米女優リンジー・ローハン、『GTA V』肖像権問題を再び訴えるも棄却 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米女優リンジー・ローハン、『GTA V』肖像権問題を再び訴えるも棄却

2014年から『Grand Theft Auto V』に対して「肖像の無断利用」を主張していた米国の女優リンジー・ローハンですが、この問題を再び訴える彼女の要求が、アルバニー高等裁判所より棄却されました。

ニュース ゲーム業界
米女優リンジー・ローハン、『GTA V』肖像権問題を再び訴えるも棄却
  • 米女優リンジー・ローハン、『GTA V』肖像権問題を再び訴えるも棄却
  • 米女優リンジー・ローハン、『GTA V』肖像権問題を再び訴えるも棄却
2014年から『Grand Theft Auto V』に対して「肖像の無断利用」を主張していた米国の女優リンジー・ローハンですが、この問題を再び訴える彼女の要求が、アルバニー高等裁判所より棄却されました。

これは2014年7月に起きた訴訟の復活を求めるものと見られており、当時リンジー・ローハンは『GTA V』のキャラクターである「レイシー・ジョナス」が自身をベースにして無断で制作されたものと主張していました。2016年9月には彼女の訴えが棄却され、「このゲームのユニークなストーリー、キャラクター、セリフ及び環境とプレイヤーがゲーム進行を自由に操作できる事を合わせて、フィクションの風刺として描写されている」という判決のもと、Take-Two Interactiveが勝訴していたことが明らかになっています。

裁判所はゲーム内で使われたイメージを、「20代の女性」を描く「一般的な芸術的描写」に過ぎない、と判断。浜辺に立つ現代的な女性のスタイルやルックス、人物性の風刺的表現であり、リンジー・ローハンを参照していないと見られたそうです。

数年前から『GTA V』界隈で話題になっているリンジー・ローハンですが、今後の動向は不明です。
《キーボード打海》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

    『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

  2. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  3. 『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

    『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

  4. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  5. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  6. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  7. プラチナゲームズ橋本祐介氏が退社―『ベヨネッタ』プロデューサーなど【UPDATE】

  8. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  9. SFMMOシューター『PlanetSide Arena』リリースが2019年夏に延期ー海外PS4版も発表

  10. 元プロレスラーのブッカー・TがActivisionを著作権侵害で訴える―『CoD:BO4』でのキャラクター盗用を主張

アクセスランキングをもっと見る

page top