ユーチューバーPewDiePie、チャンネル削除騒動は意外な結末に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ユーチューバーPewDiePie、チャンネル削除騒動は意外な結末に

ゲーム文化 カルチャー

ユーチューバーPewDiePie、チャンネル削除騒動は意外な結末に
  • ユーチューバーPewDiePie、チャンネル削除騒動は意外な結末に

先日、自身のYouTubeチャンネルの購読者数が5,000万人を達成した場合、チャンネルを削除すると公言し、目標を達成したことを受けその日程まで発表した人気ユーチューバーPewDiePie。この一連の騒動の結末は意外なものとなったようです。

結果からいうと、Twitter上で告知された削除時刻を迎えたものの、PewDiePieの、購読者数が5,000万人を達成したメインチャンネルは“削除されませんでした”。代わりに公開されたのは「DELETING MY CHANNEL」と題された動画。この動画では確かにチャンネル削除の動作を行っているのですが、画面に表示されたそのチャンネルはなんと“Jack septiceye2”名義のサブアカウント。要するに全ては本人曰く「ただのジョーク」。動画はその後、この一連の騒動を取り上げた有名紙やニュースサイトなどを映しつつ、PewDiePieメインチャンネルの購読者5,000万人達成に感謝を示すとともに今度は「購読者1億人達成で“PewDiePie”を削除する」という字幕で終わります。

なお、“Jack septiceye2”アカウントにはたった2本の動画しか公開されていなかった模様です。なんとも締まらない結末に終わった、というよりチャンネル削除宣言の動画内で本人が苦言を呈していたものと異なる系統ながら「釣り」であった今回の騒動。新たな購読者1億人の目標での“PewDiePie”の削除もユーザーが連想した内容である可能性は非常に低いでしょうが、せめてチャンネル削除宣言の動画で示したYouTubeや、ユーチューバーへの啓蒙意識は本物であったことを願いたいところではないでしょうか。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 91 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『GTA V』向け『RDR』マップ再現Modが公開停止

    『GTA V』向け『RDR』マップ再現Modが公開停止

  2. “プレイヤーの性格を武器にする”3D ACT『Last Standard』対応のマストドン新インスタンス登場

    “プレイヤーの性格を武器にする”3D ACT『Last Standard』対応のマストドン新インスタンス登場

  3. 『ウイイレ 2017』アジア頂点が決まったe-Sports大会レポ―北澤豪にもインタビュー!

    『ウイイレ 2017』アジア頂点が決まったe-Sports大会レポ―北澤豪にもインタビュー!

  4. 『レインボーシックス シージ』PC版大会「JCG Master Monthly Ops -May-」が5月14日に開催

  5. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  6. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  7. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  8. 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top