【動画プレイレポ】『サイコブレイク2』容赦ない描写を体験!怖い、行きたくない…でも進んじゃう | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【動画プレイレポ】『サイコブレイク2』容赦ない描写を体験!怖い、行きたくない…でも進んじゃう

10月19日に国内リリースされるTango Gameworksの最新作『サイコブレイク2』。Game*Sparkでは、国内での発売に先駆け、日本語版をプレイしてきましたので、実際のゲームプレイ映像とともに、プレイレポートをお届けします。

家庭用ゲーム PS4
【動画プレイレポ】『サイコブレイク2』容赦ない描写を体験!怖い、行きたくない…でも進んじゃう
  • 【動画プレイレポ】『サイコブレイク2』容赦ない描写を体験!怖い、行きたくない…でも進んじゃう
  • 【動画プレイレポ】『サイコブレイク2』容赦ない描写を体験!怖い、行きたくない…でも進んじゃう
  • 【動画プレイレポ】『サイコブレイク2』容赦ない描写を体験!怖い、行きたくない…でも進んじゃう
  • 【動画プレイレポ】『サイコブレイク2』容赦ない描写を体験!怖い、行きたくない…でも進んじゃう
  • 【動画プレイレポ】『サイコブレイク2』容赦ない描写を体験!怖い、行きたくない…でも進んじゃう
  • サイコブレイクサムネ
!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

10月19日に国内リリースされるTango Gameworksの最新作『サイコブレイク2(The Evil Within 2)』。今回、Game*Sparkでは、国内での発売に先駆け、日本語版をプレイしてきましたので、実際のゲームプレイ映像とともに、プレイレポートをお届けします。なお、今回プレイしたのはPS4 Pro版で難易度は最も簡単なカジュアル(そのほか、サバイバル、ナイトメアが存在)を選択。字幕/音声は、三上真司氏がオススメしているという日本語字幕/英語音声でプレイしました。

※注1.本記事および動画には、ストーリーを始めとするネタバレ表現が含まれています。閲覧にはご注意ください
※注2.本作の世界設定などは、公式サイトに掲載されています


■数年振りのSTEM、やっぱ怖え

今回は、オープニングからチュートリアル、本作の新要素などが楽しめるチャプター1~3に加え、中ボスおよびボス戦が展開するチャプター5をプレイ。ゲームを開始すると、燃え盛る家屋を目の前にしたところからスタートしました。筆者は、しゃがみなどの基本操作を教えてもらいつつ、進むとビックリな展開が。どうやらセバスチャンは悪夢を見ていたようです。バーで目覚めたセバスチャンは、前作で重要な存在だったキッドマンと出会います(前作より綺麗になってる……)。

これは今までも公開されてきた情報でしたが、キッドマンによると、死んだとされていたセバスチャンの娘リリーはまだ生きているとのこと。セバスチャンはリリーを救うため、再度、STEMの世界に侵入していきますが、先に侵入していたメビウスのエージェントたちと連絡が取れなくなっているそうで、彼らも物語に絡むことになります。最初は、前作同様、リニアな作りになっており、映画や海外ドラマのようなオープニングシーンは必見です。


これもまた前作と同様ですが、当初は武器を持っていないので、心細さがマックス。しかも、複数の人間が合体したような気持ちの悪い(良い意味で)クリーチャー「ガーディアン」がいきなり襲ってくるので、ひたすら逃げる逃げる……。間違いない、これは紛うことなき”サバイバルホラー"だ……。

■新要素オープンエリアの探索、時間泥棒だ

やっとの思いでクリーチャーから逃げきると、プレイヤーは、STEMの中にある街「ユニオン」に出ます。この街では、正気を保った人間もいますが、圧倒的に少数。街にいるほとんどの人間は、正気を失った醜いクリーチャーへと変貌しています。


さて、ここからは、オープンなエリアとなっているユニオンを探索でき、全体的にリニアな作りだった前作に比べ、自由度が増しています。このエリアでは、リリーを探すメインストーリーはもちろん、サブミッションのような本筋とは関係がないものも存在。進めなくても大丈夫ですが、攻略を有利に進めるアイテムなどが獲得できるため、寄り道をするのも楽しそうです。

なお、サブミッションは、生存者との会話やマップの探索、コミュニケーター(△ボタン)で信号をキャッチすれば解放され、マップが更新されていきます。また、マップの各所には、セーフハウスがあり、クラフト台があることも。クラフト台では、弾薬や回復薬のクラフトや、武器のアップグレードが可能です。


また、前作で何かとお世話になったタティアナが再登場しており、鏡のなかの世界も健在。今回は、病院ではなく、警察署のような世界となっていますが、グリーンジェルを消費するプレイヤーアップグレードも行えます(ロッカーもあるようです)。体力、スタミナの上限や、銃器のブレ低下、ステルスなどがあるので、自分の好きなように能力を伸ばしていけますよ。

■秀逸デザインの恐ろしいボスクリーチャーとご対面

続いては、チャプター5に移り、いよいよボス戦へと突入です。このチャプターでは、元戦場カメラマンで人間の"怪物"である「ステファノ・ヴァレンティーニ」と対峙します。とはいえ、ここではステファノと直接戦うわけではなく、さきほど少しだけ触れた「ガーディアン」、そして、ステファノのペットのような存在「オブスキュラ」と戦うことになります。

「ガーディアン」は強力な丸鋸を使った攻撃が脅威で、笑いながらこちらに向かってくるのは純粋に怖い……。基本はヒット&アウェイで、「ダッシュ、振り向く、撃つ」をひたすら繰り返しながら、撃破を目指します。ドラム缶を倒してガソリンを零し、引火させたりすることで足止めできますが、やはり油断は禁物。筆者は、起き攻めに遭い、一度やられてしまいました。重要なのはスタミナ管理と撃つタイミングになるでしょう。

その後、パズル要素をクリアすると「オブスキュラ」戦へ。ここでは、ある事情から起動させなくてはならない装置を起動するまでの時間を稼がなくてはなりません。が、オブスキュラは頭についたカメラのシャッターを定期的に切り、起動までの時間を一時停止させてしまうので、その都度攻撃してひるませる必要があります。


オブスキュラはガーディアンに比べて、素早いものの、一撃のダメージ量は大きくありません。天井に張り付く行動はトリッキーで攻撃が当てづらく、注意が必要ですが、時間を止められたら攻撃して、あとは逃げ回っていればクリアできました。

今回の試遊はここまで。アイテムの取得やハシゴ/ドアなどへのインタラクトが全て〇ボタンなため、思うようにプレイできない場合もありましたが、前作の要素が全体的にパワーアップしています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

特に、今作から用意されたオープンなエリア環境は、プレイの幅を圧倒的に広げており、誤解を恐れずに言えば、前作より「遊びやすくなった」と感じました。もちろん、リニアなステージもあるので、前作ファンでも問題なく楽しめるでしょう。また、ホラーゲームで重要だと個人的に(しかも勝手に)思っている「緊張」と「リラックス」のバランスが非常に優れているので、リプレイ性が高いという印象を受けました。

モダンな要素を取り入れつつ、新たに進化した『サイコブレイク2』はホラーゲーム好きなプレイヤーだけでなく、アクションゲームを好むプレイヤーにとっても注目すべき作品。美しさすら感じるグロテスクなクリーチャーデザインも必見です。

『サイコブレイク2』PS4/Xbox One/PCを対象に、国内で10月19日より発売予定。国内PC版は10月13日に英語版が配信され、10月19日に日本語字幕・音声が追加されます。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』バトルパスの価格/購入方法/報酬が公式FAQに掲載―シーズン1レジェンドの調整内容も振り返る

    『Apex Legends』バトルパスの価格/購入方法/報酬が公式FAQに掲載―シーズン1レジェンドの調整内容も振り返る

  2. 最大84%オフ!PS Storeで「SPRING SALE 2019」開催中―『エースコンバット7』『RDR2』など

    最大84%オフ!PS Storeで「SPRING SALE 2019」開催中―『エースコンバット7』『RDR2』など

  3. スイッチ『スーパーリアル麻雀PV』が配信停止―表現修正漏れが原因か

    スイッチ『スーパーリアル麻雀PV』が配信停止―表現修正漏れが原因か

  4. 『Days Gone』には機能充実のフォトモード搭載!発売日から利用可能

  5. 『ディビジョン2』複数のバグを修正するアップデート情報が海外公式フォーラムで公開

  6. 『バトルフィールドV』バトロワ「ファイアストーム」トレイラーを初公開―3月25日開戦!

  7. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  8. 『Fallout 76』「ワイルドアパラチア」パッチ7について、既知の問題と今後の対応を公表

  9. 『バトルフィールドV』バトロワ「Firestorm」日本時間3月14日22時より初の本格トレイラーが公開予定

  10. 『フォートナイト』自分だけの島はどうやって作る?新モード「クリエイティブ」プレイガイド!【特集】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top