【TGS 15】国内メディアが語る「e-Sportsの懸念」とは―トーク番組「Gのから騒ぎ」をレポート! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【TGS 15】国内メディアが語る「e-Sportsの懸念」とは―トーク番組「Gのから騒ぎ」をレポート!

連載・特集 特集

【TGS 15】国内メディアが語る「e-Sportsの懸念」とは―トーク番組「Gのから騒ぎ」をレポート!
  • 【TGS 15】国内メディアが語る「e-Sportsの懸念」とは―トーク番組「Gのから騒ぎ」をレポート!
  • 【TGS 15】国内メディアが語る「e-Sportsの懸念」とは―トーク番組「Gのから騒ぎ」をレポート!
  • 【TGS 15】国内メディアが語る「e-Sportsの懸念」とは―トーク番組「Gのから騒ぎ」をレポート!
  • 【TGS 15】国内メディアが語る「e-Sportsの懸念」とは―トーク番組「Gのから騒ぎ」をレポート!
  • 【TGS 15】国内メディアが語る「e-Sportsの懸念」とは―トーク番組「Gのから騒ぎ」をレポート!
  • 【TGS 15】国内メディアが語る「e-Sportsの懸念」とは―トーク番組「Gのから騒ぎ」をレポート!
  • 【TGS 15】国内メディアが語る「e-Sportsの懸念」とは―トーク番組「Gのから騒ぎ」をレポート!

9月17日から18日にかけて開催された東京ゲームショウ2015ビジネスデイ。Logicoolブースでは、トークバラエティー番組「Gのから騒ぎ」が公開生放送イベントとして実施されていました。ファミ通.comからミス・ユースケ氏、Number webから柳沢章祐氏、そしてGame*Sparkからプロデューサー・森元行が登壇するトークセッションでは、ゲーム/スポーツメディアから向けられる「e-Sports」への鋭い視線が熱く語られました。


サイコロで話題を決定しながらお茶を囲むのほほんとした雰囲気ながらも、Webメディア担当者3名はそれぞれ「e-Sports」への思いを明かします。Game*Spark森は、国内e-Sportsシーンの超重要スポットと呼べる「e-Sports Square」で体感した大きな盛り上がりに感動を覚え、それ以来本格的に「e-Sports」へと足を踏み入れたと語ります。Number web・柳沢氏は格闘ゲームのスター的存在であるウメハラ選手や、『League of Legends』の大会シーンにおけるステージの作り方、観客の応援などの「日本/海外の大きなレベルの差」に衝撃を感じ、「観るもの」としてのゲームを見出したのだとか。


また、ファミ通.comでPCゲーム部門を主に担当するミス・ユースケ氏は、イベント取材を重ねるうちに選手と親交を深めながら、ある種「甲子園球児を応援するおっさん」的な感覚になりこの文化に強い興味を持ったとのこと。理由は「巨大イベントとの出会い」「スポーツ観戦としての魅力」「選手との親交」と三者三様ですが、どうやら現在の国内e-Sportsシーンにある種共通した不安を感じているようです。

次ページ:決して順調ではない「e-Sports」の現状……求められる課題とは!
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 49 件

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top