大規模宇宙シム『Star Citizen』をCrytekが提訴―エンジンライセンス違反を主張 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

大規模宇宙シム『Star Citizen』をCrytekが提訴―エンジンライセンス違反を主張

ゲームエンジン「CryEngine」で知られるCrytekが、大規模宇宙シム『Star Citizen』を手がけるCloud Imperium GamesとRoberts Space Industriesに対し訴訟を提起したことが明らかにされています。

PC Windows
大規模宇宙シム『Star Citizen』をCrytekが提訴―エンジンライセンス違反を主張
  • 大規模宇宙シム『Star Citizen』をCrytekが提訴―エンジンライセンス違反を主張
ゲームエンジン「CryEngine」で知られるCrytekが、大規模宇宙シム『Star Citizen』を手がけるCloud Imperium GamesとRoberts Space Industriesに対し訴訟を提起したことが明らかにされています。

海外メディアPolygonの報道によれば、この訴訟は、『Star Citizen』のゲーム内に「CryEngine 3」のエンジンコードが含まれていることを主としたもの。Crytekは、Cloud Imperium GamesとRoberts Space Industriesが「CryEngine 3」を使用しているにも関わらず、ゲームの起動時のCryEngineのロゴを不適切に削除した上、「CryEngine 3」に施された修正を適切に開示しなかったと主張。また、同作のシングルプレイヤーモード『Squadron 42』でも同じエンジンを用いているため、更に契約違反であるとして、両社に、著作物の所有や使用を継続しないようにするための差し止めを求めています。

なお、『Star Citizen』は2016年12月までは「CryEngine 3」を利用していましたが、その後「CryEngine 3」の派生「Amazon Lumberyard」ベースの独自エンジンへと移行。「CryEngine 3」が大元のベースであるものの、既に別ライセンスの独自エンジンとなっているため、事態はより複雑になっています。

Cloud Imperium GamesとRoberts Space Industriesは、Polygonのインタビューに対し、状況を認識していると述べた上で、「私達は既に相当な期間CryEngineを用いていないため、これは私たちに防衛するメリットがない訴訟です」とコメントしました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『イースVIII』PC版にローカルCo-op実装やグラフィック強化含む大型アップデートが配信

    『イースVIII』PC版にローカルCo-op実装やグラフィック強化含む大型アップデートが配信

  2. ハードコアサバイバルシューター『Escape from Tarkov』に東京サーバー実装!

    ハードコアサバイバルシューター『Escape from Tarkov』に東京サーバー実装!

  3. 『英雄伝説 閃の軌跡III』PC版が発表、Steam/GOG.comにて20年3月24日発売予定

    『英雄伝説 閃の軌跡III』PC版が発表、Steam/GOG.comにて20年3月24日発売予定

  4. レイトレーシング対応グラフィックボード「GeForce RTX 2060」が大幅値下げ!海外で50ドル引きの299ドルに

  5. 『マインクラフト』Java版購入者向けのWin 10版ギフトコードが補充―コード不足が解消

  6. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』黄巾の乱テーマの新DLC「Mandate of Heaven」配信開始

  7. 『R6S』ADS時間増加やALDA 5.56のACOG削除などを実施するPC版テストサーバーのパッチノートが公開

  8. 『ESO』新シリーズは1000年前のスカイリム地方が舞台に―今後のコンテンツ展開も発表

  9. 名作RPGシリーズ最新作『Baldur's Gate 3』2月末に新たな情報の公開を予告

  10. PC版『アライアンス・アライブ HDリマスター』配信開始―9人の主人公が織り成すやりこみ要素の高い群像劇

アクセスランキングをもっと見る

page top