【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に

2017年9月24日まで開催されていた東京ゲームショウ2017。インディーブースにて、韓国のインディーデベロッパーQuattro Gearは『本と魔女とカラスの森(Book, Witch and Forest of Raven)』を始めとした新作3本のトレイラーを展示していました。

家庭用ゲーム PS4
【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に
  • 【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に
  • 【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に
  • 【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に
  • 【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に
  • 【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に
  • 【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に
  • 【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に
  • 【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に

2017年9月24日まで開催されていた東京ゲームショウ2017。インディーブースにて、韓国のインディーデベロッパーQuattro Gearは『本と魔女とカラスの森(Book, Witch and Forest of Raven)』を始めとした新作3本のトレイラーを展示していました。


2017年5月に開催された「TOKYO INDIE FEST 2017」にてプレイアブルで展示されていた横スクロールアクション『ブラックウイッチクラフト(Black Witchcraft)』は、今回は映像のみ。しかしながら、日本語化された状態でのトレイラーが公開されていました。また、ゲーム自体は完成しており、現在はPS4向けのソニーのチェックプロセス中で、終わり次第リリースの目処が立つとのこと。





『ブラックウイッチクラフト』は2018年にPS4/Xbox One/Steamにて発売予定。また、本作は、日本のPS4/Xbox One版が全世界最速販売予定で、Steam版は英語版や韓国語版との同時リリース予定となっています。なお、セールスが好調であった場合は続編についても予定があるとのことです。



他に展示されていた新作の片方、モバイル/PC向けRPG『ロストトリガー(Lost Trigger)』は、日本のアイテム課金式モバイルゲームのスタイルを強く取り入れたタイトル。科学技術で生まれたモンスター“ガイスト”と人間の最終戦争後の世紀末世界を舞台にした作品です。



プレイヤーは個性豊かなキャラクターたちで部隊を構成、各地を占領しながら力を蓄え、最強のガイストの復活・利用を目論む勢力に立ち向かっていくことになります。戦闘は基本的にはオートバトルで進行する作りとなっていますが、任意のタイミングでスキルを使って戦闘を優位に運ぶことが可能です。



一見アイテム課金式モバイルゲーム風の本作ですが、驚くべきことにアイテム課金や定額サービスなどは一切採用しない、500円程度の低価格買い切りのタイトルとしてリリース予定。ガチャの結果に一喜一憂することなく、モバイルゲーム風の作品が楽しめそうなのには嬉しいユーザーも居るのではないでしょうか。



なお、気になるボリュームですが、ステージや、ED後のやりこみ要素、追加ステージなども数多く用意されており、プレイ時間は10時間を超えるとのことです。こちらも日本語化が進行しており、展示も日本語版となっていました。発売も『ブラックウイッチクラフト』同様、日本が最初となる予定です。『ロストトリガー』は、2017年冬にiOS/Android版が、2018年にSteam版がリリース予定です。


もう一つの新作『本と魔女とカラスの森』は、ゴシック風味のビジュアルを持つRPG。コーエーテクモの『アトリエ』シリーズなどに影響を受けたという本作では、主人公である魔女の弟子を操り、アイテムのクラフトや戦闘を行いながら、1年の期間内に卒業を目指すのが目的です。



また、本作のストーリーはフランケンシュタインの物語をモチーフにしており、死んでしまったキャラクターを復活させるか、などと言ったジレンマを含む、マルチストーリー、マルチエンドの内容となっている模様です。



本作は韓国語でのトレイラー展示となっていましたが、日本語版についても『ブラックウイッチクラフト』、『ロストトリガー』同様に進行中であるとのことです。『本と魔女とカラスの森』は、2018年後半から2019年にかけてリリース予定です。
《Arkblade》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 弾幕系STG『怒首領蜂大往生DX』ニンテンドースイッチで5月20日に発売へ―動画では弾幕度合を確認可能

    弾幕系STG『怒首領蜂大往生DX』ニンテンドースイッチで5月20日に発売へ―動画では弾幕度合を確認可能

  2. 人気TRPG原作のシングルRPG『パスファインダー:キングメーカー』日本語版がPS4/XB1/PC向けに発売

    人気TRPG原作のシングルRPG『パスファインダー:キングメーカー』日本語版がPS4/XB1/PC向けに発売

  3. 『アサシン クリード ヴァルハラ』大型拡張コンテンツ第1弾となる「ドルイドの怒り」が配信開始

    『アサシン クリード ヴァルハラ』大型拡張コンテンツ第1弾となる「ドルイドの怒り」が配信開始

  4. 『モンハンライズ』アップデートVer.3.0の配信時期が決定! 追加エンディング・複数モンスターが5月末に実装

  5. 25本以上のPS5向け新作タイトルを開発中、内半数は新規IP―年内に品薄解消の計画も

  6. 『Fall Guys』公式日本語Twitterアカウントが開設!ガイズくんが最新情報をお届け

  7. 今どこで買える?販売方法は?「PS5」の販売情報まとめ【5月13日】―2件の抽選販売が展開中、ソフマップ4店舗も店頭で受付

  8. Xbox Series X|S最新アップデートで初代Xbox風のダイナミック背景が登場

  9. 名作RPG『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』が遊び放題に!スイッチ限定イベント「いっせいトライアル」5月17日より開催決定

  10. 定番ボードゲーム最新作『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』ついに累積出荷本数300万本を突破

アクセスランキングをもっと見る

page top