「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に

ニュース ゲーム業界

「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に
  • 「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に
  • 「全米ライフル協会」公認射撃ゲームがApp Storeから削除―海外メディアの取材後に

海外メディアPolygonは、スマートフォン向けNRA(全米ライフル協会)公認射撃ゲーム『NRA: Practice Range』がApp Storeより削除されたことを報じています。

同作は、2013年にスマートフォン向けにリリースされた、シューティングレンジでの射撃ゲーム。削除の経緯については不明ですが、Polygonは、同作の開発元MEDL Mobileへインタビューを行った後に削除されたとして、何らかの圧力の存在を主張。削除がAppleによるものではない、としています。

なお、MEDL Mobileによれば、同作の権利は2016年にInedible Softwareへと売却しており、MEDL Mobileは現在、全米ライフル協会との関係はないとのこと。

『NRA: Practice Range』のリリースは、2012年末の米サンディフック小学校銃乱射事件より間を置かずして行われており、The New York Daily Newsなど、当時のメディアでは批判的な反応を受けていました。また、リリース当初対象年齢が“4歳以上”であったことも批判を受け、後に“12歳以上対象”へと引き上げが行われています。

米パークランドの事件を通じて、再びビデオゲームを巡る規制議論の一部へ関わる可能性もある全米ライフル協会。今回のゲームの削除が何らかの動きのものに行われた可能性も無きにしろあらずなのかもしれません。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

    ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

  2. 名作ADV新作『LIFE IS STRANGE 2』が海外向けに正式発表! 9月にエピソード1が登場予定

    名作ADV新作『LIFE IS STRANGE 2』が海外向けに正式発表! 9月にエピソード1が登場予定

  3. 『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

    『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

  4. Steamサマーセール「銀河を超越するSummer Sale」がスタート! ミニゲームも登場

  5. 「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『Friday the 13th: The Game』権利問題により追加コンテンツの制作を中止

  8. 『バーンアウト』クリエイターが2本の新作『Danger Zone 2』『Dangerous Driving』を発表

  9. どこでもプレジデンテ! 独裁国家経営シム『トロピコ』のiPad版が海外発表

  10. iOS版『フォートナイト』配信から3か月でおよそ110億円の収益に到達

アクセスランキングをもっと見る

page top