「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に

海外メディアPolygonは、スマートフォン向けNRA(全米ライフル協会)公認射撃ゲーム『NRA: Practice Range』がApp Storeより削除されたことを報じています。

ニュース ゲーム業界
「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に
  • 「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に
  • 「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に

海外メディアPolygonは、スマートフォン向けNRA(全米ライフル協会)公認射撃ゲーム『NRA: Practice Range』がApp Storeより削除されたことを報じています。

同作は、2013年にスマートフォン向けにリリースされた、シューティングレンジでの射撃ゲーム。削除の経緯については不明ですが、Polygonは、同作の開発元MEDL Mobileへインタビューを行った後に削除されたとして、何らかの圧力の存在を主張。削除がAppleによるものではない、としています。

なお、MEDL Mobileによれば、同作の権利は2016年にInedible Softwareへと売却しており、MEDL Mobileは現在、全米ライフル協会との関係はないとのこと。

『NRA: Practice Range』のリリースは、2012年末の米サンディフック小学校銃乱射事件より間を置かずして行われており、The New York Daily Newsなど、当時のメディアでは批判的な反応を受けていました。また、リリース当初対象年齢が“4歳以上”であったことも批判を受け、後に“12歳以上対象”へと引き上げが行われています。

米パークランドの事件を通じて、再びビデオゲームを巡る規制議論の一部へ関わる可能性もある全米ライフル協会。今回のゲームの削除が何らかの動きのものに行われた可能性も無きにしろあらずなのかもしれません。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

    『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  2. 『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

    『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

  3. VRステルスACT『Espire 1: VR Operative』発表! 新たな「VR酔い」対策も

    VRステルスACT『Espire 1: VR Operative』発表! 新たな「VR酔い」対策も

  4. 海外版PS Now、PS4/PS2アーカイブスのPS4へのローカルダウンロード、DLC購入に対応

  5. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  6. 『ロマンシング サガ3』HDリマスターおよび、シリーズ最新作『ロマンシング サガ リ・ユニバース』発売決定!

  7. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  8. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

  9. カメラが介す淡い初恋…韓国SmileGate 、PSVR用恋愛アドベンチャー『FOCUS on YOU』を発表【TGS2018】

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top