海外ユーザーが選ぶ今年の人気Modは?ModDB「2017 Mod of the Year」投票結果が発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外ユーザーが選ぶ今年の人気Modは?ModDB「2017 Mod of the Year」投票結果が発表

ゲーム文化 Mod

海外ユーザーが選ぶ今年の人気Modは?ModDB「2017 Mod of the Year」投票結果が発表
  • 海外ユーザーが選ぶ今年の人気Modは?ModDB「2017 Mod of the Year」投票結果が発表
大手ModサイトModDBは、今年度の人気Modを決めるユーザー参加型企画「2017 Mod of the Year」の投票結果を発表しました。

これは、事前に一定期間ノミネート作品100本を決定するための投票を行い、その後決選投票で勝者を決定するもの。なお、『S.T.A.L.K.E.R.』シリーズの全公式マップが舞台の単体動作可能なスタンドアローン型サンドボックスモードMod『S.T.A.L.K.E.R.: Call of Chernobyl』といった、昨年の上位タイトルについてはいわゆる“殿堂入り”として投票からは除外されています。

気になる今年の「2017 Mod of the Year」の結果は以下の通り。

◆ 10位:『SWAT: Elite Force




長らく正規のDL販売に恵まれていなかったものの、2017年1月に、遂にGOG.comにて再販が始まった名作タクティカルシューター『SWAT 4』のオーバーホールModが10位にランクイン。このModでは装備性能やAIなど、より同作をリアルにするバランス調整を実施。同作と拡張「Stetchkov Syndicate」のキャンペーンを一本に集約している他、新キャンペーンや新装備、Co-opキャンペーンの追加が行われています。

◆ 9位:『Age of Empires III: Wars of Liberty


9位はアメリカ19世紀を舞台とした『AOE3』のMod『Age of Empires III: Wars of Liberty』がランクイン。

◆ 8位:『Dawn of the Tiberium Age


8位はスタンドアローン型の『Command & Conquer: Tiberian Sun』のMod『Dawn of the Tiberium Age』です。「Tiberian Dawn」と「Red Alert」の内容を当時の再現を行ったモードとバランス調整などを施したモードの2種類で収録しています。

◆ 7位:『Morrowind Rebirth


7位はBethesdaの人気RPG『The Elder Scrolls III: Morrowind』の大型Mod『Morrowind Rebirth』。同作を大幅にオーバーホールするModとなります。

◆ 6位:『Age of the Ring


6位となった、『Battle for Middle-earth II: Rise of the Witch King』Modの『Age of the Ring』は、より詳細なトールキンのミドル・アース世界の再現を目指すMod。資料に基づき、より正確な軍勢を再現している他、バランスもコミュニティパッチ2.02をベースに再調整しているとのことです。

◆ 5位:『The Empire At War Remake


『The Empire At War Remake』は、2017年、Steamワークショップやマルチプレイヤー関連機能対応の、11年ぶりの新アップデートも行われた『Star Wars: Empire at War - Forces of Corruption』向けの大型Mod。同作のリメイクを目指しており、システムはそのままに、バランスやグラフィックなどに大きな手が加えられています。

◆ 4位:『Third Age: Reforged


4位『Third Age: Reforged』は、『Medieval II: Total War - Kingdoms mod』向けのトータルコンバージョンMod。『指輪物語』に代表されるトールキンのミドル・アース世界の再現を行うModとなっています。

◆ 3位:『Twisted Insurrection




『Twisted Insurrection』は、『Command & Conquer: Tiberian Sun』をエンジンレベルで大幅に改善したスタンドアローンMod。グラフィックのオーバーホールを始め、新ユニットの実装、そして新たな、全部で50ミッション以上に及ぶキャンペーンが追加されることとなります。

◆ 2位:『Star Wars: Thrawn's Revenge II: Ascendancy




2位となった『Star Wars: Thrawn's Revenge II: Ascendancy』。『Sins of a Solar Empire: Rebellion』向けの「スター・ウォーズ」トータルコンバージョンModとなる本作では、エンドアの戦い後の「スター・ウォーズ」世界を舞台に、『Sins of a Solar Empire: Rebellion』譲りのリアルタイム4Xストラテジーを楽しむことが可能です。

◆ 1位:『Brutal Doom




見事1位に輝いたのは、今なお多くの新Modを生み出し続ける名作FPS『Doom』の大型Mod『Brutal Doom』。多くの新システムや新マップを同作に追加するこのMod。2016年のリブート版『DOOM』にも大きな影響を与えたその内容は、納得の受賞ではないでしょうか。


なお、「2017 Mod of the Year」では、この他にも複数の部門に分かれたエディターズチョイスも公開されており、こちらの受賞作の中には「悪魔城ドラキュラ」を『DOOM』でFPS化した『Castlevania: Simon's Destiny』といったユニークなものも。

2018年にもリリースされるであろう多くのMod群。ModDB内に限らず、様々な素晴らしいModが登場することにも期待したい所です。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. スヌープ・ドッグがゲーム実況中にマリファナを吸引、配信停止措置は起こらず

    スヌープ・ドッグがゲーム実況中にマリファナを吸引、配信停止措置は起こらず

  2. 『EVE Online』最大の会戦が勃発、100万ドル相当の艦船と6,000人以上が集う

    『EVE Online』最大の会戦が勃発、100万ドル相当の艦船と6,000人以上が集う

  3. メカニック娘の探索アクションADV『Iconoclasts』配信開始! 国内PS4/PS Vita版も

    メカニック娘の探索アクションADV『Iconoclasts』配信開始! 国内PS4/PS Vita版も

  4. 違法薬物工場経営シミュ『Basement』の早期アクセス配信スタート

  5. ドイツ人男性が「ゲームをプレイし続ける」為に恋人に薬物投与、地裁から500ユーロの罰金課される

  6. 例の海外鍛冶屋が『ショベルナイト』の「ショベルブレード」を制作!匠の技がキラリ…

  7. 「EVO Japan」でe-Sports語るイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」1月27日開催

  8. カナダの男性がTwitchの荒らし行為で刑事告発―最長10年の懲役

  9. サウンドノベル『街 -machi-』20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  10. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

アクセスランキングをもっと見る

page top