Steamから130本超のインディータイトルが一斉削除―小規模作品メインのスタジオ関連か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamから130本超のインディータイトルが一斉削除―小規模作品メインのスタジオ関連か

Steamのデータベースの解析を行う有志サイト「Steamdb」の調査より、2017年9月26日付けでSteamから130本を超えるタイトルが一斉に削除されていることが判明しています。

ゲーム文化 カルチャー
Steamから130本超のインディータイトルが一斉削除―小規模作品メインのスタジオ関連か
  • Steamから130本超のインディータイトルが一斉削除―小規模作品メインのスタジオ関連か

Steamのデータベースの解析を行う有志サイト「Steamdb」の調査より、2017年9月26日付けでSteamから130本を超えるタイトルが一斉に削除されていることが判明しています。

今回削除されたタイトルは、全て数ドル程度の価格帯の小規模タイトルを非常に短いスパンでリリースし続けるZonitron Productionsなどからリリースされたものとなっています。Valveや関係者からのコメントは発表されておらず、Steamから同社のタイトルが一斉に削除された背景は不明です。




なお、有志の調べによれば、Steamでのゲームリリースを容易にする「Steam Direct」の開始に伴い、同社の2017年度のゲームリリース本数は前年の800%近い130本前後となっていました。これはSteam全てのゲームの1%近い数字です。

また、Steamでのゲーム売上を統計から推量的に導き出すサービスSteamspyによれば、同社のタイトルの所有者数(筆注:バンドル販売なども多く含まれているため、実際の売上数ではない)は前年までのゲームについては100万本前後近いものも多かったものの、2017年度リリースのタイトルについては軒並み数千本程度の所有者数に留まっています。

多くのタイトルはSteamにて既に所有している場合、継続したダウンロード・プレイなどは可能な模様ですが、プロフィールページのSteamのライブラリ本数からは抹消されるため、一部のユーザーはライブラリのゲーム所持本数の大幅な低下を確認できるかもしれません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Diablo』×『MOTHER』な新作ARPG『Kingdom of Night』Kickstarter開始!

    『Diablo』×『MOTHER』な新作ARPG『Kingdom of Night』Kickstarter開始!

  2. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

    人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  3. PC版『オブリビオン』高解像度テクスチャ化Modが公開―ディープラーニングを活用

    PC版『オブリビオン』高解像度テクスチャ化Modが公開―ディープラーニングを活用

  4. 『ファイナルファンタジーVII』ゲーム映像付きサウンドトラックが7月24日に発売!

  5. 『アサシンクリード』が火災被害受けたノートルダム大聖堂再建に役立つ? 過去にゲームに登場

  6. 『No Man's Sky』ゲーム内にノートルダム大聖堂を再構築する海外プレイヤー登場

  7. イラクで『フォートナイト』『PUBG』が禁止に―社会や若年者への悪影響を理由に

  8. 中世剣戟アクション『MORDHAU』Steam配信日決定! 最新トレイラーも披露

  9. ファンタジー世界のよろず屋経営ゲーム『Shoppe Keep 2』正式リリース日決定!

  10. 『Apex Legends』サプライボックスを殴り続けると遥か彼方へぶっ飛ぶグリッチが発見される

アクセスランキングをもっと見る

1
page top