キモカワいいハトになって小競り合う対戦ACT『Pigeon Fight』がSteamで配信開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

キモカワいいハトになって小競り合う対戦ACT『Pigeon Fight』がSteamで配信開始

ゲーム文化 インディーゲーム

キモカワいいハトになって小競り合う対戦ACT『Pigeon Fight』がSteamで配信開始
  • キモカワいいハトになって小競り合う対戦ACT『Pigeon Fight』がSteamで配信開始
  • キモカワいいハトになって小競り合う対戦ACT『Pigeon Fight』がSteamで配信開始
  • キモカワいいハトになって小競り合う対戦ACT『Pigeon Fight』がSteamで配信開始


インディーデベロッパーのOnionMilkが開発した、ハトになって戦う対戦アクションゲーム『Pigeon Fight』がSteamで配信されています。




同作は、最大8人でのローカルマルチプレイが可能な見下ろし型対戦アクション。プレイヤーはポリゴン製のキモカワいいハトを操作して、他のハトより多くのパン屑を食べる「Bread Hunt」、制限時間内に自分以外のハトに自分の感染症をうつす「Pigeon Fever」、首にさげたパンのリングを奪われないように逃げる「Pigeon Kingess」の3つのゲームモードで競うことが可能です。また、チーム戦として敵の陣地からパンを盗む「Capture The Bread」、より多くの糞をしてフィールドを自チームの糞で埋めたほうが勝利する「Poop Point」が存在します。その他にもサンドボックスモードとして「Movie Editor」モードが存在し、ハトを使用して自由にアニメーションを制作することが可能です。

そんな本作は480円でWindows向けに配信中。残念ながらまだオンラインでのマルチプレイには対応していませんが、今後のアップデートで対応する予定であると伝えています。
《吉河卓人》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【読プレ】『スナイパー ゴーストウォリアー3』サバゲー大会レポ・後編―元フランス外人部隊の野田力氏に聞く戦場での話

    【読プレ】『スナイパー ゴーストウォリアー3』サバゲー大会レポ・後編―元フランス外人部隊の野田力氏に聞く戦場での話

  2. インパネ液晶で『テトリス』をプレイできるロシア製トラックの映像が海外で話題に

    インパネ液晶で『テトリス』をプレイできるロシア製トラックの映像が海外で話題に

  3. ダウンヒルゲーム『Lonely Mountains: Downhill』のKickstarterが開始!

    ダウンヒルゲーム『Lonely Mountains: Downhill』のKickstarterが開始!

  4. 【このModがスゴイ】『The Witcher 3』絶対に取り逃さない!「Auto Loot」アイテム自動回収

  5. 「ミニ スーファミ」発売4日間で36.8万台を販売─ミニ ファミコンと比べて10万台以上も上回る出足に

  6. 『グランツーリスモSPORT』のプレイで高齢者の認知機能全般が改善傾向に─デジタルシニア世代を対象とした調査や活動を展開

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 『LOST SPHEAR』サントラのトラックリスト公開!購入特典も明らかに

  9. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  10. 海外発、ちょっとシュールなレトロゲームのGIFアニメ集プロジェクト「BACK TO BITS」

アクセスランキングをもっと見る

page top