『ストリートファイターV』マッチ切断問題への対策発表―悪質プレイヤーを判定して処罰 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ストリートファイターV』マッチ切断問題への対策発表―悪質プレイヤーを判定して処罰

家庭用ゲーム PS4

『ストリートファイターV』マッチ切断問題への対策発表―悪質プレイヤーを判定して処罰
  • 『ストリートファイターV』マッチ切断問題への対策発表―悪質プレイヤーを判定して処罰

カプコンは、『Street Fighter V(ストリートファイターV)』のオンライン対戦中のネットワーク切断率が高く、とりわけ「Rage Quiter」と呼ばれる一部のプレイヤーに対して新たなペナルティーを与えていくことを、海外公式ブログを通して発表しています。

試合中に強制的にネットワーク対戦から離脱してマッチを中止させる行為について、カプコンはユーザーからの反応を受けた上でサーバーチームと協力し、証拠映像がない状況においても不正なネットワーク切断を見分けられるようになったとのこと。これにより、実際のプレイ映像を確認せず「Rage Quit」を起こしたプレイヤーを発見し、罰則を与えることが可能になったと海外向け公式ブログより伝えられています。

また、このペナルティーは明確な「Rage Quiter」達のみを対象としており、一般的に80%から90%の確率で通信切断が見られているプレイヤーに罰則として与えられます。ネットワーク環境の問題で事故的に発生したマッチ中止については影響がないとのこと。既に約30人ほどのプレイヤーを対象にLeague Point減少のペナルティーが与えられており、今後も「試合終了後の切断率」が異常に高いユーザーを対象として、ポイントリセットを行っていく方針です。なおカプコンはこのペナルティーを暫定的な処置としており、今後も更なる続報を伝えていくとコメントしています
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 63 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 定額サービス「Xbox Game Pass」海外で6月開始―Goldメンバーは5月24日より

    定額サービス「Xbox Game Pass」海外で6月開始―Goldメンバーは5月24日より

  2. 日本語版『ヒットマン』国内向け最新情報―伝説の暗殺者再び

    日本語版『ヒットマン』国内向け最新情報―伝説の暗殺者再び

  3. 米バンナム、英国テロ事件に配慮し『GET EVEN』の発売延期を発表

    米バンナム、英国テロ事件に配慮し『GET EVEN』の発売延期を発表

  4. 『オーバーウォッチ』国内向け最新パッチノート!PS4日本語版GOTYも発売

  5. Wii U/PS4『デッドハウス 再生』、3DS『アルケミックダンジョンズ』は5月31日配信に

  6. 定額サービス「Xbox Game Pass」詳細―ゲームプレイ期間/販売形態は?

  7. 新型タイタンも追加!『タイタンフォール2』近日中に大規模アップデートが海外で配信

  8. 【特集】PS4版も登場!『グウェント ウィッチャーカードゲーム』日本語版プレビュー&開発インタビュー

  9. 「スイッチ」をスカイダイビング中に遊ぶ!海外実写ショート映像

  10. 『Crackdown 3』はPlay Anywhereタイトルとして2017年発売―改めて告知

アクセスランキングをもっと見る

page top