ダークファンタジー2Dアクション『Blasphemous』Kickstarterに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ダークファンタジー2Dアクション『Blasphemous』Kickstarterに登場

インディーデベロッパーThe Game Kitchenは、新作2Dアクション『Blasphemous』のKickstarterキャンペーンを進行中です。

ゲーム文化 Kickstarter
ダークファンタジー2Dアクション『Blasphemous』Kickstarterに登場
  • ダークファンタジー2Dアクション『Blasphemous』Kickstarterに登場

インディーデベロッパーThe Game Kitchenは、新作2Dアクション『Blasphemous』のKickstarterキャンペーンを進行中です。

本作はテンポの速いスキルコンバットやハック&スラッシュの要素を取り入れたピクセルアートアクションゲーム。『Dark Souls』シリーズや『Salt and Sanctuary』などを彷彿とさせるダークファンタジー調の世界は、暗く、残忍で、何者かに抱きかかえられた巨大な赤子のボスなどが登場しています。

記事執筆時点で28日を残している本キャンペーンは、1,155人から36,096ドル(初期目標50,000ドル)を調達しています。支援できるのは1ドルからで、製品版が実際に受け取れるのは15ドルの「The Penitent - EARLY BIED」コースからですが、既に事前用意数が埋まっており、実質的に最も安く製品版がダウンロードできるのは20ドルの「The Penitent」コースのようです。なお、最も高いのはスペイン、セビージャの3日間ガイドツアーなどが含まれる1,500ドルの「The Blasphemer」とのこと。

また、『Blasphemous』は複数のプロトタイプやテスト版をバッカー向けに配信する予定で、配信時期が段階的に分かれています。
    プロダクションマイルストーン
  • 2017年6月: Aestethicsプロトタイプ(キャンペーンが成功すれば、すべてのバッカーが利用可能)
  • 2017年9月: ナラティブプロトタイプ (40ドルの「The Disciple」コース以上が対象).
  • 2017年11月: プレイヤープログレッションプロトタイプ(40ドルの「The Disciple」コース以上が対象)
  • 2018年Q2: アルファ(40ドルの「The Disciple」コース以上が対象)
  • 2018年Q3: ベータ(25ドルの「The Follower」コース以上が対象)
  • 2019年Q1: グローバルローンチ

『Blasphemous』の対象機種はWindows/OSX(Mac)/Linuxとなっていますが、PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ向け移植はストレッチゴールとして登場する模様。しかしながら、ストレッチゴールの詳細自体がほとんど明らかとなっておらず、必要な支援額等は現時点では不明です。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 死せるゲンジ、生ける敵達をオールキル…『オーバーウォッチ』海外プレイヤーが死に体ゲンジでスーパープレイ披露

    死せるゲンジ、生ける敵達をオールキル…『オーバーウォッチ』海外プレイヤーが死に体ゲンジでスーパープレイ披露

  2. 自分だけの超高層ビルを建設・管理出来る『Mad Tower Tycoon』Steam早期アクセス開始!

    自分だけの超高層ビルを建設・管理出来る『Mad Tower Tycoon』Steam早期アクセス開始!

  3. 『ニーア オートマタ』間もなく予約開始のドール「2B」「9S」語る齊藤・ヨコオ氏らインタビューが公開

    『ニーア オートマタ』間もなく予約開始のドール「2B」「9S」語る齊藤・ヨコオ氏らインタビューが公開

  4. 『Fallout 76』Vault-boy型の香炉が海外ストアにて予約開始ーそれカリカリ反応しない?

  5. 『ニーア オートマタ』2B&9Sのドールが10月20日から予約開始―「ドルフィードリーム」シリーズから!

  6. 怪作『The Stanley Parable』「5年間プレイしない」実績が解除可能に―リリースから5年が経過

  7. 普通の作物にはもう飽きた?『Stardew Valley』に大麻を栽培できるModが登場!―売人にだってなれる

  8. 思わずごっこ遊びしたくなってしまうクオリティ!『フォートナイト』実写ファンムービー

  9. 開発スタッフが語る『Ghost of Tsushima』(仮称)で描かれる美しい日本―侍は武士道が通用しない敵にどう立ち向かう?【E3 2018】

  10. 「偽グラボ」にご用心?有名ソフト「GPU-Z」に偽グラフィックボード検出機能が搭載

アクセスランキングをもっと見る

page top