噂:海外3Dアニメ「RWBY」格闘ゲームに?―詳細は「EVO 2017」で【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂:海外3Dアニメ「RWBY」格闘ゲームに?―詳細は「EVO 2017」で【UPDATE】

海外の映像制作会社Rooster Teethが、日本でも吹替版地上波放映の始まった、同社の人気3DCGアニメ「RWBY」の格闘ゲームをアナウンスするという情報が流れています。

ニュース
噂:海外3Dアニメ「RWBY」格闘ゲームに?―詳細は「EVO 2017」で【UPDATE】
  • 噂:海外3Dアニメ「RWBY」格闘ゲームに?―詳細は「EVO 2017」で【UPDATE】

海外の映像制作会社Rooster Teethが、日本でも吹替版地上波放映の始まった、同社の人気3DCGアニメ「RWBY」の格闘ゲームが登場するとの情報が伝えられています。

この情報は、海外ドラマなどの要点まとめ解説のコメンタリー配信を取り扱うAfterBuzzTVのRooster Teeth専門チャンネルがTweetしたもの。先日行われたRooster Teethのイベント「RTX 2017」において、同チャンネルがRooster Teethより日本時間2017年7月15日より開催の格闘ゲーム大会「EVO 2017」において「非常にクールなことがある」とほのめかされたとのこと。


AfterBuzzTVによると、これは「RTX 2017」のパネルセッションでRooster Teeth関係者が言及した情報とのことで、実際にYouTubeの動画でもその一部始終を確認することができます。

「RWBY」は、モンスター“グリム”と戦う人間を養成するビーコン・アカデミーに入学した4人の少女、ルビー、ワイス、ブレイク、ヤンで構成される“チームRWBY”と、その学友たちの姿を描いた3DCGのファンタジーバトルアニメ。シーズン1、2の監督を努めた故モンティ・オウム氏の手がけたド派手なアクションや、日本アニメ風のキャラ造形、そして加速度的に面白さを増すストーリー展開で人気を博しています。本記事執筆時点では、海外ではシーズン4まで制作されており、日本でもシーズン3までが豪華声優陣による日本語吹き替え版として配信中です。

同ゲームの制作体制など詳細については分かっていませんが、昨年5月には、アークシステムワークスの森利道氏と石渡太輔氏の海外インタビュー上にて、制作したい版権タイトルとして「RWBY」の名前が上がっているほか、同年12月にはRooster Teethの「RWBY」制作の主要メンバーが、来日の際同社を訪れています。格闘ゲームに定評のあるアークシステムワークスによるゲーム開発を期待するファンも多いのではないでしょうか?

なお「RWBY」の公式ゲームとしては、過去にファン制作のプロジェクトを公式化した3Dアクション『RWBY: Grimm Eclipse』がSteamにてリリースされています。

※UPDATE(2017/07/11 11:58): 記事初出時、Rooster TeethのTwitterがソースとお伝えしていましたが、正しくはAfterBuzz TVのTwitterでした。お詫びして訂正いたします。

※UPDATE2(2017/07/11 12:45): パネルセッションでのRooster Teeth公式発言を追加しました。
《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. ベセスダ親会社の日本法人、ゼニマックス・アジア6月もって閉鎖か―人事部長の書き込みから浮上

    ベセスダ親会社の日本法人、ゼニマックス・アジア6月もって閉鎖か―人事部長の書き込みから浮上

  2. 『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

    『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

  3. 『Kerbal Space Program 2』開発元の行く末にやはり暗雲が…親会社CEOは閉鎖否定も社員のレイオフが開始へ

    『Kerbal Space Program 2』開発元の行く末にやはり暗雲が…親会社CEOは閉鎖否定も社員のレイオフが開始へ

  4. Steam“おま国”解禁の「ドラゴンボール」ゲーの同時接続プレイヤー数はその後……

  5. シリーズ最新作『Call of Duty: Black Ops 6』最新実写トレイラー「The Truth Lies」公開!リリース初日にXbox Game Pass追加も決定

  6. 『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

  7. 最大70%OFF!『ダンガンロンパ』『極限脱出』などのシリーズ作がセット&セールでコスパ抜群─アクションADVやSRPGもお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  8. もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

  9. 99%以上減…ワーナーのスマブラ風格ゲー『MultiVersus』Steam版ピーク時同接数が過去最低に

  10. 「ゲームの主流を再定義する」なんて言ってない―『ラスアス』ニール・ドラックマン氏が海外ソニーインタビューの内容を否定

アクセスランキングをもっと見る

page top