『龍が如く』シリーズ海外カルト人気再燃か、旧作4本が北米で再販 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『龍が如く』シリーズ海外カルト人気再燃か、旧作4本が北米で再販

ゲーム文化 懐ゲー

『龍が如く』シリーズ海外カルト人気再燃か、旧作4本が北米で再販
  • 『龍が如く』シリーズ海外カルト人気再燃か、旧作4本が北米で再販
海外メディアの報道より、セガの極道アクションアドベンチャーシリーズ『龍が如く(Yakuza)』の一部過去作品が北米向けに再発売されたと伝えられています。

海外ではある種のカルト的人気を誇る『龍が如く』ですが、GameIdealistによれば、初代『龍が如く』から2作目、3作目、そして『龍が如く4 伝説を継ぐもの』が北米Amazonで改めてリリースされているとのこと。『龍が如く』シリーズは国内/海外発売タイミングに数年の差異が生じることもあるものの、コアなファンからの期待度が高く『龍が如く 極』『龍が如く6 命の詩。』発表の際にも大きな話題となっていました。

なお、現在発売中のナンバリング最新作である『龍が如く6 命の詩。』は海外では2018年にリリース予定。映画やドラマのような「極道」を描くアクションアドベンチャーゲームの海外からの反響は、国内のゲーマーにとっても気になるところではないでしょうか。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 28 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『GTA V』向け『RDR』マップ再現Modが公開停止

    『GTA V』向け『RDR』マップ再現Modが公開停止

  2. “プレイヤーの性格を武器にする”3D ACT『Last Standard』対応のマストドン新インスタンス登場

    “プレイヤーの性格を武器にする”3D ACT『Last Standard』対応のマストドン新インスタンス登場

  3. 『ウイイレ 2017』アジア頂点が決まったe-Sports大会レポ―北澤豪にもインタビュー!

    『ウイイレ 2017』アジア頂点が決まったe-Sports大会レポ―北澤豪にもインタビュー!

  4. 『レインボーシックス シージ』PC版大会「JCG Master Monthly Ops -May-」が5月14日に開催

  5. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  6. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  7. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  8. 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top