「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に

海外メディアPolygonは、スマートフォン向けNRA(全米ライフル協会)公認射撃ゲーム『NRA: Practice Range』がApp Storeより削除されたことを報じています。

ニュース ゲーム業界
「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に
  • 「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に
  • 「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に

海外メディアPolygonは、スマートフォン向けNRA(全米ライフル協会)公認射撃ゲーム『NRA: Practice Range』がApp Storeより削除されたことを報じています。

同作は、2013年にスマートフォン向けにリリースされた、シューティングレンジでの射撃ゲーム。削除の経緯については不明ですが、Polygonは、同作の開発元MEDL Mobileへインタビューを行った後に削除されたとして、何らかの圧力の存在を主張。削除がAppleによるものではない、としています。

なお、MEDL Mobileによれば、同作の権利は2016年にInedible Softwareへと売却しており、MEDL Mobileは現在、全米ライフル協会との関係はないとのこと。

『NRA: Practice Range』のリリースは、2012年末の米サンディフック小学校銃乱射事件より間を置かずして行われており、The New York Daily Newsなど、当時のメディアでは批判的な反応を受けていました。また、リリース当初対象年齢が“4歳以上”であったことも批判を受け、後に“12歳以上対象”へと引き上げが行われています。

米パークランドの事件を通じて、再びビデオゲームを巡る規制議論の一部へ関わる可能性もある全米ライフル協会。今回のゲームの削除が何らかの動きのものに行われた可能性も無きにしろあらずなのかもしれません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

    『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  2. 『バトルフィールドV』「ファイアストーム」実装時の全武器が判明―モード概要や今後の展開も告知

    『バトルフィールドV』「ファイアストーム」実装時の全武器が判明―モード概要や今後の展開も告知

  3. 異能ACT『CONTROL』発売日が8月27日に確定―Remedyが流出内容を認める

    異能ACT『CONTROL』発売日が8月27日に確定―Remedyが流出内容を認める

  4. 『FFXIV』「漆黒のヴィランズ」ジョブ"踊り子"、プレイヤー種族"ロスガル"など新要素が続々―新レイドも

  5. 『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  8. 高評価吸血鬼RPG新作『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』発表!日本語にも対応予定

  9. 『シェンムー3』最新日本語フルボイストレイラー公開!バトルシーンもお披露目

  10. 新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

アクセスランキングをもっと見る

1
page top