小島監督の新作『DEATH STRANDING』は「自由度の高いオープンワールド」を採用 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

小島監督の新作『DEATH STRANDING』は「自由度の高いオープンワールド」を採用

コジマプロダクションを率いるゲームクリエイター小島秀夫氏は、「2016 PlayStation Press Conference in Japan」にて、PS4用タイトル『DEATH STRANDING』の一部ゲーム内容を明かしました。

家庭用ゲーム PS4
小島監督の新作『DEATH STRANDING』は「自由度の高いオープンワールド」を採用
  • 小島監督の新作『DEATH STRANDING』は「自由度の高いオープンワールド」を採用
  • 小島監督の新作『DEATH STRANDING』は「自由度の高いオープンワールド」を採用
  • 小島監督の新作『DEATH STRANDING』は「自由度の高いオープンワールド」を採用

コジマプロダクションを率いるゲームクリエイター小島秀夫氏は、「2016 PlayStation Press Conference in Japan」にて、PS4用タイトル『DEATH STRANDING』の一部ゲーム内容を明かしました。

「E3 2016 PlayStation Press Conference」で初めて発表された本作ですが、そのゲーム内容には「アクション」「オンライン要素」に加えて「自由度のあるオープンワールド」が含められているとのこと。更に、4KおよびHDR映像に対応していることも明かされました。また、小島秀夫氏は9月15日より開催される「東京ゲームショウ 2016」の最終日にも登場し、『DEATH STRANDING』の更なる新情報を伝えていくとのことです。
《subimago》

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』改良されたフレンドリーファイヤー反射システム紹介映像

    『レインボーシックス シージ』改良されたフレンドリーファイヤー反射システム紹介映像

  2. 『ディビジョン2』タイトルアップデート4実施メンテナンスが告知―新スペシャリゼーション「ガンナー」など

    『ディビジョン2』タイトルアップデート4実施メンテナンスが告知―新スペシャリゼーション「ガンナー」など

  3. 『ディビジョン2』タイトルアップデート4の情報が一部公開―「ガンナー」や「弾薬ゲージ」、スキルツリー見直しなど

    『ディビジョン2』タイトルアップデート4の情報が一部公開―「ガンナー」や「弾薬ゲージ」、スキルツリー見直しなど

  4. CS版『Apex Legends』所持品画面でカーソル初期位置が固定されていないのは「意図せぬ挙動」―開発陣が調査中

  5. 『グウェント ウィッチャーカードゲーム』新拡張「ノヴィグラド」発表―新勢力シンジケートなど

  6. 『Bloodstained: Ritual of the Night』国内での発売に関する追加情報が公開

  7. PC版『サイバーパンク2077』Steam/GOGに続きEpic Gamesストアでも事前購入開始

  8. まもなく再DL不可となるXbox 360版『マインクラフト: ストーリーモード』が1作99.99ドルに値上げ―理由は「ストアの仕組み」

  9. 『ディビジョン2』新スペシャリゼーション「ガンナー」詳細が公開―ミニガン制圧射撃中にボーナスアーマーを得る

  10. 新DLCも登場した『ボーダーランズ2』で使用できるSHiFTコードの一覧を海外メディアが掲載

アクセスランキングをもっと見る

page top