『CS:GO』が今夏より「Source 2」エンジンを採用―中国向けプレゼンで明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CS:GO』が今夏より「Source 2」エンジンを採用―中国向けプレゼンで明らかに

Steamで2番目にプレイヤー数が多い人気対戦FPS『Counter-Strike: Global Offensive』ですが、デベロッパーのValveは中国での展開に向けたプレゼンテーションにおいて、今夏より「Source 2」エンジンを採用することを明らかにしました。

PC Windows
『CS:GO』が今夏より「Source 2」エンジンを採用―中国向けプレゼンで明らかに
  • 『CS:GO』が今夏より「Source 2」エンジンを採用―中国向けプレゼンで明らかに
  • 『CS:GO』が今夏より「Source 2」エンジンを採用―中国向けプレゼンで明らかに

Steamで2番目にプレイヤー数が多い人気対戦FPS『Counter-Strike: Global Offensive』ですが、デベロッパーのValveは中国での展開に向けたプレゼンテーションにおいて、今夏より「Source 2」エンジンを採用することを明らかにしました。


現時点でSource 2採用による変化は伝えられていないものの、一足先に同エンジンを採用した『Dota 2』では、レンダリングの改善やパフォーマンスの最適化などの特徴がアピールされていました。なお、本件を報じたPVP Liveは、Source 2では物理エンジンが“Havok“から“Rubikon”に変更される点に注目。プレイヤーや手榴弾の挙動が僅かに変化し、それがコンペティティブに大きな影響を与えてしまうのではないかと懸念を示しています。

Source 2を採用した『Dota 2』用の新たなエディタ

新たなオペレーションの登場も予定されているという『Counter-Strike: Global Offensive』。さらなる詳細は今後の続報に期待です。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 現代戦FPS新作『World War 3』の早期アクセス開始日が決定!価格も明らかに

    現代戦FPS新作『World War 3』の早期アクセス開始日が決定!価格も明らかに

  2. DMM版『Identity V』プレイレポ!PCで遊ぶ『第五人格』はどう変化した?【TGS2018】

    DMM版『Identity V』プレイレポ!PCで遊ぶ『第五人格』はどう変化した?【TGS2018】

  3. 『PUBG』テストサーバーにリージョンロックを導入―ランクシステムも実装

    『PUBG』テストサーバーにリージョンロックを導入―ランクシステムも実装

  4. PC版『デビル メイ クライ 5』Steamにて予約販売開始!動作環境の情報を公開

  5. ローグライクなホームレスサバイバル『CHANGE』早期アクセス開始! あなたならどうする?

  6. 新作ミリタリーFPS『World War 3』12分の新規ゲームプレイ映像!【gamescom 2018】

  7. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  8. 銃使うんかい!動物バトルロイヤル『Super Animal Royale』が10月にSteam配信

  9. 『Dead by Daylight』待望の日本テーマDLC「断絶した血脈」配信開始―1週間無料体験と50%オフセールも同時開催

  10. サイバーパンクADV続編『N1RV ANN-A』日本語版正式発表!『VA-11 HALL-A』PS4/スイッチ版も

アクセスランキングをもっと見る

page top