【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

「沈黙は金、雄弁は銀」とは古くはヨーロッパで生まれた言葉、価値観です。喋らない主人公を採用した十の名作、十の主人公を皆様にご紹介致します。

ニュース 最新ニュース
【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
  • 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選
「沈黙は金、雄弁は銀」とは古くはヨーロッパで生まれた言葉、価値観です。その意味合いは「雄弁である事は重んじても沈黙すべき時にきちんと黙ることはもっと大切である」という意味。ビデオゲームにおいても、沈黙をつらぬくキャラクターが存在するのです。そこで、ゲーム中でセリフのない主人公を採用した名作を、編集部が10本ピックアップ。古今東西ジャンルを問わず幅広いゲームタイトルから選出し、ご紹介していきます。

…………<読むことを無言で促している仕草>


◆ネス 『MOTHER2 ギーグの逆襲』
開発元:APE/HAL研究所 開発年:1994年 機種:スーパーファミコン

――アースバウンド!
主人公でありプレイヤーキャラクターである「ネス」はいまや「大乱闘スマッシュブラザーズ」に出演しそちらでは喋るものの、本作では一切台詞がありません。主人公の名前も変えられる事から本名プレイをしていた人もいらっしゃるでしょう。赤い帽子にリュックとバットがトレードマーク。本作は海外での人気も高く「Bound Together ReBound」という音楽のファンリミックスが無料公開されていたりします。

《SHINJI-coo-K(池田伸次)》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 高評価吸血鬼RPG新作『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』発表!日本語にも対応予定

    高評価吸血鬼RPG新作『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』発表!日本語にも対応予定

  2. 『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

    『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

  3. 『CoD:BO4』ゾンビモード

    『CoD:BO4』ゾンビモード"カオスの物語"最終章「Ancient Evil」トレイラー!ギリシャの地下都市で…

  4. 『アズールレーン クロスウェーブ』発売日が8月29日に決定―予約特典で「ネプテューヌ」参戦

  5. 『デビル メイ クライ 5』無料アップデート「ブラッディパレス」国内で4月1日配信―激闘の様子も

  6. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  7. 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など

  8. ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

  9. ターン制戦術ADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』海外スイッチ版が6月発売、DLC収録の豪華版も

  10. 不思議なオオカミが遺跡を探索するADV『Lost Ember』リリース日が7月20日に決定―あらゆる動物に取り憑いて世界を旅する

アクセスランキングをもっと見る

1
page top