Take-Two、インディーレーベル「Private Division」海外発表―Obsidian Entertainmentも参加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Take-Two、インディーレーベル「Private Division」海外発表―Obsidian Entertainmentも参加

Take-Two Interactiveは、インディータイトルのパブリッシングを行う新レーベル「Private Division」を海外向けに発表しています。

ニュース ゲーム業界
Take-Two、インディーレーベル「Private Division」海外発表―Obsidian Entertainmentも参加
  • Take-Two、インディーレーベル「Private Division」海外発表―Obsidian Entertainmentも参加

Take-Two Interactiveは、インディータイトルのパブリッシングを行う新レーベル「Private Division」を海外向けに発表しています。

発表映像では、Panache Digital Gamesを始めとして複数のデベロッパーが紹介されており、その中には、『Fallout: New Vegas』や『Pillars of Eternity』で知られるObsidian Entertainmentの姿もあります。他にも「Private Division」には『Kerbal Space Program』を手がけるSquadや、『Halo』の共同制作を担当するV1 Interactiveが参加している模様です。

今後どのようなタイトルが同レーベルから発信されるのかはまだ分かっていませんが、アナウンスによれば、『Kerbal Space Program』の拡張パックを除いては、2019年まではリリースされるタイトルはなく、レーベルの本格始動はそれ以降になるとしています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ユービーアイ、『レインボーシックス シージ』サーバーへの攻撃に使われたツール製作者を海外で提訴

    ユービーアイ、『レインボーシックス シージ』サーバーへの攻撃に使われたツール製作者を海外で提訴

  2. Valve、『Left 4 Dead 3』の開発は「行っていない」―HTC中国発表を訂正へ

    Valve、『Left 4 Dead 3』の開発は「行っていない」―HTC中国発表を訂正へ

  3. 90年代ギャングFPSのリマスター版『Kingpin: Reloaded』発表! ビジュアル強化や追加要素も

    90年代ギャングFPSのリマスター版『Kingpin: Reloaded』発表! ビジュアル強化や追加要素も

  4. Valve、一部Steamタイトルに対し改名を警告「未成年者を成人向けコンテンツに引き寄せてしまう」

  5. 2010年代米国で最も売れたゲームTOP10は『CoD』シリーズがほぼ独占―市場調査会社NPDが明かす

  6. GDC 2020で小島秀夫監督の講演が決定!『DEATH STRANDING』の設計思想について語る

  7. サイバーステップが新プロジェクト『TERA』を発表―ボクセル世界を舞台にしたオンラインゲーム

  8. 『スマブラSP』第5弾「Miiファイターコスチューム」公開!『カップヘッド』や『アサシン クリード』の衣装が登場

  9. 20周年を迎えた『デュープリズム』を振り返る! 読者から届いたコメントに、開発陣からは喜びの声が─ファンが今できることも聞いてみた【インタビュー】

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top