中国産スパロボACT『Code: HARDCORE』タイトル変更へ―日本の商標に抵触したため | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国産スパロボACT『Code: HARDCORE』タイトル変更へ―日本の商標に抵触したため

中国のインディーデベロッパーRocket Punchが、PS4/PC向けに開発中の2D横スクロールアクション『Code: HARDCORE』。Kickstarterキャンペーン後も着実に開発が続く同作ですが、そのタイトルを変更せざるを得なくなってしまったことを、支援者向けに発表しています。

PC Windows
中国産スパロボACT『Code: HARDCORE』タイトル変更へ―日本の商標に抵触したため
  • 中国産スパロボACT『Code: HARDCORE』タイトル変更へ―日本の商標に抵触したため
中国のインディーデベロッパーRocket Punchが、PS4/PC向けに開発中の2D横スクロールアクション『Code: HARDCORE』。Kickstarterキャンペーン後も着実に開発が続く同作ですが、そのタイトルを変更せざるを得なくなってしまったことを、支援者向けに発表しています。

その理由とは日本の商標。支援者のみが閲覧可能なフォーラム上で公開されたRocket Punchの報告によれば、他国では既に大きなコストを掛け商標を取得したものの、日本では『DOA2 HARD・CORE』(『DEAD OR ALIVE 2』のマイナーチェンジ版)と名称の類似が見られるとのことで商標登録ができなかったとのこと。この問題発生に伴い、同社ではゲームタイトルを新たなものへ変更することを決定したとしており、支援者に対し公式フォーラム上にて新しい同作の名前についてのアイディアを募っています。

なお、本タイトル変更とは別件となりますが、10月末には、同作支援者のうち、プレイアブルなゲーム内キャラクターとして登場する報酬を取得したユーザーに対し、ゲーム内キャラクターの元となる自身の写真や、使用する機体についての詳細を決めるためのアンケートが実施されています。該当のユーザーは報酬を逃してしまうことがないようにチェックしておきましょう。
《Arkblade》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『FF1』から『FF6』までを“究極の2D”でリマスター!『FINAL FANTASY PIXEL REMASTER』PC/スマホ向けにリリース決定【E3 2021】

    『FF1』から『FF6』までを“究極の2D”でリマスター!『FINAL FANTASY PIXEL REMASTER』PC/スマホ向けにリリース決定【E3 2021】

  2. ドキドキ文芸部ADV『Doki Doki Literature Club Plus!』パッケージ版の予約が始まるも即在庫切れに

    ドキドキ文芸部ADV『Doki Doki Literature Club Plus!』パッケージ版の予約が始まるも即在庫切れに

  3. シリーズキャラが集結するオンライン対戦ACT『バイオハザード RE:バース』2021年7月に配信決定!【E3 2021】

    シリーズキャラが集結するオンライン対戦ACT『バイオハザード RE:バース』2021年7月に配信決定!【E3 2021】

  4. 自撮りも可能な淫魔アクション『SUCCUBUS』E3トレイラー!新たなデモ版も近日登場【E3 2021】

  5. 売上400万本突破のシリーズ最新作『バイオハザード ヴィレッジ』追加DLCの開発が正式発表!続報は後日【E3 2021】

  6. 仲間を集めて広大な世界を冒険!オープンワールド&ターン制SLG『Wartales』発表【E3 2021】

  7. 『モンスターハンターストーリーズ2 破滅の翼』体験版の配信が決定!序盤をそのまま遊べ、製品版へ引き継げる【E3 2021】

  8. 『モンハンストーリーズ2』発売後の無料アップデートで『モンハンライズ』オトモガルクが登場!最新トレイラーも要チェック

  9. おとぎ話世界を旅するオープンワールドRPG『Book of Travels』海外で8月9日に早期アクセス開始!

  10. シリーズ最新作『バトルフィールド 2042』のゲームプレイトレイラーがお披露目!戦闘機、ヘリ、戦車、ロケット、ウィングスーツなど盛りだくさん【E3 2021】

アクセスランキングをもっと見る

page top