荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本語対応!四肢切断要素も追加に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本語対応!四肢切断要素も追加に

Lo-Fi Gamesは、Steamにて早期アクセス実施中のオープンワールドRPG『Kenshi』が、最新アップデートにて日本語へと対応したことを発表しました。

PC Windows
荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本語対応!四肢切断要素も追加に
  • 荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本語対応!四肢切断要素も追加に
  • 荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本語対応!四肢切断要素も追加に
  • 荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本語対応!四肢切断要素も追加に
  • 荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本語対応!四肢切断要素も追加に

Lo-Fi Gamesは、Steamにて早期アクセス実施中のオープンワールドRPG『Kenshi』が、最新アップデートにて日本語へと対応したことを発表しました。

同作は、異種族が入り乱れ、ある程度の科学技術を持った世紀末風ながらも剣が主体の、独特の世界観で展開するオープンワールドRPG。リアルタイム式ながら、一人称のアクションではなく、3人称でパーティーベースの、いわゆる伝統的なRPGの形式を採用した本作。


奴隷制度なども有した厳しくも、広大なフィールドを舞台に、拠点の構築なども含め、幅広いプレイスタイルで、思うままに冒険を繰り広げることができます。


今回のアップデートでは日本語に正式対応した他、ダメージでの直接的な四肢切断要素が追加。勿論、足を失えば歩くことも不可能に。失った四肢を補うためには義肢の装着が必要となります。


『Kenshi』はSteamにて、Windows向けに1,980円で早期アクセス実施中。同作発表当時は、目標となるゲーム規模などから完成も危ぶまれていましたが、その後順調に開発を続けており、発表から7年を経て2018年中には正式版のリリースも予定されています。
《Arkblade》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』ゲーム内で「BLM」「LGBTQ+」「STOP ASIAN HATE」などのバッジが一時非表示に―新シーズン開始の11月2日には復活【UPDATE】

    『Apex Legends』ゲーム内で「BLM」「LGBTQ+」「STOP ASIAN HATE」などのバッジが一時非表示に―新シーズン開始の11月2日には復活【UPDATE】

  2. 『Dead by Daylight』に『サイレントヒル2』の主人公と三角頭のスキンが登場―作中ストアで配信中

    『Dead by Daylight』に『サイレントヒル2』の主人公と三角頭のスキンが登場―作中ストアで配信中

  3. 『FF14』禁止事項・ペナルティポリシーに変更―ハラスメントや過度な批判など迷惑行為の具体的なコミュニケーションも例示

    『FF14』禁止事項・ペナルティポリシーに変更―ハラスメントや過度な批判など迷惑行為の具体的なコミュニケーションも例示

  4. 『スパロボ30』SRXとサイバスターは特典のみで入手可能ー全14項目に回答する公式Q&Aが公開

  5. カレン・ボウマン帰還!『ゴーストリコン ブレイクポイント』タイトルアップデート「マザーランド作戦」11月2日配信

  6. 最大64人での協力マルチSCPホラー『SCP: Containment Breach Multiplayer』Steamで無料配信開始!

  7. シミュ―レーションにタワーディフェンスを加えたストラテジー『Defend the Rook』リリース―強力な呪文で逆転も

  8. 今度は紛争地帯真っただ中で民間人救出へ『Arma 3』CREATOR DLC第4弾「Western Sahara」発表

  9. 日本国内向けにCo-opシューターPS4版『World War Z』拡張パック「Aftermath」の配信が2021年冬に決定

  10. miHoYo新作RPG『崩壊:スターレイル』はPC向けにも!クローズドテスト参加者募集が開始

アクセスランキングをもっと見る

page top