『World of Tanks』でドリフトが可能に!物理演算やSEを改良する大型アップデートが配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『World of Tanks』でドリフトが可能に!物理演算やSEを改良する大型アップデートが配信

PC Windows

『World of Tanks』でドリフトが可能に!物理演算やSEを改良する大型アップデートが配信
  • 『World of Tanks』でドリフトが可能に!物理演算やSEを改良する大型アップデートが配信
ウォーゲーミングジャパンは、PC版『World of Tanks』において大型アップデート9.14が実装されたと発表しました。

『World of Tanks』は、さまざまな戦車を操りチーム戦形式で闘うオンラインタンクバトルゲームです。今回は、物理演算の改良や効果音のフルリニューアルが行われる大型アップデート9.14が実施。その詳細も公開されています。

◆アップデート9.14情報

物理演算の改良
車輌の物理演算処理が改良され、より挙動がリアルに変化しました。車輌の揺れが再現されるほか(車輌の照準には影響しません)、急制動によるダイナミックな動きもできるようになり戦術も変化しています。

また、旋回速度の調整(Wキーを押し/離しで調整)や、急転回(スペースキー)など、より高度な操作も可能に。特定の車輌(速度があり重量が軽い車輌など)では、ドリフトや横転なども楽しめます。

効果音のフルリニューアル
サウンドシステムが一新され、よりリアルで臨場感のあるサウンドが楽しめるようになっています。例としては、エンジンの駆動音の区分け(ガソリンエンジンとディーゼルエンジン)や、ギアチェンジの音が追加。ほかにも車輌走行時の風切音や、砲弾などの飛翔物の音、そして砲撃音まですべての効果音がリニューアルされています。

さらに、Audiokinetic社の「WWise」の技術が導入されており、音声に関する演算をCPUの別のコアに回すことができるようになり、全体的なパフォーマンスの向上が可能となりました。

■アップデート9.14 レビュー動画



◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆



(c) Wargaming.net
《すしし》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 22 件

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

    オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

  2. 復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

    復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

  3. オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

    オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

  4. Android NがPCで動くゲームプラットフォーム「BlueStacks +N」がオープンベータテスト開始

  5. 『PUBG』パルス調整を目的としたテストサーバのアップデート―新チートパターンも発見

  6. あの名作RTSが現代に蘇る!『Age of Empires: Definitive Edition』発売日決定

  7. カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

  8. PC版『World of Tanks』に8-bitなゲームモードが期間限定で復活―1月26日から

  9. GOGにて残虐カーアクション『Carmageddon TDR 2000』が48時間限定無料配布!【UPDATE2】

  10. Crytek新作『Hunt: Showdown』アルファテスト開始日決定!2018年1月末より

アクセスランキングをもっと見る

page top