米カンザス州で「反スワッティング法案」が可決ー法案名には犠牲者の名が | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米カンザス州で「反スワッティング法案」が可決ー法案名には犠牲者の名が

アメリカのカンザス州にて、近年問題視されている“スワッティング”(配信者などをテロリストや犯罪者として虚偽通報し、警察やSWATに突入させる行為)を重罪化する法案が同州の上院で可決されたと海外メディアから報道されています。

ニュース ゲーム業界
米カンザス州で「反スワッティング法案」が可決ー法案名には犠牲者の名が
  • 米カンザス州で「反スワッティング法案」が可決ー法案名には犠牲者の名が
  • (C)KSN(C)Nexstar Broadcasting, Inc
  • (C)KSN(C)Nexstar Broadcasting, Inc
アメリカのカンザス州にて、近年問題視されている“スワッティング”(配信者などをテロリストや犯罪者として虚偽通報し、警察やSWATに突入させる行為)を重罪化する法案が同州の上院で可決されたと海外メディアから報道されています。

海外メディアのDestructoidによると、この法案は2017年12月に発生したスワッティング事件を切っ掛けに提出されたものであるとのこと。これはあるプレイヤーらが『Call of Duty: WWII』をプレイ中に起こった事件で、スワッティングの結果、全く無関係であった28歳のAndrew Finch氏が(スワッティングによって駆けつけた)警察によって誤って殺害されたというものです。

今回の法案が承認された場合、死亡または負傷を伴うスワッティング行為を行った者は刑法記録に基づいて10年から41年の懲役刑が課せられると報じられており、現在はカンザス州のJeff Colyer州知事の認可を待っている状態であるとのこと。

また、この法案の名前が、上記の事件で犠牲になったAndrew Finch氏を偲び、「Andrew T. Finch Anti-Swatting Bill」になるとも伝えられています。これについて、Andrew氏の母親であるLisa Finch氏は「この法案が息子に起こった悲劇を別の家族で繰り返すことを防ぐのであれば、それは素晴らしいことです」とコメントしています。

なお、この事件を引き起こしたTyler Barriss被告は、過失致死の容疑で起訴されています。
《吉河卓人》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『Hades』『塊魂アンコール』などが追加!「Xbox Game Pass」8月度前半ラインナップ発表

    『Hades』『塊魂アンコール』などが追加!「Xbox Game Pass」8月度前半ラインナップ発表

  2. ハラスメント問題を受けてBlizzard EntertainmentのCEOが辞任―後任は副社長2人が共同で務める【UPDATE】

    ハラスメント問題を受けてBlizzard EntertainmentのCEOが辞任―後任は副社長2人が共同で務める【UPDATE】

  3. 【無料】Amazonプライム会員向けにPC版『バトルフィールドV』配布開始!

    【無料】Amazonプライム会員向けにPC版『バトルフィールドV』配布開始!

  4. リメイク版『Dead Space』ディレクターは『アサクリ ヴァルハラ』のEric Baptizat氏―本人のLinked Inで明らかに

  5. 『GTA V』出荷本数が1億5,000万本を突破! シリーズ累計では3億5,000万本以上に

  6. セクハラ問題渦中のActivision Blizzardで社員がストライキを計画中―署名には3,000人以上が参加【UPDATE】

  7. 監視カメラ風な映像がめっちゃ怖い…!日本一ソフトウェアが謎のティザーサイトを公開、新たなホラー作品か

  8. 『バイオショック』『ボダラン』発売元の2Kが「エキサイティング」な新フランチャイズを今年度中にリリース予定

  9. 『スプラ2』や『アソビ大全』などが最大30%オフ!「Nintendo Switch サマーセール」8月5日スタート

  10. 【無料】PC版『BF1』Amazonプライム会員向けに配布開始-8月2日より『BFV』も対象に

アクセスランキングをもっと見る

page top