『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に

アトラスは、同社の人気RPG『ペルソナ5』の海外ストリーマー向け映像配信ガイドラインを改訂し、ゲーム内時間11/19日以前の内容について自由に配信可能としています。

家庭用ゲーム PS4
『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に
  • 『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に
アトラスは、同社の人気RPG『ペルソナ5』の海外ストリーマー向け映像配信ガイドラインを改訂し、ゲーム内時間11月19日以前の内容について自由に配信可能としています。

同作は、ネタバレ防止のために、ゲーム内時間の7月7日(国内ではゲームのオープニング)以降の映像配信に対し、ストリーマーへの厳しい規制を敷いていることが知られていました。

アトラスは、多くのニュース記事の掲載や、映像投稿、多数のメールを通じて映像配信ガイドライン変更の要望を受け取ったことに驚きを示しながらも、伝えられた問題へ対応するために今回の改訂を決定したとのこと。改訂では、ファンたちががネタバレを恐れること無くゲームを楽しめるようにするという、元々の目的を尊重しながらも最大限の配信を可能とするため「ゲームが最終章に突入する、ゲーム内時間11月19日の終わり以降の配信を控えるようにお願いします。」と、ゲームの配信可能な範囲を広げると共に、柔らかい内容でそれ以外の部分の配信の自粛をお願いしています。

また、同ガイドラインの公開はストリーマーに適切な情報を提供するためであり、著作権侵害の訴えで人々を脅かすことは決して意図にないとして、以前のガイドラインについて“脅威”として捉えてしまったユーザーたちへ謝罪を行いました。

なお、今回発表されたガイドラインはあくまで海外ストリーマー向けのものであり、本記事執筆時点では国内向けのガイドライン改訂の発表はされていないことには注意です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS5/PC向けルータースラッシャー『Godfall』リーク映像は「1年前の社内向けPC版映像」

    PS5/PC向けルータースラッシャー『Godfall』リーク映像は「1年前の社内向けPC版映像」

  2. 『キングダム ハーツ III』追加DLC「Re Mind」公式サイトで新情報! 様々なバトル制限を設定できる「プレミアムメニュー」など紹介

    『キングダム ハーツ III』追加DLC「Re Mind」公式サイトで新情報! 様々なバトル制限を設定できる「プレミアムメニュー」など紹介

  3. 『聖剣伝説3  TRIALS of MANA』海外キャラクタースポットライト映像第3弾公開―リース&ホークアイを紹介

    『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』海外キャラクタースポットライト映像第3弾公開―リース&ホークアイを紹介

  4. 『機動戦士ガンダムVS.』シリーズの家庭版最新作『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』発表!PS4向けに2020年発売

  5. PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

  6. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  7. ホラーADV『夕鬼 零 -Yuoni:ゼロ-』ニンテンドースイッチ版が2月6日にリリースーワケあり小学生の視点で描かれる平成初期の恐怖体験

  8. 『シェンムーIII』DLC「バトルラリー」配信開始―初回会話スキップなど追加するアップデートも

  9. PS4『モンハンワールド:アイスボーン』に3月20日よりUSJコラボ装備「EX蒼世ノ侍α」シリーズが登場

  10. 『FE 風花雪月』DLC「煤闇の章」に、三学級の級長や「リンハルト」「アッシュ」「ヒルダ」も参戦!

アクセスランキングをもっと見る

page top