渦中の『GTA V』有志Modツール「Open IV」が公開再開!―騒動はこれで幕引きか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

渦中の『GTA V』有志Modツール「Open IV」が公開再開!―騒動はこれで幕引きか

すったもんだの騒動で公開停止になっていたRockstarタイトル向け有志Modツール「Open IV」ですが、先週末より再び公式サイトからのダウンロードが可能となったようです。

ゲーム文化 Mod
渦中の『GTA V』有志Modツール「Open IV」が公開再開!―騒動はこれで幕引きか
  • 渦中の『GTA V』有志Modツール「Open IV」が公開再開!―騒動はこれで幕引きか

すったもんだの騒動で公開停止になっていたRockstarタイトル向け有志Modツール「Open IV」ですが、先週末より再び公式サイトからのダウンロードが可能となったようです。

今回の騒動はRockstar Gamesの親会社であるTake-Two Interactiveからの法的要請により、「Open IV」の公開および開発が停止されたことから始まります。本ツールはModを楽しむ上で多くのゲーマーに利用されていたため、コミュニティから多くの反発が起こり、Steamレビューの評価が“不評”となったり、オンライン署名活動が行われました。

後にRockstar Gamesは「Open IV」が『GTAオンライン』で悪用される可能性を公開停止の理由として挙げるとともに(※)、シングルプレイヤーModに関しては条件付きで黙認する姿勢を表明。また、「Open IV」の開発チームと協議を進めることを伝えていました

(※)「Open IV」が『GTAオンライン』で悪用された可能性については開発メンバーのKrivoruchko氏も認めており、海外メディアMotherboardにその方法を伝えた(内容は非公開)。

Take-Two Interactive/Rockstar Gamesと「Open IV」開発チームとの間でどのような協議が行われたのかは不明ですが、公開再開により今回の騒動はこれにて幕引きとなるのではないでしょうか。「雨降って地固まる」と言うように、今まで以上に平和的な共存関係が続いてほしいですね。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

    海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

  2. ワーナー・ブラザースが『モータルコンバット』のアニメ映画を制作中―2020年上半期に公開予定

    ワーナー・ブラザースが『モータルコンバット』のアニメ映画を制作中―2020年上半期に公開予定

  3. 同人STG『カンブリアソード』が博物館に展示―宇宙と地球の140億年史をテーマにした展示会で

    同人STG『カンブリアソード』が博物館に展示―宇宙と地球の140億年史をテーマにした展示会で

  4. 『エースコンバット7』コトブキヤ1/144「X-02S」レビュー…ディテール強化とロール軸追加で展示しやすさも向上!【ゲーム系プラモって実際どう?】

  5. 『ウィッチャー』原作小説が米で50万部以上を増刷へ―「関連製品がドラマ需要で驚異的な売上となっている」

  6. 「ゲーミングお嬢様」が「ジャンプルーキー!」12月期ブロンズルーキー賞を受賞!連載枠へ掲載【UPDATE】

  7. 『マインクラフト』で「ハリー・ポッター」の世界を再現! クエストや謎解きのゲームプレイ要素も

  8. 『Halo 5』賞金100万ドルの世界大会で試合中にコントローラー切断…プレイヤーは思わず中指

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. ファッションデザイナーになろう! 新作職業シム『Fashion Designer』トレイラー

アクセスランキングをもっと見る

page top