米女優リンジー・ローハン、『GTA V』肖像権問題を再び訴えるも棄却 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米女優リンジー・ローハン、『GTA V』肖像権問題を再び訴えるも棄却

2014年から『Grand Theft Auto V』に対して「肖像の無断利用」を主張していた米国の女優リンジー・ローハンですが、この問題を再び訴える彼女の要求が、アルバニー高等裁判所より棄却されました。

ニュース ゲーム業界
米女優リンジー・ローハン、『GTA V』肖像権問題を再び訴えるも棄却
  • 米女優リンジー・ローハン、『GTA V』肖像権問題を再び訴えるも棄却
  • 米女優リンジー・ローハン、『GTA V』肖像権問題を再び訴えるも棄却
2014年から『Grand Theft Auto V』に対して「肖像の無断利用」を主張していた米国の女優リンジー・ローハンですが、この問題を再び訴える彼女の要求が、アルバニー高等裁判所より棄却されました。

これは2014年7月に起きた訴訟の復活を求めるものと見られており、当時リンジー・ローハンは『GTA V』のキャラクターである「レイシー・ジョナス」が自身をベースにして無断で制作されたものと主張していました。2016年9月には彼女の訴えが棄却され、「このゲームのユニークなストーリー、キャラクター、セリフ及び環境とプレイヤーがゲーム進行を自由に操作できる事を合わせて、フィクションの風刺として描写されている」という判決のもと、Take-Two Interactiveが勝訴していたことが明らかになっています。

裁判所はゲーム内で使われたイメージを、「20代の女性」を描く「一般的な芸術的描写」に過ぎない、と判断。浜辺に立つ現代的な女性のスタイルやルックス、人物性の風刺的表現であり、リンジー・ローハンを参照していないと見られたそうです。

数年前から『GTA V』界隈で話題になっているリンジー・ローハンですが、今後の動向は不明です。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. CD PROJEKTのヘッドAdam Badowski氏がブルームバーグの『サイバーパンク2077』の記事に反応、内容に異議を唱える

    CD PROJEKTのヘッドAdam Badowski氏がブルームバーグの『サイバーパンク2077』の記事に反応、内容に異議を唱える

  2. 怪しげな実験で怪人を生み出すマッドサイエンティストシム『Creature Lab』―あなたは究極の変異原を探し求める天才科学者…

    怪しげな実験で怪人を生み出すマッドサイエンティストシム『Creature Lab』―あなたは究極の変異原を探し求める天才科学者…

  3. ゲームクリエイター板垣伴信氏、新会社「板垣ゲームズ」を設立―「テクモではなく、またヴァルハラでもない、私自身の会社」

    ゲームクリエイター板垣伴信氏、新会社「板垣ゲームズ」を設立―「テクモではなく、またヴァルハラでもない、私自身の会社」

  4. セガサミーホールディングスの希望退職者募集に募集人数650人を超える729人が応募

  5. 2021年Steam旧正月セールは現地時間2月11日から15日?―非公式データベースサイトが予告

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『サイバーパンク2077』売り上げは1,300万本以上ー返金要請分差し引いてもなお好調

  8. 定額遊び放題のPC版含む「Xbox Game Pass Ultimate」3か月100円のキャンペーン開始―『ドラクエ11』『DOOM Eternal』等100タイトル以上が対象

  9. 週末セール情報ひとまとめ『マフィア トリロジー』『DESPERADOS III』『オクトパストラベラー』『Kholat』他

  10. 『Hellblade』開発元が実験的タイトル『Project: Mara』を発表! 精神的な恐怖をリアルに再現

アクセスランキングをもっと見る

page top