【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など

連載・特集 特集

【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
  • 【特集】2017年で10周年を迎える家庭用ゲーム作品10選…『MHP2』『Wii Fit』『アサクリ』など
◆オプーナ

■発売元:コーエー
■発売日:2007年11月1日
■機種:Wii

『ドラゴンクエスト』のリメイク作などで知られる開発メーカー「アルテピアッツァ」が手がける「ライフスタイルRPG」です。本作では、通常の戦闘などで得られる経験値のほか、様々なイベントを通じて人間的に主人公が成長していく姿を描く独自のシステムが特徴となっています。主人公の「オプーナ」をはじめ、本作のキャラクターは頭に「エナジーボンボン」という球体を備えており、そのユニークなキャラデザインも話題となりました。今年3月発売の『無双☆スターズ』にもゲスト出演しているなど、根強いファンからの支持がアツい作品です。

◆すばらしきこのせかい

■発売元:スクウェア・エニックス
■発売日:2007年7月27日
■機種:ニンテンドーDS

スクウェア・エニックスの野村哲也氏をはじめ『キングダム ハーツ』、『ファイナルファンタジー』シリーズのスタッフが手がける本格的アクションRPGです。本作最大の特徴はそのハイクオリティなBGMの数々。ニンテンドーDSのタイトルとしては珍しく「歌声付き」の曲が多数収録されており、限られたソフト容量を最大限に活用して独特の世界観を構築していました。また、2画面ならではのバトルシステムなどハードをフルに活用した作風で今なお高い人気を誇る、印象的な一作です。

◆モンスターハンター ポータブル 2nd

■発売元:カプコン
■発売日:2007年2月22日
■機種:PSP

PSPで爆発的な人気を誇った『モンスターハンターポータブル』シリーズの第2作目にあたるタイトルです。PS2『モンスターハンター2』から「ガンランス」「太刀」「弓」といった武器が登場し、大型モンスター「ティガレックス」などが初登場した作品となっています。本作はPSP用ゲームとしては初めてミリオンセラーを記録したソフトで、当時多くのユーザーがワイヤレス通信で協力プレイを楽しみました。『モンハン』の醍醐味でもある、仲間で集まって「一狩りいく」というスタイルを確立した作品とも言えるでしょう。

◆勇者のくせになまいきだ。

■発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
■発売日:2007年12月6日
■機種:PSP

本作は、勇者を討ち果たし世界征服を成し遂げることが目的の「ダンジョン・マネージメント」ゲームです。プレイヤーが勇者となって世界を救う、といったこれまでの「お約束」をひっくり返したユニークな設定のほか、有名作品のオマージュやパロディなどが散りばめられたメタ的な作風が高く評価されています。全体としては昔懐かしいドット絵スタイルながら、かつてないゲームシステムが新鮮と好評を博し、以後シリーズ化。現在も「ゆうなま」の愛称で親しまれ続けており、VR版の開発も進められています。

◆無双OROCHI

■発売元:コーエー
■発売日:2007年3月21日(PS2版)
■機種:PS2・Xbox360・PSP・PC

オメガフォースが手がける一騎当千の爽快バトルアクションが楽しめる『無双』シリーズ。本作は、その生誕10周年を記念して発売されたメモリアル作品です。『真・三國無双』シリーズや『戦国無双』シリーズ、その他のコーエーテクモゲームスタイトルのキャラクターが一堂に会すした夢の共演を楽しむ事ができます。「お祭りゲーム」的な要素が満載の意欲作とあって人気を博し、後にシリーズ化。今なお両作のファンからアツい支持を受けています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

いかがでしょうか?「もうあれから10年か……」と感慨深く思うものもあれば、「あのタイトルが10年前!?」と時の流れの速さを痛感してしまう作品もあったのではないでしょうか。「あのタイトルがない!」、「このタイトルも10年前だよ!」という作品があれば是非コメント欄にてお待ちしております。それでは、今年もインサイドを何卒、よろしくお願いします。
《ひびき》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top