受けているということで、作者のChris Bischoff氏が『STASIS』リリース記念とクラシック作品への愛をこめて、『Fallout 4』を斜め見下ろし視点で表現しました。


『Fallout』シリーズを初期から遊んでいる方やクラシックゲーム好きの方は、このアートを見て非常に懐かしい気持ちになるのではないでしょうか。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. たしかになくはない…『Apex Legends』オクタンと『タイタンフォール2』ガントレットスピードランナーがある仮説で繋がる

    たしかになくはない…『Apex Legends』オクタンと『タイタンフォール2』ガントレットスピードランナーがある仮説で繋がる

  2. 赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は

    赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は"戦争にもルールがあることを知らせるため"

  3. 小島監督とノーマン・リーダスがトライベッカ映画祭トークイベントに出演決定―『デススト』を語る

    小島監督とノーマン・リーダスがトライベッカ映画祭トークイベントに出演決定―『デススト』を語る

  4. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  5. シリア・ラッカ奪還に参加した狙撃隊員、『コール・オブ・デューティー』で「戦場で生き残る術を学んだ」―海外報道

  6. 『タイタンフォール2』ガントレットのタイムアタック世界記録が更新―グレネードを使う仰天テクニック

  7. 新キャラクター「V」制作裏話&開発者インタビューも!『デビル メイ クライ 5』発売記念イベントレポート

  8. 『デビル メイ クライ 5』コミカライズ決定!主人公は3体の魔獣を使役する謎の男「V」

  9. 『モンハン:ワールド』デザインの使いやすいネクタイが登場─ビジネスシーンでも「一狩り行こうぜ!」

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

1
page top