Remedy、Xbox One版『Quantum Break』の解像度仕様を説明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Remedy、Xbox One版『Quantum Break』の解像度仕様を説明

家庭用ゲーム Xbox One

Remedy、Xbox One版『Quantum Break』の解像度仕様を説明
  • Remedy、Xbox One版『Quantum Break』の解像度仕様を説明
  • Remedy、Xbox One版『Quantum Break』の解像度仕様を説明

Windows 10/Xbox One向けのアクションアドベンチャー『Quantum Break』の開発を手掛けるRemedyは、同作Xbox One版の解像度仕様が720pである理由を明らかにしました。

Xbox One版における本作の1080p出力は、720pにMSAA x4を掛けた4枚のフレームを一時的に1080pで再構成したものであり、このアプローチによって様々なシェーディングやエフェクトを組み合わせ映画的な見た目をもたらし高画素品質にできるとのことです。

様々なサンプルをカウントすると共に、一時的にアップスケーリングを作成することで1080pの解像度を表示することは慣例的に理解されていると説明していますが、『Quantum Break』の場合は複雑だったようです。またRemedyとMicrosoftは、『Quantum Break』開発当初から優れた芸術性と素晴らしいゲーム体験を届けることを重視しているため、ファンがプレイしてどの様に考えるのか海外での発売日となる4月5日を楽しみにしています。

なお本作Xbox One版の解像度設定が720pであることについては、海外メディアEurogamerのDigital Foundryによる調査と、RemedyがSIGGRAPH 2015で発表した内容から判明したものでした。


3月19日に公開されたDigital Foundryによる調査映像

本作はWindows 10/Xbox One向けに海外で4月5日、国内で4月7日に発売予定。価格は、7,400円(税別)です。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 50 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

    『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

  2. 『Crackdown 3』テリー・クルーズ演じる「Jaxon」の姿が明らかに!

    『Crackdown 3』テリー・クルーズ演じる「Jaxon」の姿が明らかに!

  3. 『レインボーシックス シージ』XB1版に「アルファパック」実装!PS4版も近日

    『レインボーシックス シージ』XB1版に「アルファパック」実装!PS4版も近日

  4. 『Destiny 2』オープンベータテスト期間が延長、日本時間7月26日まで実施

  5. 「PS Now」PS4タイトルの配信がスタート、実際のプレイ感は?

  6. 隠しコマンドで真豪鬼が!『ウルトラストリートファイターII』新プレイ映像

  7. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

  8. 「ニンテンドースイッチ」3月3日発売! 価格は29,980円

  9. 「PS Store X ドコモ ケータイ払い」キャンペーンで1,000ポイントゲット!? 『ドラクエXI』『Destiny 2』など夏の期待作に備えよう

  10. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード「ゴーストウォー」今夏よりテスト開始、秋にも正式始動

アクセスランキングをもっと見る

page top