【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など

連載・特集 特集

【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
新年、明けましておめでとうございます。

昨年は、スマートフォン向けアプリ市場の拡大に始まり、『ポケットモンスター』や『ファイナルファンタジー』などなど相次ぐ大型人気タイトルも発売、一方では「VR元年」などとも称され、ゲーム業界も目まぐるしく様々な話題が駆け抜けた1年となりました。そんな昨年も気がつけばあっという間に過ぎ去り、迎えて2017年。今年も早速、新ハード「Nintendo Switch」の発売といったビッグイベントが控えており、業界もますます慌ただしくなりそうな予感です。

そんな「未来」に思いを馳せつつも、ここでいったん「過去」にも目を向けてみようではありませんか。本稿では今から遡ること10年前……2007年に発売されたゲームソフトの中から、選りすぐりの10本をピックアップしてご紹介。当時は、Xbox360の国内発売から約1年が経ち、ソフトも充実していた頃。さらに、2006年後半にはPS3やWiiも発売を迎え、ゲーム業界が大きく盛り上がった時代です。

「あれからもう10年か…」と少し寂しい気持ちになってしまうかもしれませんが、今なお語り継がれている名作たちの原点を今一度、振り返ってみましょう。

◆THE IDOLM@STER(アイドルマスター)

■発売元:バンダイナムコゲームス
■発売日:2007年1月25日
■機種:Xbox360

バンダイナムコのメディアミックス作品「PROJECT IM@S」の中心を担うタイトルにしてアーケード向けアイドルプロデュース体験ゲーム『アイドルマスター』待望のコンシューマ機版。基本的にはAC版からの移植作品となっていますが、本作では一部システムや登場アイドルなど細部に変更が加えられています。動画投稿サイトでの盛り上がりなどで一世を風靡し、2007年の日本ゲーム大賞にて年間作品部門特別賞を受賞。今なお続く『アイマス』人気の地盤を固めた伝説のタイトルと言えるでしょう。

◆アサシンクリード

■発売元:ユービーアイソフト
■発売日:2007年11月29日(Xbox360版)
■機種:Xbox360・PS3・PC

暗殺者=アサシンとなって、任務を遂行する「潜入アクションゲーム」シリーズの第1作目。いわゆるオープンワールドタイプの作品で、12世紀末のエルサレムをモチーフとしたステージでに繰り広げられるエクストリーム・スポーツ「パルクール」のようなフリーランニングアクションが話題を呼びました。『アサクリ』の略称で親しまれており、後年には世界各地の様々な時代を舞台に数の多くのシリーズ作や外伝作も発売。現在はPS4/Xbox One向けに最新作『アサシン クリード シンジケート』が好評発売中。さらに、実写映画も3月3日に国内で公開されます。

◆アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝

■発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
■発売日:2007年12月6日
■機種:PS3

『アンチャーテッド』はトレジャーハンターの活躍を描くアクションゲームシリーズです。息を呑むようなストーリーと巧みな演出で、アドベンチャー映画さながらの冒険劇が人気を博しています。その第1作目となる『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』は、歴代PS3ソフトの中でも最高峰と名高い作品。当時としては圧倒的な美麗さを誇る映像表現が特徴で、フィールドをシームレスに移動できるオープンワールド要素も相まって、「ハード性能の限界に挑んでいる」とも評さる程。現行機にも見劣りしないそのグラフィックは、一見の価値アリです。

◆コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

■発売元:アクティビジョン
■発売日:2007年12月27日(PS3/Xbox360版)
■機種:ニンテンドーDS・PS3・Xbox360・PC

人気FPS「コール オブ デューティ」シリーズの第4作目。現代の戦場を描く「モダン・ウォーフェア」シリーズの第1作目としても知られており、第二次世界大戦を舞台としていた従来の作品とは一線を画するリアルな雰囲気でプレイヤーを圧倒しました。PCはもちろん、PS3やXbox360といった据え置き機から、携帯機であるニンテンドーDSへも展開されており、累計売上本数は1400万本を突破。「2007年に最も売れたゲーム」としても話題になりました。さらに、2016年にはリマスター版も登場し、ファンを沸かせました。

◆Wii Fit

■発売元:任天堂
■発売日:2007年12月1日
■機種:Wii

Wiiの発売1周年を記念して発売されたフィットネスゲーム。専用の体重計型周辺機器「バランスWiiボード」を使って、様々なゲームを楽しみながら体重や健康管理を行うことができました。後に本作のキャラクター「Wii Fitトレーナー」が『スマブラ』シリーズへ参戦するなど、一部ではコアな人気も獲得。国内ではわずか1ヶ月でミリオンセラーを突破、その後も販売本数を伸ばし世界累計では2300万本近くを売り上げる大ヒットに。翌年の「日本ゲーム大賞」にて大賞を受賞をしたほか、ベストセールス賞を同時受賞するなど、Wiiを代表する1本として記録されています。

※次ページ:まだまだ、名作多数

《ひびき》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top