映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

海外メディアの報道より、ハリウッド映画版『Uncharted(アンチャーテッド)』の新たな脚本家として「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」などを手がけたことで知られるジョー・カーナハンが抜擢されたと明かされました。

ゲーム文化 カルチャー
映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験
  • 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

海外メディアの報道より、ハリウッド映画版『Uncharted(アンチャーテッド)』の新たな脚本家として「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」などを手がけたことで知られるジョー・カーナハンが抜擢されたと明かされました。

昨年6月には「製作体制と予算の見直し」がSony Picturesから伝えられ、当時の監督であったセス・ゴードンの降板が報じられていた映画版「アンチャーテッド」ですが、現在においても目立った動きは見られておらず、今回の新脚本家決定の報道で久々の注目を集めたと言えます。映画「スモーキン・エース」シリーズや「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」、海外TVドラマ「THE BLACKLIST/ブラックリスト」の監督/脚本で知られるジョー・カーナハンが描く冒険野郎“ネイサン・ドレイク”の姿は、スクリーンの中でダイナミックな活躍を見せてくれるのではないでしょうか。

ジョー・カーナハンは現在「バッドボーイズ」第3弾の製作に携わっており、これまでのシリーズ作品を手がけてきたマイケル・ベイ監督に代わってメガホンを取る予定。なお、映画『アンチャーテッド』の監督やキャスト陣は依然としてベールに包まれています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

    『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

  2. 「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

    「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

  3. 『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に

    『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に

  4. ロボットが人間になりすます会話シム『Speaking Simulator』最新トレイラー!

  5. 『アーマード・コア』ファン、フロムスタッフのTwitter画像に新作想起するも……「特に意図はありません」

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 『デススト』ファンメイドデメイク映像が公開、MSXを意識したローファイさがたまらない…

  8. SIEのPS4プロモ「夢の中へ」アニメMVに剽窃疑惑が浮上―映像は削除済、公式は事実確認中

  9. ヒット動画を振り返る「YouTube Rewind 2019」公開、ゲーム部門は『マイクラ』が100.2億再生でトップに

  10. 空中都市で謎の少女を娘として育てる『Ciel Fledge』の配信日が決定! チュートリアル映像も公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top