『CODE VEIN』発売日や対応機種、開発は?現時点の情報まとめ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CODE VEIN』発売日や対応機種、開発は?現時点の情報まとめ

連載・特集 特集

『CODE VEIN』発売日や対応機種、開発は?現時点の情報まとめ
  • 『CODE VEIN』発売日や対応機種、開発は?現時点の情報まとめ
  • 『CODE VEIN』発売日や対応機種、開発は?現時点の情報まとめ
  • 『CODE VEIN』発売日や対応機種、開発は?現時点の情報まとめ
  • 『CODE VEIN』発売日や対応機種、開発は?現時点の情報まとめ
  • 『CODE VEIN』発売日や対応機種、開発は?現時点の情報まとめ
  • 『CODE VEIN』発売日や対応機種、開発は?現時点の情報まとめ
  • 『CODE VEIN』発売日や対応機種、開発は?現時点の情報まとめ
  • 『CODE VEIN』発売日や対応機種、開発は?現時点の情報まとめ

2017年に発表された、バンダイナムコエンターテインメントの完全新作アクションRPG『CODE VEIN』。本作の対応機種やゲームシステムなど、現時点で判明している情報をまとめてお届けします。

■発売日
2018年予定


■価格
未定


■対応プラットフォーム
PS4/Xbox One/PC


■ゲームジャンル
ドラマティック探索アクションRPG


■CERO
未定


■開発チーム
「GOD EATER」開発チーム


■開発環境
Unreal Engine 4


■ゲーム概要
崩壊した近未来「ヴェィン」を舞台に、吸血鬼(レヴナント)と呼ばれる者達の活躍を描いたアクションRPG。数々の強敵と危険に満ちている広大なダンジョンに、パートナーとなる“バディ”と共に挑戦していく。コンセプトの「絶望的な世界で共に恐れ、共に乗り越えその先に待つ未知の光景に震える心を分かち合え」というのから、バディとの協力が重要な要素になるのではないかと思われる。人間性を保つために血を吸う必要がある吸血鬼たちは、ヴェインに眠る真実と血を求めて世界を旅していく。


■公開された情報
    ■吸血鬼-レヴナント-
    超人的な力の代償として、ヒトとしての記憶の大部分を失いながらも、人の心を保つために血を求め滅びに抗う存在。


    ●ミア・カルンシュタイン (CV:茅野 愛衣)
    幼い弟を連れてヴェインの地を彷徨う女性吸血鬼。唯一の肉親である弟を護るためならば、他の吸血鬼との闘いも辞さない。


    ●ヤクモ・シノノメ (CV:鳥海 浩輔)
    元傭兵の吸血鬼。義理堅く面倒見のいい性格から、彼を兄のように慕う吸血鬼も多い。戦闘のプロフェッショナルとして、戦場では冷徹でクールな一面をのぞかせる。


    ●堕鬼-ロスト-
    すでにヒトの心を喪いながらも血を求め永遠に彷徨い続ける異形の存在。血の欠乏から、人の心を喪った吸血鬼の成れの果て。

    ■ゲームシステム
    ●基本攻撃
    装備している武器によってリーチやアクションが異なる。状況に合わせた武器切り替えも重要な要素となってくる。






    ●吸血牙装-ブラッドヴェイル-
    吸血鬼たちが、敵の血を奪うために用いる独自の装備。通常は防具として衣服の形状をしているが、吸血時に血を奪うための吸血機構が露出し、使用者の口元を禍々しいマスクで覆う姿へと変貌する。得られた敵の血は、牙装内のパイプを通り、使用者の口内へと運ばれる。



    ・オウガ
    ガントレットのような形状をした吸血牙装。接近戦でのスピーディな立ち回りからの吸血を得意とし、巨大な爪上の吸血機構で敵を貫く。




    ・スティンガー
    ロングコートのような形状をした吸血牙装。サソリの尾のような吸血機構を持ち、ロングレンジからの攻撃が可能。




    ・ハウンズ
    羽織っているジャケットの袖が変形し、オオカミの頭部のような形状が姿を現す。双頭の牙が敵に喰らい付く攻撃的な吸血牙装。




    ●錬血
    吸収した敵の血を用いて、敵への直接攻撃、自己強化、敵の弱体化など、様々な戦闘効果を発現する、吸血鬼の特殊能力。




    ■ヴェイン-澱んだ血の牢獄-
    主人公たちの探索の舞台となる、「審判の棘」により崩壊し堕鬼が跋扈する近未来の世界。

    ●崩壊都市 市街地
    巨大な「審判の棘」に貫かれ崩壊した市街地。建造物の立体構造や崩壊で生じた瓦礫による死角が多く、隠されたアイテムや敵からの奇襲に気を付けながら探索する必要がある。








    ●崩壊都市 地下区域
    崩壊した都市の地下に広がる広大な空間。岩や鍾乳洞で覆われた洞窟と、ビルなど建造物の地下フロアが舞台となるダンジョン。全体的に薄暗く、足元に注意しつつ探索を進める必要がある。







    ●凍てついた霊峰
    雪と氷に閉ざされた険しい山岳地帯。吹雪により視界が遮られ、雪庇や隘路なども多く常に滑落の危険が付きまとう。まだ見ぬ山頂にはどんな光景が広がっているのだろうか。





■スクリーンショット




■映像


■製品概要
    ・発売日:2018年予定
    ・プラットフォーム:PS4/Xbox One/PC
    ・希望小売価格:未定
    ・CERO:審査予定
    ・ゲームジャンル:ドラマティック探索アクションRPG


■関連リンク


■関連記事


※本記事は正式発表や新しい情報が見つかり次第、随時アップデートしていく予定です
《茶っプリン》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 15 件

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top