『PUBG』Steamでレビューが炎上、原因は中国版アプデによるゲーム内広告か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PUBG』Steamでレビューが炎上、原因は中国版アプデによるゲーム内広告か

人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』において、中国人ユーザーによるものと思われるレビュー炎上が発生しています。

PC Windows
『PUBG』Steamでレビューが炎上、原因は中国版アプデによるゲーム内広告か
  • 『PUBG』Steamでレビューが炎上、原因は中国版アプデによるゲーム内広告か
  • 『PUBG』Steamでレビューが炎上、原因は中国版アプデによるゲーム内広告か
先日、YouTuberのPewDiePie氏が引き起こした騒動に端を発する、所謂「レビュー炎上」が大きく議論を呼びましたが、今度はBlueholeの開発した人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』で同様の「レビュー炎上」が発生しています。


画像の通り、9月29日から記事執筆現在の10月3日までに急激にマイナス評価が増加しており、同作がSteamレビュー上で炎上していることがわかります。Redditや海外メディアの海外メディアのCINEMABLENDによると、今回のマイナス評価を行っているユーザーの殆どが中国人であることが指摘されており、原因については、中国版の同作のアップデートにより、プレイ中にVPNサービスの広告が表示されるようになった上、その広告で宣伝されているVPNでなければ殆ど接続できないようになってしまったことであると伝えています。また、当該のVPNサービスの料金が、同作内での広告表示後に値上がりをはじめたという事実も原因の1つであるとしています。

以前から問題になっており、9月にSteamが対策としてヒストグラム表示を導入するまでとなった「レビュー炎上」ですが、早々に功を奏す格好となっており、今後の動向に注目が必要になりそうです。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. SF協力アクションRPG『Killsquad』早期アクセス開始!リプレイ性重視の自動生成ミッション採用

    SF協力アクションRPG『Killsquad』早期アクセス開始!リプレイ性重視の自動生成ミッション採用

  2. Sci-FiアクションRPG『Everreach: Project Eden』がPS4/XB1/PC向けに発表!2019年9月リリース予定

    Sci-FiアクションRPG『Everreach: Project Eden』がPS4/XB1/PC向けに発表!2019年9月リリース予定

  3. 深宇宙からの帰還を目指すACT『LOST ORBIT: Terminal Velocity』がPC及び海外コンソール向けにリリース

    深宇宙からの帰還を目指すACT『LOST ORBIT: Terminal Velocity』がPC及び海外コンソール向けにリリース

  4. 美少女忍者恋愛ADV『NinNinDays』Steam向けタイトルとして発表!日本語フル対応【UPDATE】

  5. 謎めいたアクションADV『Break the Game』Steam配信開始―グリッチだらけの世界の果てに

  6. 『Divinity: Original Sin 2』戦闘やマルチプレイヤー要素などを映した新トレイラー!

  7. 硬派RPG続編『Divinity: Original Sin 2』正式リリース日が9月中旬に決定

  8. 【吉田輝和の絵日記】80年代台湾ホラー『還願 Devotion』ある一家に起きた不幸をビビリが解き明かす

  9. 『モンハン:ワールド』PC版のDLSS対応予定日が発表!高解像度下fpsが50%近く向上へ

  10. PC版『The Sinking City』突然の日本語非対応について開発Frogwaresよりコメントー「私たちの手に負えない」

アクセスランキングをもっと見る

page top