【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?(11/7更新) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?(11/7更新)

この特集では人気フライトシューティングシリーズ『エースコンバット』の歴代シリーズを一挙に紹介し、新作がどのような立ち位置にあるのかを解説します。

Game*Spark オリジナル
【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?(11/7更新)
  • 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?(11/7更新)
2015年にバンダイナムコエンターテインメントから発表されたProject Aces開発のPS4向けシリーズ最新作『エースコンバット7』。本稿では、人気フライトシューティングシリーズ『エースコンバット』の歴代シリーズを、アーケード作品も含めて一挙に紹介し、最新作がどのような立ち位置にあるのかを解説します。

『エースコンバット』のナンバリングタイトルは、基本的に我々が生きる地球とは別の架空世界(ストレンジリアルワールド)を舞台にしています。また現実の地球をテーマにしたタイトルも存在しており、『エースコンバット アサルト・ホライゾン』と『エースコンバットX2』、『エースコンバット インフィニティ』の3タイトルがそれに当たります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■『エースコンバット』


1995年6月にPlayStationでリリースされたシリーズ第1作目。あらすじは、テロリスト集団によって軍部の一部がクーデターを起こしたため、傭兵集団がクーデター軍を鎮圧するために協力するというもの。登場機体は当時の最新鋭機であったF-22とYF-23を含めた全23機が収録。独特なカラーリングも特徴的です。架空機的な超巨大空中要塞や、渓谷飛行などシリーズの特徴(新谷かおるの戦闘機漫画『エリア88』的な影響も随所に見られる)を揃えている作品です。

■『エースコンバット2』


『エースコンバット2』は1997年5月にPlayStationでリリースされたタイトル。プログラマの努力により多くのポリゴンが使用可能となった他にも、厚木における航空ショーの取材から得られた資料がフライトモデルに反映されています。グラフィックが大きな進化を遂げ遠景や海面までテクスチャで描写。F-14などの可変翼やエアブレーキなどがアニメーションすることが新要素です。実機のF-22やF-14、Su-35や、架空機のXFA-27を含む合計24機を収録。またエース機的な存在のコマンド機Z.O.E.やEDGEことケイ・ナガセ、架空機のADF-01、USEA(ユナイテッド・ステイツ・ユーロ・アジア)大陸の原型も初登場しています。

■『エースコンバット3 エレクトロスフィア』


1999年5月にPlayStationで発売された3作品目。シナリオや舞台設定が大幅に強化され、5つのルートと全52ミッションを備えたマルチエンディングが特徴のSF色が強いタイトル(脚本は佐藤大)です。あらすじは、2040年のUSEA大陸を舞台に治安維持部隊UPEOの特別航空隊SARFに所属する“NEMO”(名前は任意に変更可能)が、国家の枠組みさえも崩壊させた超巨大企業ゼネラル・リソースと、彼らから離反した先進企業ニューコムにおける紛争の間で生まれた陰謀やクーデターに巻き込まれていくというもの。

現実の戦闘機を基に未来的なフォルムを持たせた機体や、独特なシルエットを持つRナンバー戦闘機があります。テキスト情報の他にも、カットシーンや状況を伝えるニュースなどがアニメで表現されていることも特徴的です(アニメ制作はProduction I.G)。またエリック(CV: 保志総一朗)の「レナはフランカーに乗れていいよな」や、キース(CV: 中村大樹)の「挟まっちまった」など名台詞も多いです。

次ページ:PS2/PSP/Xbox 360でリリースされた人気の高い5タイトルを解説!
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【今から遊ぶ不朽のRPG】第12回『Diablo』(1996)

    【今から遊ぶ不朽のRPG】第12回『Diablo』(1996)

  2. 【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

    【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

  3. 現実は『LEFT ALIVE』の世界に近づいているか?―ロボット研究の第一人者・坂本元氏が見るヴァンツァー

    現実は『LEFT ALIVE』の世界に近づいているか?―ロボット研究の第一人者・坂本元氏が見るヴァンツァー

  4. 【特集】見れる!着られる!付けられる!『ゲーマー向けグッズ』10選

  5. 【年末企画】『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20 (2016年)

  6. 【急募】Game*Sparkのデイリーニュース&特集記事ライターを募集中!

  7. コアゲーマーの声求む!「ゲームPCアワード 2019」投票受付開始…抽選でAmazonギフト券5000円プレゼント

  8. BIG4を超えるオリジナルキャラで世界をとれ!臨場感たっぷりの『テニス ワールドツアー』の魅力

  9. シングルFPS『メトロ エクソダス』はここが凄い!シリーズ初体験でも分かる世紀末モスクワの魅力

  10. 【2019/2/15更新】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

アクセスランキングをもっと見る

page top