『レインボーシックス シージ』大型アップデート詳細!Twitch/Blackbeard/Docが調整 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『レインボーシックス シージ』大型アップデート詳細!Twitch/Blackbeard/Docが調整

Ubisoftより発売中のタクティカルFPS『レインボーシックス シージ(Rainbow Six Siege)』。本作の大型アップデート4.2(The Mid-Season Reinforcements)のパッチノートが海外向けに公開されました。

ニュース 発表
『レインボーシックス シージ』大型アップデート詳細!Twitch/Blackbeard/Docが調整
  • 『レインボーシックス シージ』大型アップデート詳細!Twitch/Blackbeard/Docが調整
  • 『レインボーシックス シージ』大型アップデート詳細!Twitch/Blackbeard/Docが調整
Ubisoftより発売中のタクティカルFPS『レインボーシックス シージ(Rainbow Six Siege)』。本作の大型アップデート4.2(The Mid-Season Reinforcements)のパッチノートが海外向けに公開されました。

今回のアップデート4.2でメインとなるのは、オペレーターTwitch/Doc/Blackbeardに加えられる大きな変更と、戦略の幅を広げる新ガジェット/アタッチメント。また、ほかのオペレータにも弱体化が加えられ、軽微な修正も施されます。なお、このアップデート4.2は海外で9月13日に配信予定とのことです。

    ■Twitch
    Twitchは人気のあるオペレーターで、ピック時の勝利比率も良い。ユニークなガジェット、ショックドローンを持っているが、非常に迫力に欠ける。そのため、Ubisoftは、ショックドローンの有用性を大きく変更することに決めた。

  • 準備フェーズのドローンがショックドローンに変更
  • Twitchの通常ドローン2機はショックドローンに置き換えられる
  • 準備フェーズのショックドローンが破壊されなかった場合は、合計で2機のショックドローンを使用可能になる
  • 1機目のショックドローンが破壊されていない状態で2機目を出しても、1機目は破壊されず、2台のショックドローンを切り替えられる
  • 移動速度が30%アップ(通常ドローンと同等)
  • 移動音が減少
  • ショックドローンから発せられるレッドライトを消去
  • ダーツの範囲が5メートルから7メートルに拡大

  • ■Blackbeard
    Ubisoftは、Blackbeardのシールド使用方法があまりにも受動的すぎることに気付いた。多くのプレイヤーはラウンドの開始にシールドをマウントし、終了までつけ続けるそうで、ピック率と勝利比率も非常に高いとのこと。

  • シールドを2つ所持するように変更
  • シールドの耐久値(HP)を800から150に減少
  • シールドの耐久性がUIの右下あたりに表示

  • ■Doc
    Ubisoftは、Docが多様な状況に対応できるよう、より役に立つようなガジェットを与えたかったとのこと。

  • DBNO(Down But Not Out)、つまりダウン状態でなくても回復が可能に
  • オーバーヒールが可能になった(最大HP120)。ただし、オーバーヒールしたHPは2秒に1ずつ減っていく(100以下にはならない)
  • Stimピストルのダーツ1発の回復量は40

  • ■新ガジェット
  • 攻撃側:クレイモア
    ‐一部の攻撃側オペレーターが所持できる、後方をカバーするためのガジェット
    ‐クレイモアからは3本のレーザーレイが出ており、そこに防衛側オペレーターが入ると起爆(指向性)
    ‐Thatcher、Twitchはスタングレネードの代わりにクレイモアを得る
    ‐Glazはブリーチングチャージの代わりにクレイモアを得る
    ‐Thermiteはスタングレネードとブリーチングチャージの代わりに、スモークグレネードとクレイモアを得る
  • 防衛側:インパクトグレネード
    -投てき1秒後に爆破する
    -所持数は2つ
    -Caveira、Smokeはニトロセルの代わりにインパクトグレネードを得る
    -Castle、Rookは有刺鉄線の代わりにインパクトグレネードを得る

  • ■新アタッチメント
  • マズルブレーキ
    -初弾のリコイルが減少し、精度を向上させる
    -G36C R4-C, MP7, SR-25, MK17, C8SFW, CAMRS, UMP45, MP5, P90, AK12, OTS-03, 552 COMMANDO, 416-C, 9x19VSN, MP5K, FMG-9, AR33, L85A2, 556xi, F2, 417, MPXで使用可能
  • ヘビーバレル
    -距離によるダメージの衰えが減少するが、リコイルは強くなる。武器によって異なるが、ロングレンジでのダメージが10から20%向上する
    -416-C, beretta m12, C8-SFW, MAC-11, P90, Para-308, R4-C, 9mm C1, UMP45, Mk17 CQBで使用可能

  • ■オペレーターガジェットとロードアウトの微調整
  • Valkyrieの専用ガジェット「Black Eye」が4個から3個に変更
  • IQとMontagneのガジェット展開時間が1.5秒から1秒に短縮。ガジェットを収納してから0.7秒で弾を発射できる


ダメージが変更された銃器。このほかリコイルの変更なども盛り込まれる

このほか、武器のバランス調整を始め、チームキルに関する変更、バグ修正などが多く施されます。詳細はこちらを参照ください。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』新武器が明日追加!「Twitch Prime」会員はApexパック5個と限定スキンも獲得可能

    『Apex Legends』新武器が明日追加!「Twitch Prime」会員はApexパック5個と限定スキンも獲得可能

  2. Epic Gamesが返金騒動となった『フォートナイト』非公式リアルイベントに法的措置

    Epic Gamesが返金騒動となった『フォートナイト』非公式リアルイベントに法的措置

  3. 海外メディア関係者、Googleのゲーム業界本格参入を示唆―詳細はGDCで

    海外メディア関係者、Googleのゲーム業界本格参入を示唆―詳細はGDCで

  4. PS4版『CoD:BO4』向けに大型アップデート「作戦名: グランドハイスト」が先行配信

  5. ValveがSteamの動画セクションを廃止―非ゲーム系の動画コンテンツ配信終了へ

  6. 『バイオハザード RE:2』「ゴーストサバイバーズ」には4人目のキャラがいた!この後ろ姿は…

  7. 『CoD:BO4』大型アップデート「作戦名: グランドハイスト」発表―2月20日よりPS4向けに先行配信

  8. カルト教団拡大カードゲーム『Cultist Simulator』の売り上げが10万本を突破―ラヴクラフトの世界観がテーマ

  9. 『レインボーシックス シージ』リーンスパム対策案が公開―ヘッドショット回避”がしにくい仕様に

  10. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

アクセスランキングをもっと見る

page top