『レインボーシックス シージ』大型アップデート詳細!Twitch/Blackbeard/Docが調整 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『レインボーシックス シージ』大型アップデート詳細!Twitch/Blackbeard/Docが調整

Ubisoftより発売中のタクティカルFPS『レインボーシックス シージ(Rainbow Six Siege)』。本作の大型アップデート4.2(The Mid-Season Reinforcements)のパッチノートが海外向けに公開されました。

ニュース 発表
『レインボーシックス シージ』大型アップデート詳細!Twitch/Blackbeard/Docが調整
  • 『レインボーシックス シージ』大型アップデート詳細!Twitch/Blackbeard/Docが調整
  • 『レインボーシックス シージ』大型アップデート詳細!Twitch/Blackbeard/Docが調整
Ubisoftより発売中のタクティカルFPS『レインボーシックス シージ(Rainbow Six Siege)』。本作の大型アップデート4.2(The Mid-Season Reinforcements)のパッチノートが海外向けに公開されました。

今回のアップデート4.2でメインとなるのは、オペレーターTwitch/Doc/Blackbeardに加えられる大きな変更と、戦略の幅を広げる新ガジェット/アタッチメント。また、ほかのオペレータにも弱体化が加えられ、軽微な修正も施されます。なお、このアップデート4.2は海外で9月13日に配信予定とのことです。

    ■Twitch
    Twitchは人気のあるオペレーターで、ピック時の勝利比率も良い。ユニークなガジェット、ショックドローンを持っているが、非常に迫力に欠ける。そのため、Ubisoftは、ショックドローンの有用性を大きく変更することに決めた。

  • 準備フェーズのドローンがショックドローンに変更
  • Twitchの通常ドローン2機はショックドローンに置き換えられる
  • 準備フェーズのショックドローンが破壊されなかった場合は、合計で2機のショックドローンを使用可能になる
  • 1機目のショックドローンが破壊されていない状態で2機目を出しても、1機目は破壊されず、2台のショックドローンを切り替えられる
  • 移動速度が30%アップ(通常ドローンと同等)
  • 移動音が減少
  • ショックドローンから発せられるレッドライトを消去
  • ダーツの範囲が5メートルから7メートルに拡大

  • ■Blackbeard
    Ubisoftは、Blackbeardのシールド使用方法があまりにも受動的すぎることに気付いた。多くのプレイヤーはラウンドの開始にシールドをマウントし、終了までつけ続けるそうで、ピック率と勝利比率も非常に高いとのこと。

  • シールドを2つ所持するように変更
  • シールドの耐久値(HP)を800から150に減少
  • シールドの耐久性がUIの右下あたりに表示

  • ■Doc
    Ubisoftは、Docが多様な状況に対応できるよう、より役に立つようなガジェットを与えたかったとのこと。

  • DBNO(Down But Not Out)、つまりダウン状態でなくても回復が可能に
  • オーバーヒールが可能になった(最大HP120)。ただし、オーバーヒールしたHPは2秒に1ずつ減っていく(100以下にはならない)
  • Stimピストルのダーツ1発の回復量は40

  • ■新ガジェット
  • 攻撃側:クレイモア
    ‐一部の攻撃側オペレーターが所持できる、後方をカバーするためのガジェット
    ‐クレイモアからは3本のレーザーレイが出ており、そこに防衛側オペレーターが入ると起爆(指向性)
    ‐Thatcher、Twitchはスタングレネードの代わりにクレイモアを得る
    ‐Glazはブリーチングチャージの代わりにクレイモアを得る
    ‐Thermiteはスタングレネードとブリーチングチャージの代わりに、スモークグレネードとクレイモアを得る
  • 防衛側:インパクトグレネード
    -投てき1秒後に爆破する
    -所持数は2つ
    -Caveira、Smokeはニトロセルの代わりにインパクトグレネードを得る
    -Castle、Rookは有刺鉄線の代わりにインパクトグレネードを得る

  • ■新アタッチメント
  • マズルブレーキ
    -初弾のリコイルが減少し、精度を向上させる
    -G36C R4-C, MP7, SR-25, MK17, C8SFW, CAMRS, UMP45, MP5, P90, AK12, OTS-03, 552 COMMANDO, 416-C, 9x19VSN, MP5K, FMG-9, AR33, L85A2, 556xi, F2, 417, MPXで使用可能
  • ヘビーバレル
    -距離によるダメージの衰えが減少するが、リコイルは強くなる。武器によって異なるが、ロングレンジでのダメージが10から20%向上する
    -416-C, beretta m12, C8-SFW, MAC-11, P90, Para-308, R4-C, 9mm C1, UMP45, Mk17 CQBで使用可能

  • ■オペレーターガジェットとロードアウトの微調整
  • Valkyrieの専用ガジェット「Black Eye」が4個から3個に変更
  • IQとMontagneのガジェット展開時間が1.5秒から1秒に短縮。ガジェットを収納してから0.7秒で弾を発射できる


ダメージが変更された銃器。このほかリコイルの変更なども盛り込まれる

このほか、武器のバランス調整を始め、チームキルに関する変更、バグ修正などが多く施されます。詳細はこちらを参照ください。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「EVO 2019」タイトル別参加者数が発表―最多は『スマブラSP』の約3,500人

    「EVO 2019」タイトル別参加者数が発表―最多は『スマブラSP』の約3,500人

  2. クトゥルフADV『The Sinking City』日本語PS4版が10月31日に発売決定―押し寄せる狂気を生き抜け

    クトゥルフADV『The Sinking City』日本語PS4版が10月31日に発売決定―押し寄せる狂気を生き抜け

  3. 販売停止になった台湾ホラー『還願』開発元が現状報告―しばらくは再販予定無し

    販売停止になった台湾ホラー『還願』開発元が現状報告―しばらくは再販予定無し

  4. 『Fallout 76』ゲーム内通貨「アトム」の国内販売が7月24日から遂に解禁

  5. 『第五人格』に怪盗団が現れる!?『ペルソナ5』コラボでジョーカーやモルガナが人形チックに大変身

  6. か、かわいい…『ポケモンGO』と「ワンピース」がコラボ!麦わら帽子を被ったピカチュウが期間限定で出現

  7. 今年の目玉は特典付き“PCエンジン mini”―アマゾンプライムデー内覧会レポ

  8. 『モンハンワールド:アイスボーン』ディノバルド参戦!亜種モンスター2種や「ビューモード」機能も

  9. Amazonが「ロード・オブ・ザ・リング」の基本無料MMORPGをPC/コンソール向けに開発中

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top