もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート

海外で11月10日、国内で2015年冬に発売予定となっている『Fallout 4』。いまでこそフル3Dのゲームとなっていますが、『Fallout』や『Fallout 2』などのシリーズ初期作品は斜め見下ろし視点(クォータービュー)でした。

ゲーム文化 カルチャー
もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート
  • もし『Fallout 4』が旧作のような見下ろし視点だったら?―『STASIS』作者によるファンアート

シリーズ最新作『Fallout 4』のゲームプレイトレイラー

海外で11月10日、国内で2015年冬に発売予定となっている『Fallout 4』。いまでこそフル3Dのゲームとなっていますが、『Fallout』や『Fallout 2』などのシリーズ初期作品は斜め見下ろし視点(クォータービュー)でした。


初代『Fallout』

8月31日にリリースされたSci-FiホラーアドベンチャーSTASISは、そんな初期作品に大きな影響を受けているということで、作者のChris Bischoff氏が『STASIS』リリース記念とクラシック作品への愛をこめて、『Fallout 4』を斜め見下ろし視点で表現しました。


『Fallout』シリーズを初期から遊んでいる方やクラシックゲーム好きの方は、このアートを見て非常に懐かしい気持ちになるのではないでしょうか。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『PUBG』エイプリルフールイベント「ファンタジーバトルロイヤル」が4月1日より開催!

    『PUBG』エイプリルフールイベント「ファンタジーバトルロイヤル」が4月1日より開催!

  2. 『Half-Life: Alyx』をマウスとキーボードでプレイできるようになるModが登場―現段階ではデメリットやバグも

    『Half-Life: Alyx』をマウスとキーボードでプレイできるようになるModが登場―現段階ではデメリットやバグも

  3. GDC延期で困窮するデベロッパーへの救済イベント「GDC RELIEF FUNDRAISER」開催―167本のゲームなどが手に入るバンドルも

    GDC延期で困窮するデベロッパーへの救済イベント「GDC RELIEF FUNDRAISER」開催―167本のゲームなどが手に入るバンドルも

  4. 英国の老舗ゲーム雑誌「Official Xbox Magazine」が廃刊に―初代Xbox発売時からの歴史に幕

  5. 撃ちまくりローグライクACT『Neon Abyss』最新トレイラー! コンソール版も発売決定

  6. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  7. WHOアンバサダーが新型コロナ感染拡大を予防するためのキャンペーン「#PlayApartTogether」を呼びかける

  8. 新型コロナの影響により映画版『アンチャーテッド』の公開が延期―2021年3月から10月へと移動

  9. 『Dead by Daylight』キラー「トラッパー」のスタチューが登場! ピンズやマグネットも

  10. 『Dead by Daylight』スタチュー化プロジェクト第1弾は古参キラー"レイス"に決定

アクセスランキングをもっと見る

page top