海外で話題のホラー『Welcome to the Game II』プレイレポ&ガイド―迫り来る脅威を避けつつ女性を救うためにハッキング | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外で話題のホラー『Welcome to the Game II』プレイレポ&ガイド―迫り来る脅威を避けつつ女性を救うためにハッキング

連載・特集 特集

海外で話題のホラー『Welcome to the Game II』プレイレポ&ガイド―迫り来る脅威を避けつつ女性を救うためにハッキング
  • 海外で話題のホラー『Welcome to the Game II』プレイレポ&ガイド―迫り来る脅威を避けつつ女性を救うためにハッキング
  • 海外で話題のホラー『Welcome to the Game II』プレイレポ&ガイド―迫り来る脅威を避けつつ女性を救うためにハッキング
  • 海外で話題のホラー『Welcome to the Game II』プレイレポ&ガイド―迫り来る脅威を避けつつ女性を救うためにハッキング
  • 海外で話題のホラー『Welcome to the Game II』プレイレポ&ガイド―迫り来る脅威を避けつつ女性を救うためにハッキング
  • 海外で話題のホラー『Welcome to the Game II』プレイレポ&ガイド―迫り来る脅威を避けつつ女性を救うためにハッキング
  • 海外で話題のホラー『Welcome to the Game II』プレイレポ&ガイド―迫り来る脅威を避けつつ女性を救うためにハッキング
  • 海外で話題のホラー『Welcome to the Game II』プレイレポ&ガイド―迫り来る脅威を避けつつ女性を救うためにハッキング
  • 海外で話題のホラー『Welcome to the Game II』プレイレポ&ガイド―迫り来る脅威を避けつつ女性を救うためにハッキング
Reflect Studiosが開発・販売する、PC向けアトモスティックホラー『Welcome to the Game II』。本作は発売後数日で、Twitchにて視聴者数が10万人を越えるほどの注目を浴びています。英語のみの対応とはなっていますが、本作の面白みは、いかにして脅威を避けつつハッキングを行い、情報を収集していくか。そんな本作のプレイレポと序盤のガイドをお届けします。

主人公はClint Edwardsというオンラインニュースサイトをリードする調査レポーター。現在はディープウェブが関係するミステリアスな失踪と殺人を追っており、ブレイクスルーを迎えています。ゲーム起動時やチュートリアル中に流れる動画の女性が失踪した女性のよう。

■チュートリアルはSkypeのような何かで


まずは自室のPCのイスに座り、画面をクリックするとAdamから電話がかかってきます。通話でチュートリアルをしてくれるのですが、端的に言ってしまえば、A.N.N.(Anonymous Node Network)というブラウザーでハッシュ値のついたキーを探せ、ということになります。キーは"1 - 5abf1471f71e"のようにハッシュ値の前に数字がついており、その順番にハッシュ値を並べる必要があるので、見つけた際には忘れずにメモをしておきましょう。

まずはzeroDay Marketで、ディープウェブで使用できる暗号通貨、DOSコインを使用してskyBREAKとBackdoor Hackを購入しましょう。

■家の中をフル活用しよう


家の中にはデバイスや隠れ場所、アイテム購入後の配置ポイントなどがあります。それを一挙にご紹介。

・PC


・WiFi設置ポイント

PCデスクの横

キッチン横の窓

ベッドサイド

バルコニーのテーブル


・隠れ場所

バルコニーへ繋がるドアの横のクローゼット

キッチンの反対側のバスルームのバスタブ

・窓

キッチン横の窓

バルコニーの窓

・フラッシュライト

ベッドサイドのWiFiポイントの横にフラッシュライトが置いてある


・購入したアイテムの配置場所

購入してパッケージを回収したアイテムは、種類によって以下の2点のどちらかに一旦配置されます。
自室のドア入ってすぐのワインラックの上

ベッド付近のキャビネットの上


■主人公を襲うヤバいヤツら


何かにつけて襲いにくるヤバいヤツらと対処法をご紹介。

・SWAT

昨今の配信者へのスワッティングなどでお馴染みのSWAT。サイレンの音がどんどん大きくなるのが来た合図で、家に突入してきて逮捕されることになります。早めにPCの電源を消し、バスタブに隠れましょう。とはいえ、主人公は他人の家のWiFiをハッキングしているので、そもそも捕まって当然なのは気にしない。

・The Doll Maker

恐ろしいキャラクターの1人で、「The Doll Maker」というサイトを開くと登場します。1度目は音楽を流しながら登場し、ドアを開けるとDoll Makerとドールがいます。その後、外へ出ると殺されないものの後ろから襲われ、Doll Maker自身が仕事のために探している女性の情報を探すように言われます。

部屋まで戻ると入口にドールの頭がかけてあり、これを少女の部屋ではない場所にかけると、主人公は殺されてしまいます。少女の部屋を特定するには、非常に高額なLOLPYというデバイスが必要なので、序盤だけでなく、実績解除を目指さないのであれば、一切触れないのをオススメします。

・Lucas(Hitman)

『Hitman』に登場する47そっくりの暗殺者。ピッキングして解錠し、家の中を徘徊しつつ帰ったフリなどをします。自室まで来られた場合には、バスタブまたはクローゼットに隠れればOKですが、5分程度待った方が安心です。また、PCを付けたまま隠れるとDOSコインを盗んでいくため、PCの電源は消しておきましょう。

・The Breather

裏路地でのみ遭遇する暗殺者で、名前の通り、息の音と裏路地に入った際に、自分の足音以外に硬い靴の音がするのが特徴です。逃げるためには、裏路地に入って右手にあるドアに入り隠れる必要があります。その後、ドアを開けようとしてくるので、ドアを押さえる必要があります。それが数回終わると帰りますが、この時に帰ったフリをすることがあるので、数分待って必ず帰ったのを確認してからドアから出ると、安全に部屋まで戻ることができます。

・The Noir

タイトル画面に出てくる仮面を被った男。出会ったら即殺される雰囲気がありますが、実際はそんなことはなく、アパートの中で男が突如出現し、それに近づくと女に殺されるという仕組み。もし出会ってしまった場合は、少し離れて真逆の方向を数十秒見たあと、振り返るといなくなっています。

また、ディープウェブを見ている際に、突然読み込めなくなった場合、PCの左手にある窓にも出現するため、定期的に確認が必要です。もし窓に立っていた場合は、PCから離れ、PC右手のコルクボードの方を数十秒ほど見るといなくなっています。

次ページ:ここからが本番!サバイバルの知識を伝授
《kuma》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top