『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に

アトラスは、同社の人気RPG『ペルソナ5』の海外ストリーマー向け映像配信ガイドラインを改訂し、ゲーム内時間11/19日以前の内容について自由に配信可能としています。

家庭用ゲーム PS4
『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に
  • 『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に
アトラスは、同社の人気RPG『ペルソナ5』の海外ストリーマー向け映像配信ガイドラインを改訂し、ゲーム内時間11月19日以前の内容について自由に配信可能としています。

同作は、ネタバレ防止のために、ゲーム内時間の7月7日(国内ではゲームのオープニング)以降の映像配信に対し、ストリーマーへの厳しい規制を敷いていることが知られていました。

アトラスは、多くのニュース記事の掲載や、映像投稿、多数のメールを通じて映像配信ガイドライン変更の要望を受け取ったことに驚きを示しながらも、伝えられた問題へ対応するために今回の改訂を決定したとのこと。改訂では、ファンたちががネタバレを恐れること無くゲームを楽しめるようにするという、元々の目的を尊重しながらも最大限の配信を可能とするため「ゲームが最終章に突入する、ゲーム内時間11月19日の終わり以降の配信を控えるようにお願いします。」と、ゲームの配信可能な範囲を広げると共に、柔らかい内容でそれ以外の部分の配信の自粛をお願いしています。

また、同ガイドラインの公開はストリーマーに適切な情報を提供するためであり、著作権侵害の訴えで人々を脅かすことは決して意図にないとして、以前のガイドラインについて“脅威”として捉えてしまったユーザーたちへ謝罪を行いました。

なお、今回発表されたガイドラインはあくまで海外ストリーマー向けのものであり、本記事執筆時点では国内向けのガイドライン改訂の発表はされていないことには注意です。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 42 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

    Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

  2. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

    『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  3. コミカルなアクション、しかし忠実に西遊記を描く日中共同プロジェクト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』メディアセッション【TGS2018】

    コミカルなアクション、しかし忠実に西遊記を描く日中共同プロジェクト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』メディアセッション【TGS2018】

  4. 『フォートナイト』謎のキューブが溶解!?ルートレイクを侵食し、湖は紫に変質…

  5. 『フォートナイト』ニンテンドースイッチ本体バンドル版が海外で発表、ユニークな衣装もついてくる!

  6. スパロボメカACT『HARDCORE MECHA』シングルモード体験レポ―期待通り、“お約束”たっぷりの仕上がりに!【TGS2018】

  7. 『アサシン クリード オデッセイ』ギリシア神話研究家 藤原シシンさんが語るコメンタリー動画が公開

  8. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

  9. 『レッド・デッド・リデンプション2』には一人称視点モードが搭載!―海外ハンズオンで判明

  10. PS4新作『GUNGRAVE GORE』はハーフ・オープンワールドに―IGGYMOBセッションレポート【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top