Logitechが1680万色に光る!最新ゲーミングキーボード「G410」を海外向けに発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Logitechが1680万色に光る!最新ゲーミングキーボード「G410」を海外向けに発表

Ligitechは、最新のメカニカルゲーミングキーボード「G410 Atlas Spectrum」を海外向けに発表しました。

ゲーム機 周辺機器
Logitechが1680万色に光る!最新ゲーミングキーボード「G410」を海外向けに発表
  • Logitechが1680万色に光る!最新ゲーミングキーボード「G410」を海外向けに発表
  • Logitechが1680万色に光る!最新ゲーミングキーボード「G410」を海外向けに発表
  • Logitechが1680万色に光る!最新ゲーミングキーボード「G410」を海外向けに発表
  • Logitechが1680万色に光る!最新ゲーミングキーボード「G410」を海外向けに発表
  • Logitechが1680万色に光る!最新ゲーミングキーボード「G410」を海外向けに発表

Ligitechは、最新のメカニカルゲーミングキーボード「G410 Atlas Spectrum」を海外向けに発表しました。

このゲーミングキーボードは、機械式スイッチより25%早いキー入力や、市場に出回っているキーボードより40%以上の耐久性を持つオリジナルキースイッチ“ROMER-G メカニカルキー”を採用。テンキーレスデザインのため本体サイズが幅390.5mm、奥行き185.2mm、高さ35.5mmとなっており、ARXコントロールにも対応しています。


本キーボードと、7月末に発売された同社の「G310」カタログスペックを比較すると、重量が765gより65g増しの830gに増加していますが本体サイズは同等です。「G310」ではバックライトイルミネーションの明るさ調整のみでしたが、「G410」では1680万色に光るRGBイルミネーションを搭載したことで、対応ソフトウェアから色を自由に設定することもが可能となっています。

ゲーミングキーボード「G410」は欧米向けに10月発売予定、価格は129.99ドルです。



《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. CD機にも対応のレトロゲーム互換機「POLYMEGA」4月より日本のAmazonでも注文可能に【UPDATE】

    CD機にも対応のレトロゲーム互換機「POLYMEGA」4月より日本のAmazonでも注文可能に【UPDATE】

  2. 『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

    『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

  3. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

    プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

  4. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  5. UE4向け京都背景アセット「Kyoto Alley」が18,075円でリリース、商用利用も可能

  6. 世界初の3画面ノートPC「Project Valerie」が発表!―Razerのコンセプトデザイン

  7. 『SEGA Mega Drive & Genesis Classics』にVR対応アップデート!オンラインマルチも実装に

  8. マッドキャッツ、ツインスティックや30のボタンを備えた新フライトスティック「X-55 Rhino」を4月末に発売

  9. 銃器分解・組立ゲーム『World of Guns』のVR版『World of Guns: VR』が早期アクセス開始!

  10. 「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた

アクセスランキングをもっと見る

page top