『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に

アトラスは、同社の人気RPG『ペルソナ5』の海外ストリーマー向け映像配信ガイドラインを改訂し、ゲーム内時間11/19日以前の内容について自由に配信可能としています。

家庭用ゲーム PS4
『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に
  • 『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に
アトラスは、同社の人気RPG『ペルソナ5』の海外ストリーマー向け映像配信ガイドラインを改訂し、ゲーム内時間11月19日以前の内容について自由に配信可能としています。

同作は、ネタバレ防止のために、ゲーム内時間の7月7日(国内ではゲームのオープニング)以降の映像配信に対し、ストリーマーへの厳しい規制を敷いていることが知られていました。

アトラスは、多くのニュース記事の掲載や、映像投稿、多数のメールを通じて映像配信ガイドライン変更の要望を受け取ったことに驚きを示しながらも、伝えられた問題へ対応するために今回の改訂を決定したとのこと。改訂では、ファンたちががネタバレを恐れること無くゲームを楽しめるようにするという、元々の目的を尊重しながらも最大限の配信を可能とするため「ゲームが最終章に突入する、ゲーム内時間11月19日の終わり以降の配信を控えるようにお願いします。」と、ゲームの配信可能な範囲を広げると共に、柔らかい内容でそれ以外の部分の配信の自粛をお願いしています。

また、同ガイドラインの公開はストリーマーに適切な情報を提供するためであり、著作権侵害の訴えで人々を脅かすことは決して意図にないとして、以前のガイドラインについて“脅威”として捉えてしまったユーザーたちへ謝罪を行いました。

なお、今回発表されたガイドラインはあくまで海外ストリーマー向けのものであり、本記事執筆時点では国内向けのガイドライン改訂の発表はされていないことには注意です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

    PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

  2. 沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

    沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

  3. 『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

    『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

  4. 『ドラゴンボール ゼノバース 2』無料で楽しめるLite版がPS4向けに登場!―製品版とのマッチングやデータ引継ぎも可能

  5. 『Gears of War 4』年内発売予定の新作『5』で使用可能なスキンとキャラが報酬のイベントを開催!

  6. 『Anthem』今後の展開が予告―"天変地異"に向けワールドイベント、ストーリーなどを開発中

  7. 『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

  8. PS4版『龍が如く5 夢、叶えし者』6月20日発売決定! 五大都市を舞台にした“壮大な物語”再び

  9. 『ぷよぷよeスポーツ』無料アップデートで新モード「チャレンジ」を追加!「いきいき茨城ゆめ国体」の競技タイトルを体験しよう

  10. コナミ50周年記念『アニバーサリーコレクション』シリーズPS4/XB1/スイッチ/Steam向け発表―あの名作が現代ハードに

アクセスランキングをもっと見る

1
page top