Steamの「返金率」はどれくらい?『Rust』『Garry's Mod』開発者が明かす | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamの「返金率」はどれくらい?『Rust』『Garry's Mod』開発者が明かす

ゲームクリエイターGarry Newman氏より、『Rust』や『Garry's Mod』『Chunks』の返品率や「返金理由」などの詳細データが明かされました。

ニュース ゲーム業界
Steamの「返金率」はどれくらい?『Rust』『Garry's Mod』開発者が明かす
  • Steamの「返金率」はどれくらい?『Rust』『Garry's Mod』開発者が明かす

昨年6月より施行されたPCゲーム配信サイトSteamにおける返金システムについて、ゲームクリエイターGarry Newman氏が言及。『Rust』や『Garry's Mod』『Chunks』の返品率や「返金理由」などの詳細データが明かされました。

昨年末には300万本セールスの達成が開発者より伝えられていた人気サンドボックスサバイバル『Rust』ですが、今年6月3日から7月3日までの販売本数は26万7,741本。そのうち「支払い取り消し」「購入不具合」「返金」などを含めた返品率は10.2%、Steam規約に基いて行われた返金は9.4%におよぶとのことです。ユーザーが示した「返金理由」の中では「スペックが適していなかった」「楽しくなかった」「フレームレートが遅過ぎる」が多くを占め、「誤って購入してしまった」「頻繁なクラッシュ」が主な理由として次いでいます。

また、『Garry's Mod』では56万3,998本のセールスのうち、合計返品率は3.1%。返金は2.7%。早期アクセス配信中のVRサンドボックス『Chunks』は861本中7.5%が返品、7.2%で返金対応が為されているとのこと。これらのデータはGarry Newman氏が独自に公開したもので、他配信タイトルに関する返金/返品レートは不明瞭であるものの、Steamでゲームを配信するデベロッパー/パブリッシャーには興味深い指針となるかもしれません。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

    『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

  2. 新たなバンドル月額サービス「Humble Choice」が発表―「Humble Monthly」から改定へ

    新たなバンドル月額サービス「Humble Choice」が発表―「Humble Monthly」から改定へ

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. 『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

  5. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  6. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  7. 机の上に小さな工場を建設する『Little Big Workshop』発表! 色々な製品を製造して出荷しよう

  8. PC版『レッド・デッド・リデンプション 2』11月5日発売決定!【UPDATE】

  9. 『CS:GO』定番マップの鏡写しバージョンがとてつもなく気持ち悪いと話題

  10. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top