辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定

ゲーム文化 インディーゲーム

辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定
  • 辛口ACT『吾妻邸くわいだん』が「東京インディーフェス 2017」に出展決定

デベロッパー求道庵(ぐどうあん)は、開発中の3Dアクションアドベンチャー『吾妻邸くわいだん』をインディーゲームイベント「東京インディーフェス 2017」に出展すると発表しました。


「東京インディーフェス 2017」は、2017年5月13日、5月14日(一般公開日:5月14日)にUDX アキバ・スクエアにて開催されるイベント。デザイナー田口求道氏が個人で活動している求道庵は、現在開発中の3Dアクション・アドベンチャーゲーム『吾妻邸くわいだん』をプレイアブル出展(ブース: F 10)する予定です。



■『吾妻邸くわいだん』
本格派の3Dアクションに、ポイント・クリック式のアドベンチャーを融合させ、とても辛口に仕上げたゲームです。爽快感ばかりが追い求められる昨今のアクションゲームの風潮に反し、”緊張感を味わう事”を重視した独特のゲームスタイルが特徴です。襲い来る様々な妖鬼たちや、邸に仕掛けられた巧妙なカラクリの数々。幾多の難関がプレイヤーの行く手を阻みますが、立ちはだかるそれらの難関を乗り越えた先に大きなカタルシスが味わえる、そんな作品となっています。



『吾妻邸くわいだん』はWindowsを対象に2017年配信予定。公式サイトでは、スクリーンショットやムービーが掲載されています。なお、記事執筆時点で本作体験版は、Unity環境への移植のため、配信を停止しているとのことです。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』ドラマシリーズ放映は2020年、全8話予定に

    『ウィッチャー』ドラマシリーズ放映は2020年、全8話予定に

  2. shroudが「Cloud9」離脱―『CS:GO』競技シーンから正式にリタイア

    shroudが「Cloud9」離脱―『CS:GO』競技シーンから正式にリタイア

  3. 『DOOM』再び映画化か、女優Nina Bergmanがユニバーサルとの契約を伝える

    『DOOM』再び映画化か、女優Nina Bergmanがユニバーサルとの契約を伝える

  4. ロシアでTwitch/Steam/Twitterなど一部がアクセス遮断対象に―暗号化チャットの禁止余波か

  5. カオスな探索RPG新作『KNUCKLE SANDWICH』のKickstarterが開始!

  6. PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加

  7. 米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」

  8. 全米高等学校連盟が“e-Sports”を競技として採択―シュータータイトルは適応外

  9. NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言

  10. 『フォートナイト』トップストリーマーNinja、1か月の収入は驚愕の50万ドル

アクセスランキングをもっと見る

page top