『Vainglory(べイングローリー)』アップデート2.0が配信!前シーズンの内容と冬シーズンの特徴を解説 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Vainglory(べイングローリー)』アップデート2.0が配信!前シーズンの内容と冬シーズンの特徴を解説

SuperEvil Megacorpは、iOS/Andoroid向けのMOBAタイトル『Vainglory(べイングローリー)』のアップデート2.0を配信しました。また、本アップデートの内容を紹介すると共に、秋シーズンにおける取り組みをもう一度振り返ります。

アプリゲーム iOS
『Vainglory(べイングローリー)』アップデート2.0が配信!前シーズンの内容と冬シーズンの特徴を解説
  • 『Vainglory(べイングローリー)』アップデート2.0が配信!前シーズンの内容と冬シーズンの特徴を解説
  • 『Vainglory(べイングローリー)』アップデート2.0が配信!前シーズンの内容と冬シーズンの特徴を解説
  • 『Vainglory(べイングローリー)』アップデート2.0が配信!前シーズンの内容と冬シーズンの特徴を解説
  • 『Vainglory(べイングローリー)』アップデート2.0が配信!前シーズンの内容と冬シーズンの特徴を解説
  • 『Vainglory(べイングローリー)』アップデート2.0が配信!前シーズンの内容と冬シーズンの特徴を解説
  • 『Vainglory(べイングローリー)』アップデート2.0が配信!前シーズンの内容と冬シーズンの特徴を解説
  • 『Vainglory(べイングローリー)』アップデート2.0が配信!前シーズンの内容と冬シーズンの特徴を解説
  • 『Vainglory(べイングローリー)』アップデート2.0が配信!前シーズンの内容と冬シーズンの特徴を解説

Super Evil Megacorpは、iOS/Android向けのMOBAタイトル『Vainglory(べイングローリー)』のアップデート2.0を配信しました。また、本アップデートの内容を紹介すると共に、秋シーズンにおける取り組みをもう一度振り返ります。



2016年のオータムシーズンにおける『Vainglory』は、主にソーシャル機能やアジア地域にフォーカスしたものでした。新ヒーローには、ロケットランチャー使いのバロン、2丁拳銃を操る美女グウェン、妖精の力で姿をくらますフリッカーの3体、スキンに、ムーンプリンセス・セレスなど多数のスキンを追加。スマートフォン向けに操作を改良し、タップ&ホールドUIを導入したことでゲームプレイを強化しました。他にもゲームプレイのリプレイと録画、そして配信機能も実装しています。


コミュニティ部分では、東京ゲームショウ2016のTwitchブースにて4日間プレイスペースを展示しK-POPアイドルとの対戦や、東西チームによる対戦、TGS初代王者を掛ける戦いが繰り広げられました。e-Sports方面では日韓戦の龍虎杯「永遠のライバル」が9月3日に開催され、10月22日には龍虎杯のVol.2が実施。映画館での試合の模様を観戦するライブビューイングイベントが名古屋と幕張で開催されました。さらに12月1日にはアジア初のプロチームとなるDetonatioN GamingがVainglory部門を設立。また国内における試聴率は右肩上がりを示しているため世界的にみても日本のプレイヤーはe-Sports観戦に感心が高いとも言えます。

また、10月中旬からは連載動画企画として「一緒に強くなろうよVainglory!」が実施。実況レイヤーみそしる氏が、StanSmith氏や草の人氏などから本作のレクチャーを受けて腕を磨いていくという内容でした。

■これからの『Vainglory』。アップデート2.0の詳細


『Vainglory』は、本日よりウィンターシーズンの初アップデートとなるアップデート2.0を実施。具体的にはギルド機能が"Guild 2.0”として革新され、ギルド管理を円滑に進めるプレイ時間の把握や管理者ツールと管理権が付与されます。ギルド未加入のユーザーは、ギルド検索機能を使うことで3つのお勧めギルドから、プレイ時間や最低スキル階層、使用言語などを確認しつつ、プレイヤーに合うギルドを探し出す事ができます。


ゲームプレイに関しては、新アイテムの追加やジャングルショップの仕様変更、新規プレイヤー向けのアイテム自動購入と自動ビルドの実装。さらにロール名称が「ローム、ジャングル、レーン」から「キャプテン、ジャングラー、キャリー」へと変更され役割が明確になります。他にもヒーロー選択において、各ヒーローが持つ特徴と難易度を視覚化。

新ヒーロースキンでは、「冬の戦争」を戦う「冬の戦士ケストレル」のスキンや、先祖のデスマクスをかぶった「剣闘士アーダン」のエピック・スキン、「ギフトラップ・フォートレス」、黒と赤の制服を着た「冬の戦士キャサリン」が追加されます。


冬の戦士ケストレル


剣闘士アーダンのエピック・スキン


ギフトラップ・フォートレス


冬の戦士キャサリン

またキーを使うことで全てのヒーローとスキンを入手出来る"ミステリーチェスト”を実装します。3回に1回以上の確率でヒーロー又はスキンが手に入る他にも、非常にまれな確率で100万オパールが当たります。なおヒーローやスキンが手に入らなくとも800グローリーかブースト、そしてミステリーキーを入手します。


新アイテムには、サイレンス効果を与える実用アイテムの"ヌルウェーブガントレット”と、3回ごとに2秒間致命傷を与える新武器アイテムの"ポイズンナイフ”、アビリティを2回連続で使用出来る新クリスタルの"エコー”、バーストダメージを強化体力で身を守る新防御アイテム"スランバー・ハスク”が加わります。

またウインターマップスキンもホリデーシーズンに合わせて登場。シーズンイベントでは、日本独自となるクリスマス・ウィークが12月下旬から、お正月イベントが1月1日から1月9日まで実施を予定しています。コミュニティに関しては、カジュアル大会を今後も実施していく他にも、動画企画では日本の初心者向け動画攻略コンテンツを充実させ、オフ会の支援プログラムをレベルアップします。またe-Sports方面では公式アジア大会として2017年1月に日韓戦の「Arena8 プレシーズン」を開始し、スプリングシーズンからは日韓台香を含めた「Arena8」を開催。さらに「Arena8 RAGE」も開催予定です。


■新ヒーロー“イドリス”が追加!

新ヒーローの“イドリス”は、素早い動きとダメージから相手を翻弄するアサシンタイプで、クリスタルビルドでの間合いを撮った戦い方や武器ビルドでの近接攻撃でトドメを刺すことが出来るキャラクターです。指定した方向へとダッシュが出来るシュラウドステップやブーメランのように攻撃を与えられるチャクラムを駆使して戦います。


今回のアップデートでも、様々な内容が追加される『Vainglory』。コミュニティイベントやe-Sports方面も含めて今後の動向にも注目が集まります。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

    『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  2. 『フォートナイト』Android版ベータテストの対応機種が拡張、LG V10やGoogle Pixel等が追加

    『フォートナイト』Android版ベータテストの対応機種が拡張、LG V10やGoogle Pixel等が追加

  3. Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

    Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

  4. 『フォートナイト』Android版ベータテストの対応機種がさらに拡張!Xperia XZなどが新たに対応

  5. iOS版『シヴィライゼーション VI』iPhone対応!フルゲーム購入も60%オフ―寝る前に少しだけいかが?

  6. Android版『フォートナイト』はGoogle Playストアを使用しない―Epic Gamesが直接配信

  7. 『フォートナイト』Android版ベータがローンチ! まずはGalaxyユーザーから招待開始

  8. 新作対戦TCG『Shadowverse』先行体験会に参加―"進化"が勝負の行方を左右

  9. 中国の艦艇擬人化スマホゲーム『戦艦少女R』日本サービス開始

  10. 『WoT Blitz』にメカデザイナー大河原邦男デザインのオリジナル戦車が12月22日より期間限定で販売!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top