『フォークナイフ』という存在しないゲームが海外で注目集める―真相は『フォートナイト』の言い間違い? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フォークナイフ』という存在しないゲームが海外で注目集める―真相は『フォートナイト』の言い間違い?

海外のSNS上などで『フォークナイフ(fork knife)』という実在しないゲームタイトルが注目を集めているようです。

ゲーム文化 カルチャー
『フォークナイフ』という存在しないゲームが海外で注目集める―真相は『フォートナイト』の言い間違い?
  • 『フォークナイフ』という存在しないゲームが海外で注目集める―真相は『フォートナイト』の言い間違い?
  • 『フォークナイフ』という存在しないゲームが海外で注目集める―真相は『フォートナイト』の言い間違い?
海外のSNS上などで『フォークナイフ(fork knife)』という実在しないゲームタイトルが注目を集めているようです。

ただのディナーを想像させる『フォークナイフ』ですが、どうやらこのタイトル、Epic Gamesの人気タイトル『フォートナイト』(Fortnite)および『フォートナイト バトルロイヤル』を指している模様。海外メディアKotakuによると、発端はTwitterユーザーKung Fu Rennyさんが投稿したツイートとのことです。


おそらく、『フォートナイト』のことを言いたかったはずのRennyさん(念のため、Steamなどで検索してみましたが同名タイトルはヒットしませんでした)。このツイートは海外で爆発的に拡散されました。半ばネットミームと化した『フォークナイフ』(ForkKnife)をYouTubeで検索してみると『フォートナイト』の動画がいくつかヒットするうえ、Twitterでも多数ツイートされています(現状はほぼわざと間違えているようですが)。

また、The Bloggessを運営するジャーナリストJenny Lawson氏はTwitterで、GameStop(海外の大手ゲームショップ)にて息子ケビンの誕生日に『フォークナイフ』を買おうとしているのにどこにも在庫が無い、と話している母親に遭遇したことをツイート。Lawson氏は「それは『フォートナイト』だと思いますよ」と教えましたが、「違うわ、間違いなく『フォークナイフ』よ」と否定されたそうです(加えて、『フォートナイト バトルロイヤル』はデジタル版のみの配信で基本プレイ無料)。

スポーツ界やセレブなどがプレイし、話題に事欠かない『フォートナイト』ですが、同作のことを指しているのに実在しないゲームが注目を集めるのはまさに珍事と言えるかもしれません。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 仕事が早い!海外DIY系YouTuberが「クッパ姫」改造Amiiboの制作ムービーを披露

    仕事が早い!海外DIY系YouTuberが「クッパ姫」改造Amiiboの制作ムービーを披露

  2. スイスでサッカーの試合中に「e-Sports抗議活動」が勃発…ピッチへコントローラーを投げ込むファンも

    スイスでサッカーの試合中に「e-Sports抗議活動」が勃発…ピッチへコントローラーを投げ込むファンも

  3. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

    ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  4. 『オーバーウォッチ』より“ゼニヤッタ”がfigmaに!予約受け付けも開始

  5. 『Total War: ROME II』Steamユーザー評価が暴落…過去の対応が突如大きな批判対象に

  6. 5期団所属の編纂者によって紡がれる『モンハン:ワールド』の世界―書籍「新大陸スケッチ紀行」発売開始!

  7. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  8. 『DOOM II』で遊べるバトルロイヤル!?Mod「DooM Royale」開発進行中

  9. “ドイツパビリオン”でなぜか見かけた日本のゲーム―『婆裟羅 HDコレクション』のコレクタブルパッケージ化が決定【TGS2018】

  10. 龍神の剣をくらえ!『オーバーウォッチ』ゲンジが使うカタナのレプリカが海外で予約開始

アクセスランキングをもっと見る

page top