『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に

アトラスは、同社の人気RPG『ペルソナ5』の海外ストリーマー向け映像配信ガイドラインを改訂し、ゲーム内時間11/19日以前の内容について自由に配信可能としています。

家庭用ゲーム PS4
『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に
  • 『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に
アトラスは、同社の人気RPG『ペルソナ5』の海外ストリーマー向け映像配信ガイドラインを改訂し、ゲーム内時間11月19日以前の内容について自由に配信可能としています。

同作は、ネタバレ防止のために、ゲーム内時間の7月7日(国内ではゲームのオープニング)以降の映像配信に対し、ストリーマーへの厳しい規制を敷いていることが知られていました。

アトラスは、多くのニュース記事の掲載や、映像投稿、多数のメールを通じて映像配信ガイドライン変更の要望を受け取ったことに驚きを示しながらも、伝えられた問題へ対応するために今回の改訂を決定したとのこと。改訂では、ファンたちががネタバレを恐れること無くゲームを楽しめるようにするという、元々の目的を尊重しながらも最大限の配信を可能とするため「ゲームが最終章に突入する、ゲーム内時間11月19日の終わり以降の配信を控えるようにお願いします。」と、ゲームの配信可能な範囲を広げると共に、柔らかい内容でそれ以外の部分の配信の自粛をお願いしています。

また、同ガイドラインの公開はストリーマーに適切な情報を提供するためであり、著作権侵害の訴えで人々を脅かすことは決して意図にないとして、以前のガイドラインについて“脅威”として捉えてしまったユーザーたちへ謝罪を行いました。

なお、今回発表されたガイドラインはあくまで海外ストリーマー向けのものであり、本記事執筆時点では国内向けのガイドライン改訂の発表はされていないことには注意です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』月額課金プラン「Fallout 1st」登場!プライベートワールドなどの利用が可能に

    『Fallout 76』月額課金プラン「Fallout 1st」登場!プライベートワールドなどの利用が可能に

  2. 『エースコンバット7』DLC第5弾「Anchorhead Raid」配信!エルジア残存艦隊へ奇襲攻撃だ

    『エースコンバット7』DLC第5弾「Anchorhead Raid」配信!エルジア残存艦隊へ奇襲攻撃だ

  3. 『十三機兵防衛圏』シミュレーションパートも収録した体験版を10月30日より配信…『プロローグ』セーブデータがあると約6時間プレイ可能

    『十三機兵防衛圏』シミュレーションパートも収録した体験版を10月30日より配信…『プロローグ』セーブデータがあると約6時間プレイ可能

  4. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  5. 海外プロレスゲーム最新作『WWE 2K20』発売! 中邑真輔やアスカ&カイリなど日本人選手も参戦

  6. 【特集】PS5の次の展開はどうなる?PS4の発表&発売を振り返って予想してみよう

  7. 『ゼルダの伝説 夢をみる島』原作の小ネタ&裏技は残ってるの? 気になるところを検証してみた

  8. 太平洋戦線描く『バトルフィールドV』チャプター5のトレイラーが近日公開! 予告映像披露

  9. 発売迫る『P5R』のTVCMがお披露目! 新キャラ「芳澤かすみ」や新スポット「吉祥寺」などのシーンも収録

  10. 様々な進化を遂げた『ドラクエXI S』本日9月27日発売!シリーズ原点「ロト伝説三部作」もスイッチにて配信開始

アクセスランキングをもっと見る

1
page top