Steamから130本超のインディータイトルが一斉削除―小規模作品メインのスタジオ関連か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamから130本超のインディータイトルが一斉削除―小規模作品メインのスタジオ関連か

Steamのデータベースの解析を行う有志サイト「Steamdb」の調査より、2017年9月26日付けでSteamから130本を超えるタイトルが一斉に削除されていることが判明しています。

ゲーム文化 カルチャー
Steamから130本超のインディータイトルが一斉削除―小規模作品メインのスタジオ関連か
  • Steamから130本超のインディータイトルが一斉削除―小規模作品メインのスタジオ関連か

Steamのデータベースの解析を行う有志サイト「Steamdb」の調査より、2017年9月26日付けでSteamから130本を超えるタイトルが一斉に削除されていることが判明しています。

今回削除されたタイトルは、全て数ドル程度の価格帯の小規模タイトルを非常に短いスパンでリリースし続けるZonitron Productionsなどからリリースされたものとなっています。Valveや関係者からのコメントは発表されておらず、Steamから同社のタイトルが一斉に削除された背景は不明です。




なお、有志の調べによれば、Steamでのゲームリリースを容易にする「Steam Direct」の開始に伴い、同社の2017年度のゲームリリース本数は前年の800%近い130本前後となっていました。これはSteam全てのゲームの1%近い数字です。

また、Steamでのゲーム売上を統計から推量的に導き出すサービスSteamspyによれば、同社のタイトルの所有者数(筆注:バンドル販売なども多く含まれているため、実際の売上数ではない)は前年までのゲームについては100万本前後近いものも多かったものの、2017年度リリースのタイトルについては軒並み数千本程度の所有者数に留まっています。

多くのタイトルはSteamにて既に所有している場合、継続したダウンロード・プレイなどは可能な模様ですが、プロフィールページのSteamのライブラリ本数からは抹消されるため、一部のユーザーはライブラリのゲーム所持本数の大幅な低下を確認できるかもしれません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

    『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

  2. 『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に

    『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に

  3. 「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

    「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

  4. ロボットが人間になりすます会話シム『Speaking Simulator』最新トレイラー!

  5. 『アーマード・コア』ファン、フロムスタッフのTwitter画像に新作想起するも……「特に意図はありません」

  6. 『DEATH STRANDING』あるあるをコミカルに描くファンメイドアニメ「DED STRANDING」公開!

  7. 『デススト』ファンメイドデメイク映像が公開、MSXを意識したローファイさがたまらない…

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 仲間と協力して線路を敷設するCo-op鉄道工事ゲーム『Unrailed!』早期アクセス開始

  10. 『ロケットリーグ』にテスラ車「サイバートラック」を出してくれ!イーロン・マスクへの嘆願運動が発起

アクセスランキングをもっと見る

1
page top