インディー新作『Prey for the Gods』がベセスダとの商標争いで名称変更 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

インディー新作『Prey for the Gods』がベセスダとの商標争いで名称変更

アメリカのインディーデベロッパーNo Matter Studiosが開発を手掛ける『ワンダと巨像』風の新作『Prey for the Gods』。本作がBethesdaおよびZenimaxとの商標争いによりタイトル変更になったと報告されています。

ゲーム文化 カルチャー
インディー新作『Prey for the Gods』がベセスダとの商標争いで名称変更
  • インディー新作『Prey for the Gods』がベセスダとの商標争いで名称変更
アメリカのインディーデベロッパーNo Matter Studiosが開発を手掛ける『ワンダと巨像』風の新作ゲーム『Prey for the Gods』。本作のタイトル名が、BethesdaおよびZenimaxとの商標争いにより、変更になったと報告されています。

Arkane Studiosの新作でBethesda Softworksより発売される新作『Prey』に関連したとみられる今回の商標争いによって、『Prey for the Gods』は『Praey for the Gods』へと作品名が変更。ただし、女性が"e"を表していた印象的なロゴは、名称が変わってもそのままのデザインで維持されるということです。

No Matter Studiosのニュースレターによると、同開発元は、商標に関して争うことにも検討していたそうですが、係争費用が高額なこと、そして以前行ったKickstarterで得た貴重な資金(501,252ドルを調達)を、開発者やバッカーの報酬にならないものに使うことは、恐ろしくて価値がない、という考えに至ったとしています。

当初、本作のタイトルは『Prey for the Gods』あるいは『Praey for the Gods』(※aeは合字。依存文字のためaeとしています)の2案ありましたが、後者のタイトルは検索する際に苦労するかもしれないという考えからどちらも商標申請していたとのことです。

新しく再スタートを切った『Praey for the Gods』はPS4/Xbox One/PCを対象に開発中。現在はKickstarter向けクローズドアルファの制作を進めており、製品版は2017年12月のリリースを目指しています。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 世界で一番早くパンを焼きたい!『ゼルダの伝説 BotW』のRTA新カテゴリー

    世界で一番早くパンを焼きたい!『ゼルダの伝説 BotW』のRTA新カテゴリー"Bread%"が流行の兆し

  2. 『サイバーパンク2077』をセルシェーディングにしたら『ボーダーランズ』になっちゃった!?

    『サイバーパンク2077』をセルシェーディングにしたら『ボーダーランズ』になっちゃった!?

  3. イライラすると負け続ける理由はこれ?怒るよりも楽しい気持ちでプレイする方が対戦で勝ちやすい可能性、研究で示唆

    イライラすると負け続ける理由はこれ?怒るよりも楽しい気持ちでプレイする方が対戦で勝ちやすい可能性、研究で示唆

  4. タワーディフェンス要素も備えたローグライトACT『Tunnel of Doom』発表!

  5. 巣ごもりで「健康的に」ゲームをプレイするには―ゲーマーに多い病気や対処法を紹介

  6. 実写映画版「モータルコンバット」新作の場面写真を初披露! 真田広之の登場シーンも

  7. これが“知恵”か…『ゼルダの伝説 BotW』「口笛」を利用した新たな漁の方法が見つかる

  8. 宇宙臓器売買ストラテジー『Space Warlord Organ Trading Simulator』発表!

  9. 非対称マルチプレイサバイバルホラー『Monstrum 2』早期アクセス開始日決定!

  10. 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top