米国4月度トップセールスは『マリオカート8 デラックス』、海外版「ミニファミコン」がPS4/XB1凌ぐ勢い | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国4月度トップセールスは『マリオカート8 デラックス』、海外版「ミニファミコン」がPS4/XB1凌ぐ勢い

NPD Groupの報告より、『マリオカート8 デラックス』が米国で4月中、最も多く販売されたゲームタイトルであると伝えられています。

ニュース ゲーム業界
米国4月度トップセールスは『マリオカート8 デラックス』、海外版「ミニファミコン」がPS4/XB1凌ぐ勢い
  • 米国4月度トップセールスは『マリオカート8 デラックス』、海外版「ミニファミコン」がPS4/XB1凌ぐ勢い
NPD Groupの報告より、『マリオカート8 デラックス』が米国で4月中、最も多く販売されたゲームタイトルであると伝えられています。
    ■2017年4月度米国ゲーム売上ランキング(NPD調べ。*付きはフィジカル版のみ)
    1.『Mario Kart 8 Deluxe』*
    2.『Persona 5』*
    3.『Legend of Zelda: Breath of the Wild』*
    4.『MLB The Show 17』
    5.『Ghost Recon: Wildlands』
    6.『Grand Theft Auto V』
    7.『Mass Effect: Andromeda』
    8.『NBA 2K17』
    9.『Overwatch』*
    10.『Call of Duty: Black Ops II』
『マリオカート8 デラックス』を追う形でランクインしたのは『ペルソナ5』、『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』『MLB The Show 17』など。『マリオカート8 デラックス』はパッケージ版で46万本以上、ダウンロード版で約9万本を販売していたとのことですが、このセールス記録はNPD調査期間のうち「4月28日~29日」のみがカウントされており、僅か2日間分のデータだと伝えられています。

ハードウェアではニンテンドースイッチの販売台数が28万台以上に達しており、次点には「NES Classic」が米国で4月度に2番目に多く販売されたハードとしてランクイン。PS4とXbox Oneを凌ぐ勢いを見せたと報じられていますが、その販売台数は明かされていません。ハードウェア、ソフトウェア、その他アクセサリーの消費支出は先月度から10%増の6億3,600万ドル。2ヶ月連続の増加は2015年11月度以来のことだと報じられています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  2. 『侍道』シリーズ外伝作品『侍道外伝 KATANAKAMI』発表!スパイク・チュンソフト×アクワイアが再び“侍の生き様”を描く

    『侍道』シリーズ外伝作品『侍道外伝 KATANAKAMI』発表!スパイク・チュンソフト×アクワイアが再び“侍の生き様”を描く

  3. 『モンハンワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種より入手できる素材に表記ミス─「Unavailable」と書かれたアイテムはそのまま保管を

    『モンハンワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種より入手できる素材に表記ミス─「Unavailable」と書かれたアイテムはそのまま保管を

  4. 『仁王2』オープンβ体験版が11月1日~10日に配信決定!新ステージ&新妖怪が登場

  5. 『アトリエ』シリーズの「黄昏」三部作DX版がPS4/スイッチ/Steam向けに発売決定!

  6. 「日本ゲーム大賞2019」フューチャー部門の受賞作品が決定!『サイバーパンク2077』『DEATH STRANDING』など11作品【TGS2019】

  7. 『ヴァンブレイス:コールドソウル』開発インタビュー!未経験から始まったスタジオの軌跡【TGS2019】

  8. 『テイルズ オブ アライズ』新キャラクターの後ろ姿も…!TGS2019ステージ特別映像公開!

  9. 『ボーダーランズ 3』過去シリーズキャラの吹替声優は全て続投―山路和弘/檜山修之ら新キャストも発表

  10. シューター版の新作『Plants vs. Zombies: Battle for Neighborville』正式発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top