【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった

PC 基本プレイ無料

【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった
  • 【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった
  • 【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった
  • 【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった
  • 【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった
  • 【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった
  • 【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった
  • 【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった
  • 【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった

Hi-Rez Studiosが開発・運営する、基本プレイ無料のオンラインマルチプレイFPS『Paladins』。ありがちなチームベースシューターと思いきや、本格的なキャラクタービルド要素も備えた、熱い対戦プレイが楽しめる本作をご紹介します。

『Paladins』は、FPSを基盤としながらも、プレイ中のスコアに応じて得られるマッチ内マネー(以下Credit)で能力値を強化できるMOBAシステムを搭載。さらに、マッチのスコアに応じて獲得可能なゲーム内マネー(以下Gold)で、チャンピオンの能力やアビリティを強化でき、プレイスタイルに合わせて特性を変えることができます。また、Hi-Rez Studiosは、人気MOBAタイトルの『SMITE』も開発していることから、本作も例に漏れずe-Sportsにフォーカスしたシステムであるとも言えます。


2016年9月16日より早期アクセス中の本作は、Steamにてダウンロードが可能。インストール中もいくつかウィンドウが出ますがOKを押すだけでプレイ直前まで進めます。起動した後は、最初にHi-Rez Studioのアカウントを登録する必要があるため、ユーザーIDやパスワード、メールアドレスを入力。ユーザーIDが被っている場合は別のものに変更する必要があります。

ユーザー登録完了後に、ゲーム中で使用するプレイヤー名の登録をすると、そのままチュートリアルへ。チュートリアルでは移動や射撃、アビリティなどの基本的なプレイ方法と、オブジェクティブの取得方法など簡単なゲームルールが学べます。チュートリアルを完了すれば、あとは自由にゲームを楽しむことができます。



『Paladins』に用意されるゲームモードは、5vs5のシージ/ペイロードで、攻撃側と防御側で数ラウンドをプレイするマッチ形式です。グラフィックビジュアル面も含めて、『Overwatch』や『Team Fortress 2』と似通った作りであることは一目瞭然ですが、一方で、スコアに応じて貯まるCreditでマッチごとに自キャラクターを強化できるMOBA要素があるのは、本作ならではの特徴でありスパイスになっています。


購入したアイテムは敵味方関係なく見ることが可能

ゲーム内で購入可能なアイテムは、大きく分けて4種類に分かれ、攻撃、防御、ヒール、ユーティリティがあります。これらを状況やチャンピオンの特性に応じて、攻撃力や直接攻撃、爆風のダメージ軽減や移動速度のUPといった強化をすることで、より戦闘を有利に進めることができます。それぞれのアイテムは購入時の1段階から3段階まで強化が可能で、価格はアイテムにより、300/600/900もしくは400/800/1200です。


例えばダメージ軽減では、直接攻撃とAoE(範囲)攻撃の軽減が分かれているなど、選択に非常に悩むような仕組み

チャンピオンは初期状態で数体が使用可能で、課金ポイントかGoldで追加でアンロックしていきます。期間ごとにフリーチャンピオンが割り当てられ、試してみて気に入ったチャンピオンがあれば、Goldで購入するという形になります。

チャンピオンごとに1つのアルティメットと2つのアビリティが割り当てられています。アビリティなどの性能を変化させることができるのが「カード」による強化で、初期状態では基本セットのみが選択でき、カードは後述のRADIANT CHESTから入手、もしくは1枚1,200Goldで購入することができます。セットは最大12コスト、カードを1Lv上げるごとに1コスト増える仕組み。もちろんカードのレベルアップに経験値やGoldなどは必要ありません。残念ながら、現時点では英語表記にもかかわらずチャンピオンなどの説明文が一部文字化けしていますが、特に困るほどではありませんでした。


初期状態で組まれているセット


各パラメータに4種類ずつカードが存在、どのカードがOPなのかを想像するだけでもなかなか楽しい

チェストシステムもあり、レベルアップなどで無料でもらえるRADIANT CHESTと、レアアイテムが入っている有料のCOLOSSAL CHEST、他にも課金要素としてXPブースターやプレイヤー名の変更などがあります。アーリーアクセスではありますが、多くの場所で課金可能な要素が既に見えているのは意外です。



プレイ可能なサーバはNA、ヨーロッパ、オーストラリア、ブラジル、東南アジアの5箇所から選択できますが、日本からは東南アジア以外は選ぶ理由があまりないので、東南アジアで問題はないと思います。サーバに関してはいつでも変更できるので、時間帯に応じて変えてみるのも良いでしょう。


筆者がプレイしてみたSoutheast Asiaでは現地語で話すユーザーが多かったが、英語も通じるユーザー層のよう。

マッチング自体はとても早く、非常に快適。一方で不便だと感じた点は、マッチング後の処理が不安定で、一旦落とされることがまれにあること。また、マッチ開始直後に終了する、HUDやクロスヘアも一切出ずアイテム購入もできないといった、システム的には致命的な問題にも1度遭遇しており、多少なりとも不安を抱えてしまうのは否めません。アーリーアクセスから正式版に移行するまでに改善されていることを望みます。

『Paladins』は基本プレイ無料で敷居も低く、現在海外でもユーザー数が拡大しているタイトルなので、対戦FPSやMOBAプレイヤーなら、一度は触ってみて損のないゲームだと言えます。
《kuma》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 22 件

PC アクセスランキング

  1. 終末カーコンバット『CROSSOUT』PC版に新勢力追加アップデートが実施!―日本語も追加

    終末カーコンバット『CROSSOUT』PC版に新勢力追加アップデートが実施!―日本語も追加

  2. 【レポート】『PUBG』オフラインイベントが熱狂!―プレミア“ドン勝Tシャツ”は誰のものに?

    【レポート】『PUBG』オフラインイベントが熱狂!―プレミア“ドン勝Tシャツ”は誰のものに?

  3. 『Warframe』次期大型アップデート「エイドロンの草原」の内容・配信日等は?現時点での情報まとめ

    『Warframe』次期大型アップデート「エイドロンの草原」の内容・配信日等は?現時点での情報まとめ

  4. 懐かし風味なハイクオリティ格闘ACT『Fight'N Rage』Steam配信開始!

  5. 『オーバーウォッチ』の週末無料プレイがスタート!PC版とPS4版で同時開催!

  6. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  7. 「Discord」ビデオ通話&画面共有の試験運用がスタート、正式ローンチは9月以降か

  8. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  9. 【特集】バトロワシューター『PUBG』が遊ばれ続ける10の理由

  10. 『PUBG』がNVIDIA「ShadowPlay Highlights」対応!ドン勝を自動キャプチャ

アクセスランキングをもっと見る

page top