もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート

海外で11月10日、国内で2015年冬に発売予定となっている『Fallout 4』。いまでこそフル3Dのゲームとなっていますが、『Fallout』や『Fallout 2』などのシリーズ初期作品は斜め見下ろし視点(クォータービュー)でした。

ゲーム文化 カルチャー
もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート

シリーズ最新作『Fallout 4』のゲームプレイトレイラー

海外で11月10日、国内で2015年冬に発売予定となっている『Fallout 4』。いまでこそフル3Dのゲームとなっていますが、『Fallout』や『Fallout 2』などのシリーズ初期作品は斜め見下ろし視点(クォータービュー)でした。


初代『Fallout』

8月31日にリリースされたSci-FiホラーアドベンチャーSTASISは、そんな初期作品に大きな影響を受けているということで、作者のChris Bischoff氏が『STASIS』リリース記念とクラシック作品への愛をこめて、『Fallout 4』を斜め見下ろし視点で表現しました。


『Fallout』シリーズを初期から遊んでいる方やクラシックゲーム好きの方は、このアートを見て非常に懐かしい気持ちになるのではないでしょうか。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

    『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

  2. 『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に

    『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に

  3. 「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

    「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

  4. ロボットが人間になりすます会話シム『Speaking Simulator』最新トレイラー!

  5. 『デススト』ファンメイドデメイク映像が公開、MSXを意識したローファイさがたまらない…

  6. 『ロケットリーグ』にテスラ車「サイバートラック」を出してくれ!イーロン・マスクへの嘆願運動が発起

  7. 吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説

  8. ヒット動画を振り返る「YouTube Rewind 2019」公開、ゲーム部門は『マイクラ』が100.2億再生でトップに

  9. 『CoD:MW』「MARA」役のAlex Zedraさんが自分自身に囲まれ大爆笑

  10. 『DEATH STRANDING』あるあるをコミカルに描くファンメイドアニメ「DED STRANDING」公開!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top