【TGS2017】『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』セッションで「ニンジャジリティ」の真髄を知る! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【TGS2017】『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』セッションで「ニンジャジリティ」の真髄を知る!

劇場版の公開が間近に迫っているワーナーによるアクションゲーム『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』。本記事では、東京ゲームショウ2017でメディア向けに行われた同作のデモセッションのレポートをお届けします。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
【TGS2017】『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』セッションで「ニンジャジリティ」の真髄を知る!
  • 【TGS2017】『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』セッションで「ニンジャジリティ」の真髄を知る!
  • 【TGS2017】『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』セッションで「ニンジャジリティ」の真髄を知る!
  • 【TGS2017】『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』セッションで「ニンジャジリティ」の真髄を知る!
  • 【TGS2017】『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』セッションで「ニンジャジリティ」の真髄を知る!
  • 【TGS2017】『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』セッションで「ニンジャジリティ」の真髄を知る!
  • 【TGS2017】『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』セッションで「ニンジャジリティ」の真髄を知る!
  • 【TGS2017】『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』セッションで「ニンジャジリティ」の真髄を知る!
  • 【TGS2017】『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』セッションで「ニンジャジリティ」の真髄を知る!

劇場版の公開が間近に迫っているワーナー・ブラザース テレビジョン&ホームエンターテイメントとTT Gamesによるアクションゲーム『The LEGO NINJAGO Movie Video Game(レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム)』。本記事では、東京ゲームショウ2017でメディア向けに行われた同作のデモセッションのレポートをお届けします。

■映画のおまけじゃない!ゲームとして作りこまれた『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』


デモでは高いアクション性が披露された

今回のデモセッションでは、ワーナーのアソシエイトプロデューサーであるTim
Wileman氏によって、PS4版のシングルプレイをプレイしながらのプレゼンが行われました。まず最初にTim Wileman氏が強調したのは、本作が、映画をゲーム化したものによくある映画に間に合わせてクオリティの低くなってしまったゲームではないという点。そして次に、その根拠となるキーワードとして「コンバット」と「ニンジャジリティ」という2つの言葉を挙げました。

■アクション性の鍵を握る「コンバット」


今回のデモセッションを行うTim Wileman氏

同氏は本作をよりエキサイティングなゲームにするために戦闘、即ちコンバットに重点を置いているとしており、その拘りの1つであるキャラクター1人につき1つの固有の能力「スピン技」を披露しました。そのほか、コンボを続けるごとにゲーム内アイテムを手に入れるためのシュリケンが手に入るシステムも実装されており、これら戦闘中のアクションはカンフー映画にインスピレーションを受けていることを明かしました。

■よりニンジャらしく、直感的なアクションを生み出す「ニンジャジリティ」


vfont size="2">アクロバティックなアクションが目を引く

さらに、同氏はニンジャのスピード感を表現し、直感的にするためのものとして「ニンジャ」と「アジリティ」をかけた「ニンジャジリティ」という言葉をキーワードとして挙げました。同氏はロケーションの中で自由自在に動き回るための新たな動きとして採用したウォールランなどの要素がコンバットと異なる「ニンジャジリティ」であると答えました。

■劇場版やテレビシリーズを意識した世界観


世界観は拘られており、声優も劇場版と同じキャストになっている

同氏は同時に、世界観やキャラクターについては劇場版やテレビシリーズを取り入れたことについても伝えました。ステージ内の看板などはレゴの質感が忠実に再現されているほか、5つのロケーションに存在するコンバットアリーナのボスにはテレビシリーズのキャラクターが採用されています。また、映画に存在した、面白いながらもスラップスティック的であったりわかりにくかったユーモアは、ゲームではよりわかりやすいものになっています。

そんな『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』はPS4/Nintendo Switch向けにパッケージ版は5,700円(税抜)、DL版は5,200円(税抜)で10月19日に発売予定です。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS5のコントローラーと見られるSIEの意匠登録情報が公開…マイク用の集音孔も搭載

    PS5のコントローラーと見られるSIEの意匠登録情報が公開…マイク用の集音孔も搭載

  2. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  3. 『新サクラ大戦』花組隊員はここから生まれた!メインキャラクターデザイン・久保帯人氏の設定ラフイラスト紹介映像が公開

    『新サクラ大戦』花組隊員はここから生まれた!メインキャラクターデザイン・久保帯人氏の設定ラフイラスト紹介映像が公開

  4. 『十三機兵防衛圏』“機兵”の起動まであと10日! 13人の勇姿を収めたTVCM映像がWeb上で先行公開

  5. 『シェンムーIII』リワードの到着予定が公開、パッケージ版は一部配送が発売日に間に合わず

  6. 『GUILTY GEAR』シリーズ最新作のタイトルは『GUILTY GEAR -STRIVE-』に決定!「ファウスト」の姿を映す最新トレイラーも公開

  7. 【特集】PS5の次の展開はどうなる?PS4の発表&発売を振り返って予想してみよう

  8. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

  9. 【吉田輝和の絵日記】『DEATH STRANDING』ルートを決め、装備を選択し、荷物を運べ!落とさないようにね…

  10. 老舗RTSシリーズ最新作『Age of Empires IV』ゲームプレイトレイラー公開!【X019】

アクセスランキングをもっと見る

page top