インディー新作『Prey for the Gods』がベセスダとの商標争いで名称変更 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

インディー新作『Prey for the Gods』がベセスダとの商標争いで名称変更

アメリカのインディーデベロッパーNo Matter Studiosが開発を手掛ける『ワンダと巨像』風の新作『Prey for the Gods』。本作がBethesdaおよびZenimaxとの商標争いによりタイトル変更になったと報告されています。

ゲーム文化 カルチャー
インディー新作『Prey for the Gods』がベセスダとの商標争いで名称変更
  • インディー新作『Prey for the Gods』がベセスダとの商標争いで名称変更
アメリカのインディーデベロッパーNo Matter Studiosが開発を手掛ける『ワンダと巨像』風の新作ゲーム『Prey for the Gods』。本作のタイトル名が、BethesdaおよびZenimaxとの商標争いにより、変更になったと報告されています。

Arkane Studiosの新作でBethesda Softworksより発売される新作『Prey』に関連したとみられる今回の商標争いによって、『Prey for the Gods』は『Praey for the Gods』へと作品名が変更。ただし、女性が"e"を表していた印象的なロゴは、名称が変わってもそのままのデザインで維持されるということです。

No Matter Studiosのニュースレターによると、同開発元は、商標に関して争うことにも検討していたそうですが、係争費用が高額なこと、そして以前行ったKickstarterで得た貴重な資金(501,252ドルを調達)を、開発者やバッカーの報酬にならないものに使うことは、恐ろしくて価値がない、という考えに至ったとしています。

当初、本作のタイトルは『Prey for the Gods』あるいは『Praey for the Gods』(※aeは合字。依存文字のためaeとしています)の2案ありましたが、後者のタイトルは検索する際に苦労するかもしれないという考えからどちらも商標申請していたとのことです。

新しく再スタートを切った『Praey for the Gods』はPS4/Xbox One/PCを対象に開発中。現在はKickstarter向けクローズドアルファの制作を進めており、製品版は2017年12月のリリースを目指しています。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. デンマーク献血団体が『Bloodborne』とコラボ!ソフトや限定PS4本体プレゼント

    デンマーク献血団体が『Bloodborne』とコラボ!ソフトや限定PS4本体プレゼント

  2. Insomniac Gamesのクレイグ・グッドマン氏が逝去―『ラチェット&クランク』、『Marvel's Spider-Man』

    Insomniac Gamesのクレイグ・グッドマン氏が逝去―『ラチェット&クランク』、『Marvel's Spider-Man』

  3. 雄大な自然の中でキノコを収穫する『Morels: The Hunt』が配信開始! 動物の写真撮影も可能

    雄大な自然の中でキノコを収穫する『Morels: The Hunt』が配信開始! 動物の写真撮影も可能

  4. 毎年恒例の祭典「PlayStation Awards 2019」12月3日開催!ユーザーズチョイス賞の投票受け付けスタート

  5. 「ウェアハウス川崎」11月17日閉店へ―香港・九龍城砦を再現した有名ゲームセンター

  6. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  7. Tシャツや弾丸USBがあたる『ゴーストリコン ブレイクポイント』「ゴースト流肝試し」キャンペーンが開催

  8. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  9. 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top